我傍的、ここだけの話

プライベート創作日誌+占星術メモ

ご来訪の方へ

-
吉野 圭(Yoshino Kei)
創作裏話とプライベート、世間話のブログです。+占星術。
記事案内:INDEX
最新記事:サイドの「MENU」を押してください。

〔ご案内〕主に小説内容に関する記事を書いています。下の作品から先に読んでいただけると、当ブログ記事の話が分かりやすくなると思います。
waremini.gif  bokuzenmini.gif eien3-mini.gif いただいたご感想

参考 資料としての前世リスト(小説対応表)

上の小説を読むには電子書籍アプリ「Kindle」が必要です:
アプリインストール方法と、何故このブログには読者限定記事があるのか


【ご注意】記事には多分にスピリチュアルな内容(前世や死後世界など)に触れる箇所があります。抵抗ない方のみ、閲覧ください
※このブログでは小説のモデルとした人物について実名で書きますが、これは実名でなければ書けない裏話をするためであり、集客目的ではありません(この検索ワードでのアクセスは非常に少数です。証拠 →このワードでの検索数)。「釣り」となる可能性のある記事は検索避けしています。

【犯罪行為について】誹謗中傷、コピペまたはリライトでの盗用は見つけしだい損害賠償請求させていただきます(犯罪対応カテゴリ)。引用は著作権法第32条の要件をお守りください。パスワード記事は引用不可です。
メディアの方・創作家の方へ、当ブログの記事を参考にされる場合は記事下の「コンタクト」よりご連絡お願い致します。

気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

“汝、自身を知れ”――地に立つということ、ヘリオセントリックをどう見るべきか

-
吉野 圭(Yoshino Kei)
思いつくまま書きます。
思考メモなので、まとまりのないことご容赦を。(以下、常体です)

073Kazuki17103_TP_V4.jpg

最近『我傍に立つ』のレビューをいただいたことをきっかけに、自分が二十代のころに書いた文章を見返し、「地に立つべきだ」と書いていたことを思い出して少々驚いている。
そう言えば、あの頃は「地上」つまり「人」としての立ち位置をとても重視していたな。

 ⇒中庸とは何か、より再転載
「まず君は、君自身を知らなければいけない」/
「そうだよ。私達はまず最初に、自分が大地の上に立っていることに気付かないといけない。つまり人間は、天の上でもなければ、地の下でもない、その真ん中の大地の上に立っているということだ」

うーむ。……当時の自分が何を拠り所としてこれを書いたのか全く思い出せない。笑
自分自身が幼い頃から抱いていた想いを書きなぐったことは確かなのだが、それにしても二十代でこんなことを書くかなと自分で疑いを抱くほど妥当と思う。
(自画自賛? 褒めているわけではないので。念のため)

“若気の至り”
などと言うけど、逆に自分の場合は若い頃のほうがストレートに本心(魂)と呼応していた気がする。
当時まだ公表することを前提として書いていなかったため、他人を意識せずに書いており、そのために魂の衝動のまま書くことができたと言えるか。
24時間、集中して書けたことも本心を記せた理由の一つにあると思う。
※当時は仕事がなく一年間、完全に集中して書けた。飲まず食わずで24時間書き続けた日もあった。それで死を予見したので、以降の小説ではエネルギーをセーブして書いた。言い訳。笑

「君自身を知らなければいけない」については一見ソクラテスっぽい表現だけど、ソクラテスを意識したわけではない。
“立ち位置を知って受け入れるべき”
ということがずっと自分の主義だっため、こう書いたのだったと思う。
神より悪魔より“人間”が強いと信じていたことも確か。
あの頃は、今よりも地上が好きだったし人間を信じていたなと思い出す。

全てにおいて真ん中、すなわち「中庸」が最も強靭であるという考えは今も変わらない。
我々は神でもなく悪魔でもない、地に立つ者であるからこそ強いのだという信念も変わらない。

ただ最近は少し、「アセンション(次元上昇)」という考えに影響されていたかな。
人間の残虐さと欲深さ、真実を求めない不誠実さにうんざりして、もうこの地上に別れを告げて早く浮かび上がりたいと考えているのは事実。
もしポールシフトなどで地上がリセットされ、浄化してもらえるならそれもいいだろうと思ってしまう。
他人を虐めることに快楽を覚える人間たち、どうかこの穢れを浄化して欲しいと願ってしまうほどだ。

……でも過去に自分が書いた文を読んで反省した。
やはり、闇雲なアセンションはいけない。と言うより、有り得ない。
たとえば地球が生物の住めない星となったとしても、「まだまだ修行が必要」と判断された魂は他の星へ行くだけなのだ。

我々は魂から、中間の存在である。
神や悪魔になってはいけない。
地上に降りることは何も「肉体に閉じ込められる」という意味しかないわけではない。
確かに一瞬の閉じ込めではあるのだけど、まずは地上に立ち分を作り上げる(=人生を創造する)からこそ初めてアイデンティティを持ち強くなれる。
これが、古代ギリシャ哲学が言うところの「汝自身を知れ」
古代東洋思想、それこそ中庸はこれに等しいと思う。

 追加。『我傍』時点から見て未来の書物だけど、『菜根譚』にも近い。過去記事で私も共鳴していた、笑。⇒菜根譚~普通に生きるに勝る修行はなし

もちろん「自身を知れ」とは、滅びゆく地表に「機械の肉体を得てまで這いつくばれ」ということではないのだけどね。
重たい肉体にいつまでも閉じ込められる必要はない。
たとえ肉体を失っても、地球で生きられなくなっても、「中間」の存在であるべきだという意味。

いずれ地表から浮かび上がり、段階的にシフトチェンジするだろう。
その場合にも遠く永遠に近い時間、個性はある。
いきなり「色即是空」で、悟りを得て空になれると思うのは浅はか。
うぬぼれるなよ、人間ども。(自分も含め)

*

それで、最近よく問い合わせのある『ヘリオセントリック』について記事を書くために調べていたのだけど、やはり今のところ肯定的な感想が湧かず悩んでいる。

「ヘリオセントリック」は松村潔氏がまた日本へ持ち込んだ、新しい占星術の手法。
これまで地球視点から眺めてきた西洋占星術を視点転換させ、太陽視点から眺めるというもの。

曰く、
――コペルニクス的 大転換
――俯瞰思考で読める
――アセンションの準備ができる
との売り文句だが……。

うーん。
確かに外見上はそうなのだけど、果たして現実そういう解釈になるのかな。
私が思うに、俯瞰とは単純に上から見ればいいというわけではない
中庸が、単純に二分の一ではないのと同じこと)

そもそもこの「ヘリオセントリック」を生み出し、すがっている欧米占星術師たちの心理が読めないだろうか。
私には痛いほど分かるけどな。

彼ら欧米の占星術師は、中世からずっと宗教によって迫害されてきた。
宗教の権威が緩んだ近代以降は、さらに科学という権威が圧力を増してきて
「現実の天体は地動説だ。占星術は、現実の天体と違うではないか!」
と言われ潰されかかっている。
それで一時期から「現実の天文学」ふうに太陽中心主義へ方向転換してきたのだけど、これをもっと正確に「地動説」「太陽視点」へ変えたのがヘリオセントリック。

要するに、迫害されないための回避だよね。
逃げの理論。

当たるとか当たらないは、彼ら占星術師にとって関係ない。そんなことより自分の生活が大事。死活問題なのだから。
「アセンション」も、実は関係ない。
彼らにとっては現代の天文学へすり寄って行って、「科学」風の装いをまとうということが何よりの目的。

個人的には、そんなことをしても無駄だと思うよ。
科学者は何を言っても占星術を認めない。何故なら最初から宗教のように「異端は認めない」と決めているからだ。結論ありきの人たちへ無駄に尻尾を振って、「占い」としての本質を見失うのはどうかと思う。

私が現代占星術で根本的に間違っていると思うのは、プロを含め多くの人たちが占星術の発祥について、未だに紀元前4~1世紀ごろに「天体の観察」で生まれた(二千年ほどの天体観察をもとにしてこの頃に作られた)と信じていることだ。
「占星術は人類の編み出した科学なのだ」という嘘を鵜呑みにしている。
だから、占星術は「現実の天体に合わせて占わなければ嘘」と思い込んでいる。
そんな考えからサイデリアル信奉も未だに根強い。

そうではなくて、我々が遥か昔に宇宙からこの星へ降り立った時、
「今・ここ」
を表すタイムスコープとして用いたのが占星術の原点。
と言うよりは、もともと宇宙共通言語として占星術があったのだと推測する。
※少なくとも紀元前4~1世紀発祥ではない。⇒ギョベクリ・テペ遺跡参照

仮に宇宙共通言語だとすると、
「今・ここ」
を表わすためには、必ずその惑星の地表からの視点で表さなければならない。そうでなければ、広い宇宙において位置を表すことができないでしょうに。

 場所と時間: 太陽系/地球/地表上の位置/年月日時

これだけのことを表すためには、地表に立った視点でなければ不可能。
さらにこの場合、全時代共通のタイムスコープとして使うために架空の「牡羊座」を0起点と決めておく。
おそらく、我々の祖先がかつて地表に降りた時に牡羊座0起点と決めたのだろう。

結論として占星術では「地平線」が最も重要な基準なのであって、だから発想としては必ず「天動説」でなければならない。

実は哲学的(形而上有)に考えると、天動説が惑星で生きることの本質を正しく表しているとも言える。
まず魂は地表に立たなければ個性が育たずアセンションもできないので、いったん天動を受け入れて、分を守り生きていくべきだ。

これは、「ある設定で考える」という思考上の前提だから、現実と混同すべきではない。

つまり現代占星術のおかしさを分かりやすくたとえると、
「現実の天体は地動説だ! 占星術も地動説でなければならない!」
と主張する人は、
「現実の地球に緯度経度のラインは引かれていない! 緯度経度なんて嘘だ!」
と主張する人に似ている。
誰もが地球に緯度経度のラインが引かれていないことを知っているが、全人類の約束事として地図を見る時にその概念を使うでしょう。
そんなとき、「地表にラインがない! こんなの嘘だ嘘だ」と騒いで地図を破り棄てる人がいたら、愚かに見えないかな。
私には、現実天体を理由として「古代の占星術は嘘!」と騒いでいる人たちはこんなふうに見えている。


もちろん、私はヘリオセントリックを全否定する者ではない。
今これだけ「当たる、当たる」と騒いでいる人たちがいるので、何か理由があるんだろと思っている。
その「当たる」という裏付けを今のところ私は見つけられずにいるのだが、いずれ見つかるかもね。

個人的に考えているのは、太陽系という大住所を示す時にヘリオセントリックは使えるかもしれないということ。
この場合は太陽に立っていると想定し、他の惑星系や銀河を見なければならないから、人間にはまだ難しいのではないかと想像している。


〔関連記事〕
「占い」から逃げ続ける西洋占星術の今後/『時空旅人』感想2
菜根譚~普通に生きるに勝る修行はなし

気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

前世照合で、恥ずかしい「性格比較リスト」を追加しました

-
吉野 圭(Yoshino Kei)
最近は過去記事を見渡して、足りないところを加筆したりしています。

前世を思い出したら、すべきこと【前世記憶を現世と照合する方法】』というページにて、
「前世の自分と今の自分を客観的に比較し、今のどこが前世と共通しているのか調べてください。←特に重要、これだけでも可、必ずやること
と言っているにも関わらず、私自身は自分の性格について比較リストを公開したことがなかったと気付きました。
もちろん個人的にはやっていたのですが、わざわざ公開する必要はないと思っていて載せて来なかったということ。
これでは「前世照合の手ほどき」にならないなと反省し、公開しました。

 ⇒『我傍』経緯④ 付属的考察・当該人物と自分との共通項

でもね……実を言えば恥ずかしいのですよ。
ここまで色々と晒しておいて何だけど。笑

これでも人一倍、羞恥心の強い人間なのです。いつまで経っても恥ずかしさに慣れないし、だから表立って言い切る気にもならない。

あと、「証明したくて必死だな」と思われるのが何より不本意。
信じないと決めている人はどんな証拠を出しても絶対に信じないでしょう。その人たちを説得するつもりで公開しているわけではないので、勘違いしないでいただきたいです。

たとえばこれから前世記憶を照合しようと思っている方など、必要な人だけが参考にしてください。
気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

レス、sora様・m様・I様

-
吉野 圭(Yoshino Kei)
まとめてしまって申し訳ないのですが、「ちゃんとメール読んでいます」というお知らせと感謝のために、短めの返信をさせていただきます。

●sora様

まず先日アマゾンへレビューをくださったsora様、このブログに気付いてくださったうえメールをありがとうございます。
再び、心に沁みる温かいお言葉に感動しています。

>あのレビューは、私の稚拙な文章で、しかも自分の勝手な解釈や思い込みで色々書いてしまったので、……

稚拙だなどと、とんでもないです。
深く的確な解釈をしていただき、私自身も気付いていなかったことを明かされた想いで、しみじみ感動しました。特に主人の気持ちなどは、自分の視点からは感じ取るのが難しいところです。
小説を書いていた時(と言うよりは過去の記憶)が蘇り、再び少し涙してしまいました。
(いい加減に泣き過ぎだ、と笑われるので最近は泣かないようにしていたのですが。笑)

>私は、普段から本が好きで、色々な小説を読んでいますが、『我傍に立つ』は、本当に心から出逢えたことに感謝している特別な小説です。
>『僕が見つけた前世』をはじめ、他の作品もこれからぜひ読んでみたいと思っています。

恐縮です……、『我傍』はもしかしたら一生分、いや二生分のエネルギーを使って書いたのかもしれません。そのためパワーが伝わったのだとしたら嬉しいです。

保険をかけておきますが(笑)、その後は小説にそれほど力を注げなかったのであまりご期待なさらないでください。すみません。
特に『永遠の雨~』シリーズは暗めで、『我傍』とはジャンルが違うとさえ言えるかもしれない小説です。ご購入は無理なさらず。

このたびはレビューありがとうございました。
心からのご感想がどれほど励みになるか。本当に書いて良かったと思います。


■m様

公開レスで失礼します。きちんと勉強してからでないと返信してはならない気がして控えているものです。
メールを受け取ったことへの感謝として少しだけメッセージです。

>圭さんは勇気がある人です。…
>正直ブログを続けるのも、なかなか神経を使うんじゃないかと思います。

温かく心強いお言葉、ありがとうございます。
ブログは神経を遣うというのは本当にその通りです。
色々と非常識な人がいて攻撃もありますから、防御のためつい言葉がキツくなってしまい、読者様に不快な想いをさせているだろうと申し訳なく思います。
いい加減にスルー能力を身に付けなければならないのですが。笑

>人は言葉を遺し、文明にし、力にできる生き物

仰る通りです。とても説得力があります。
私は昔(前世と今世の始め)、「書き残す」ことには弊害も多々あると思って控えていたものです。
しかしかつてプラトンが書いた文章に触れたとき、大昔の人の情熱を直接に感じ取る体験をしました。以来、書き残すことの意義を知りました。
途中で誤読する人たちがいくら多くても、未来に読む人へは直接に届く可能性がある。文章とは奇跡を叶えるツールです。

>大人が読む本を持ち出して、ひらがなと漢字の書き方を紙に書いて必死に練習

全く自分と同じだったので驚きました!
私の場合、大人の本を持ち出すとすごく怒られたのですが……それでもしつこく新聞などを読もうとしていた幼稚園時代。笑
懐かしいですね。

それではまた、続きのお話をお待ちしております。


■I様

ご記憶について、誠実にご回答ありがとうございました。
I様のご記憶を否定するわけでは全くないのですが、先日から少し、自分とは種類が違う記憶なのではという印象を抱いています。
もしかしたら私より一段上の、「大きな存在からのメッセージ」を受け取る方ではないかと推測しています。
だとすれば、個人の枠に囚われない解釈が必要になってきます。

ただ、これはあくまでも表面的な印象です。
事実どうなのかというところは各記憶についての詳細分析が必要だと思います。

なにぶん、私には他人様の人生記録までを詳細に分析している時間がないため、返信が遅くなってしまいます。ご了承ください。
他の皆様にも当てはまるような、大まかな話はいずれここで書いてみたいと思います。

気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

中庸とは何か?(2018年版) 伝えることの難しさ

-
吉野 圭(Yoshino Kei)
いただいたメールに刺激を受けてこれを書きます。

(B様、ありがとうございます。これは返信記事ではないのですが、いつもヒントになり記事を書きたくなるお話に感謝致します)

引用
私が「我傍に立つ」の中で一番印象に残っているのは至暁が義理の息子に、人は常に真中を選択することがよい、と伝える場面です。これこそがまさに水瓶座の理想とする世界のように感じ、このように世界をおさめようとする方がいらっしゃったのだ、と非常に感銘をうけました。声の大きいひとがのさばる世界はもう、うんざりです。
ありがとうございます。恐縮です。

>人は常に真中を選択することがよい、と伝える

おっと、私はそのような生意気なことを書いていましたか? 汗
細かいことを忘れているので見返して確認してみました。

『我傍に立つ』十一章より転載。
「まず君は、君自身を知らなければいけない」
 戦闘計画を教えてくれと言った息子に、最初に伝えたのはその言葉だったと思う。
(略)
「そうだよ。私達はまず最初に、自分が大地の上に立っていることに気付かないといけない。つまり人間は、天の上でもなければ、地の下でもない、その真ん中の大地の上に立っているということだ」
 彼が、それと戦闘計画とどういう関係があるのか、という顔をしたので私は笑った。
「どんなことでも、これが最も大切なことなんだよ。全ての物には真ん中があって、人間は、いつもこの真ん中を選択しなければいけないんだ。戦闘計画でも常に、このことを心がけなければいけない。たとえば多過ぎる兵では動きが鈍くなるし、少な過ぎる兵では敵に歯が立たないだろう? なんでも中間がいいんだ。中間を選択していれば、たいていのことはうまくいく」
「それは、どんなことでも無難な方法を選ぶということですか? でも、それでは決して、大きな勝利は得られないのでは……」
 紡の鋭い質問に感心しつつ私は答えた。
「真ん中は、確かに無難だよ。けれど真ん中は、無難なだけではない。他のどんなものよりも、強いんだ」
「強い、ですか」
「ああ。真ん中は最強だよ。どんなに強い兵士を持った軍隊でも、どんなに変わった作戦を持った軍隊でも、真ん中をきちんと選択している軍隊には決して敵わない。逆に言えば、真ん中さえ選択していれば、どれほどの強敵と直面しても負けることはないのさ。もちろん、大きな勝利は得られないかもしれないけれどね」
 私が普段、突飛な作戦を考えているという世間の噂を信じていた紡はよほど面白い法則を教えてくれると期待していたのだろう、この常識的な言葉に落胆した。私はその様子を見て笑った。
「言っただろう、敵に勝つための絶対的な法則などない、と。敵を欺くための戦闘術なんてものは、この世には存在しないんだよ。戦闘の法則があるとしたら、それはただ、当たり前のことを実行しなさい、ということだけだ。その代わりに当たり前のことを守っていなければ、必ず負ける。それだけは確かだ」
 紡はいまいち納得できない、といった顔をしていたが、やがて言った。
「う……ん、なんとなく、わかったような気がします」
「そうか。それは良かった。でも真ん中を選択するということは、本当に大切なことだよ。戦闘だけではなく、全てにおいて大切なことだ。なにしろ人間は真ん中でしか生きられないからね。たとえば神になりたいと願っても神になれないし、悪魔になりたいと願っても悪魔になれない。最高の善人を目指しても無理だし、最低の悪人を目指してもそれも無理だ。……人間はとにかく、中間のものしか手にすることはできないし、中間でしか生きられないんだよ。だから、それを自覚することが大切なんだ。でもそうして自分が中間の存在であることを知った者は、本当の意味でこの世界の全てと仲良く生きていくことができる。そういう人には神や悪魔ですら勝つことができない。何故なら神や悪魔などの極端な存在は、中間に勝つことは決してできないからだ。だから私は、真ん中こそが最強で、真ん中こそが真実だと言っているんだよ」……

『我傍』完全版のみ収録。過去の公開原稿ではカットしている場面です
なるほど……本当に書いていましたね。
これを書いたのは、現実には24歳。
生意気なことを! と今の目から見て思ってしまいます。笑
その後の戦闘計画の陰陽表現については、もはや何を言っているのか自分でもよく分かりません。苦笑
(分からない、と言うのは冗談ですが。何か一生懸命に背伸びして書いていた記憶があり、恥ずかしいですね)

余計なことながら自分で突っ込んでおくと、「神と悪魔」の表現に関しては現代視点で、西洋の考えが入り込んでしまっています。
東洋思想に変換する知識も技量もなく、現代表現のまま書いてしまった。まあ若輩ゆえ、ご容赦を。

しかし改めてこうして眺めると、変わっていないなあ自分……と思います。
未だに同じことを言っている。
まさに不動宮、悪く言えばワンパターン。笑
これも私が批判されるところなのですが。

上の転載箇所は「分をわきまえる」ということにも関わりますね。

さらに、今から考えれば東洋思想の『中庸』のことを指していたように思います。
実はこの執筆時に東洋思想の『中庸』を学んでいたかと言うと、NOなのです。書物としての『中庸』はまだ読んでいなかった頃と思います。(もちろん今世で、の意味)
酷い適当さですね……すみません。なるべく余計な情報をインプットしてから書きたくなかったもので。

だから当時の自分が何を拠り所としてこの文を書いたのかよく覚えていないのですが、生まれた時から持っていた感覚であることは確かです。
そして今よりも、執筆当時の自分のほうがより強く中庸を信じて語っていたようです。
思い出させてくださったことに感謝です。


>これこそがまさに水瓶座の理想とする世界のように感じ

なるほど、そうですね。
確かにバランス感覚のある水瓶座は、東洋的な中庸を体現しやすい本能を元々持っています。

しかしそう考えると、水瓶座要素を全く持たない人は、この中庸を理解するのは難しいのかもしれません。
私は自分が分かることなら、説明すればすぐに他人も分かるはずだと思ってしまうところがあります。反省し、もう少し丁寧に説明しなければと思います。

*

それにしても最近は堂々と中庸を宣言することさえ危険な世の中になってしまいました。
現代日本には「中庸」を目の敵にしている人々が多いからです。
(この人たちが、もしかしたら「声の大きいひと」たちなのかもしれません)

特に左右の極端な思想に取り憑かれる人が多い現代では、中庸主義者が敵対視され叩かれることが増えたと感じます。
彼ら極端な人々が言うには、
「何の役にも立たん中庸は白痴(バカ)の思想だ」
とのこと。/どちらかと言うと偏りのある思考のほうが脳力を使わないため脳が衰え、いわゆる「バカ」になるはずですがね。
おそらく彼らにとって、中庸主義者(前世代的用語ではノンポリ、と呼びますか?)は自分たちの味方にならず、都合良く利用できないから邪魔なのでしょう。自分たちにとっての利用価値がないということを「役立たず」と言うのは、あまりにも自己中心的です。

さらに現代では「中庸」の意味を理解しない人たちも増えましたね。
たとえば私が時々記事で「軍事」などの単語を書いたりすると、彼らはその単語だけに脊髄反射で反応し
「お前はウヨではないか! 中庸ではないッ」
などと非難してくる。
だめだ、この人たちは中庸という言葉を使っていながら全く言葉の意味を分かっていない……どうすれば伝わるのか……と悩みます。

 例、⇒中庸の言葉を勘違いしている人たち
 (この時は怒っていたので表現がキツイかもしれません。苦手な方は要注意)

中庸とは単純な二分の一ではなく、両極・全体を考えたうえでの最も適切な考え方のことです。
このため、たとえば政治においては「軍事」も「平和」も同等に考えるものです。
一方を完全にカットしてしまうのは「中庸」ではありません。時勢により両極に近いことも考える場合があります。

だからこれはヤジロベエの支点よりも、ぐるっと巡る円形(輪)の中央からの視点を思い描いたほうが正しくなります。
単純に平衡を取るのではなくて、輪の全体を眺め尽くしたうえで適切な取捨選択をするからです。
単なる無難とは少し違うわけです。
(むろん、適切な方策は結果として最も安全となり、無難にも見えますが。軍事の基本は「最小リスクで最大効果を得ること」です。 参照⇒軍事に奇策はタブーという話

西洋占星術を学ばれている方には、この「輪を見渡したうえでの取捨選択」がイメージしやすいはず。
私がよく、
「俯瞰思考の訓練に占星術がいい」
と言うのは、バラバラに散らばっているたくさんの情報を見渡して重要ポイントを見抜く力を鍛えることができるから。

これはたとえば物語のストーリーを読んでテーマを探すこと、つまり「文脈を読む」ことにも通じる作業と思います。
現代人の多くは「中庸」と言うとその本の半分に当たるページ、物理的な中間を指すと思ってしまう。
しかしそうではなく、真の「中庸」とは本全体に描かれたテーマを示すことです。
物語のテーマ、文脈を読み取るためには一語や一ページに囚われていては不可能です。しかし思考に偏りのある人はどうしても一語・一ページに囚われてそこから出て来られません。これを「思考停止」と呼ぶ。
現代には、こういう人がとても多いと感じます。


――と、こう書いてもまだ感覚的に「中庸」を感じたことのない人には難しいでしょうし、「中庸」そのものに反発を覚える人は多いでしょう。
伝えることは難しいですね。
根気良く伝えていきたいです。

気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

道義心ゼロ、暴力を愉しむ「色なし」たち。アメフト反則事件

-
吉野 圭(Yoshino Kei)
どこを見ても同じ話題で皆様うんざりしているだろうから、あまり世間を騒がせるニュースに反応したくないのだが。
二十歳の青年の会見があまりにも立派だったのと、明かされた酷い精神的暴力に憤りを抑えることができず書いてしまう。

 こちらのレポートが詳しい。⇒アメフト反則事件、日大選手の会見詳細

理不尽なマラソン十周などの懲罰を受け。日本代表となる夢まで断たれ。あげく、「試合に出たければ相手を壊せ」と強迫されて犯罪行為の鉄砲玉となった。

パワハラと言うよりもはや密室での精神的虐待、人権蹂躙。
夢も人生も踏みにじられた彼の絶望感を想像すると痛ましい。
気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com