09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

安楽死を考える (スピ的な考察) 


少し前の話だが、橋田壽賀子さんの『安楽死で死なせてください』という本が話題となっているらしい。

 ⇒橋田壽賀子と安楽死#1「そろそろ、おさらばさせて下さい」という権利があってもいい/『安楽死で死なせて下さい』を書いた理由

私が安楽死を望むわけ
©鈴木七絵/文藝春秋

 人さまに迷惑をかける前に死にたい。それが私の望みです。
 家族がいれば、子どもや孫の成長を見届けたかったり、できるだけ生きていて欲しいと望まれることでしょう。けれども私は、夫に先立たれ、子どもはなく、親しい友人もいない。天涯孤独の身の上です。
 仕事は嫌というほどやったし、世界中の行きたい場所へ行きました。もうじゅうぶん生きて、やり残したこともなく、思いを残す相手もいません。
 いまはまだ自分で生活できていますが、足腰が立たなくなったらどうしましょう。行きたいところへ行けず、食べたいものを食べられなくなったら。いつの間にか認知症になって、何もわからなくなってしまったら。
 食事から下の世話まで人さまの手を借りるなら、そうなる前に死なせてもらいたい。これは、尊厳とプライドの問題です。死ぬときに、痛いのや苦しいのも嫌です。だからいつどうやって死ぬか、自分の意思で決めさせてもらいたい。それには安楽死しかありません。
 ヨーロッパのいくつかの国やアメリカのいくつかの州では、安楽死が合法です。だから日本でも認めてもらって、わざわざ外国へ行かなくてすむようになれば助かります。


うーん……。どうだろうか。難しい。
現代特有の難問だと思う。

私が思うに、不自然な機械的技術で延命されている人はこの世で最も苦しい拷問を受けているようなもの。
できればそのような拷問は何人に対してもやめて欲しい。
(私は愛する人が苦しむ様子を見るのは絶対に嫌だと思うし、自分自身がそのような目に遭うのも嫌だ)

機械の助けなくして肉体が生きられなくなった場合の「延命拒否」または、「延命中断」の権利は当然にあると思う。
それは人間の目からは確かに「自殺」に見えるのかもしれないが、実はとうに魂が計画した寿命が訪れているとも言える。
だから寿命の放棄に当たらない。
残酷なことを言うと思われるかもしれないが、むしろ無理に生かすこと以上の残酷はこの世にない。誰にでも自然な寿命を受け入れる権利があるのではないか?

反対意見もあるだろう。
このような難問を考えなければならないのは、延命などという無理な行為が可能になった現代だから。
ほんの百年前なら考える余地もなかった話だ。
地上で寿命を決めざるを得ないとは、難儀な時代だな。
これから『銀河鉄道999』なみに機械の体が現実のものとなれば、もっと複雑な議論が噴出するだろう。

「寿命」がどの時点だったのかの判断も難しい。
たとえば、現代医学による薬がなければ死んでいたはずの若者について、「薬を飲まない状態が自然で、そのまま死ぬのが寿命だ」と言うべきかどうか?
私はそこまで言うのは酷だと思うし、実際に間違っていると思う。
現代という時に生まれることは計画されていたはず。ということは、「現代医療で命が救われた」という経験もまた予め定められた運命であった可能性がある。

生まれつき機械の力を借りて生かされなければならない体に生まれた人が、「本来生きるべきではなかった運命」であったのかと言うとそれも違う。
ずっと寝たきりで、話すことも叶わず生きた苦しい人生であっても、その人生には意味がある。
むしろ大きな成長を促す重要な人生であると言える。
その人にとっては現代に生まれたことこそが重要な定めであり、計画の一つだ。

だから一概に、
「現代医療の助けを借りてはいけない」
「薬は飲むな、延命はするな」
とも言えないのは確か。

ただ……、役目を終えたとご自覚されている年配の方に対し、「苦しいだろうけど機械の力を借りてずっと生きてくれ」とは言えない。私は。
本人が寿命を過ぎたと自覚しているなら、実際そうであることが多いのではないか。

*

おそらく問題なのは、橋田さんの使っている
「安楽死」
という言葉かもしれない。

「安楽死」という言葉からは自殺が連想される。
もし、国家で安楽死を合法化してしまえば、「自殺が認められた」と勘違いする人も出て来るだろう。
十代の自殺が増えることは言うまでもない。
単に面倒くさいことから逃げたいだけの我がままな大人子供たちの自殺も、爆発的に増えそう。

現に私の知る大人で、まるでレジャーに行くかのようにとても楽し気に自殺を選ぼうとした人がいる。
曰く、
「苦しいことは嫌。人生から自由になりたいから死ぬ。人間には自殺する権利がある」と。
たいていの奇抜な考えを受け入れる私でも、さすがにこれは呆れた。大人とは思えない。なんて安易で我がままなのだろう。

現状ですらこのように「ライトな感覚」で死を選ぶ人がいる。
そのため自殺者数は、殺人や事故で死亡する人を遥かに上回っている。
こんな現状でもし国が「安楽死」を合法化したら、自殺者が爆発的に増えるのではないだろうか。
特に日本人は自殺を選んだ人に対して優しいから、その傾向が強いのではないかな。
宗教上、自殺をタブー視し、自殺した者の遺体を踏みつけにするような文化を持つ欧州とはまた事情が異なると思う。

*

そう言う私も十代の頃は「人間には自分で死ぬ権利がある」と信じていた。
何故なら、「死ねば無」だと心から信じていたので。

実は私自身は、生まれつき「生きること」への関心がほとんどない。今も生への執着はあまりない。
そのため前世を知るまでは、
「早く死にたい。六十年後に死ぬくらいなら、今すぐ死にたい」
と思っていた。
自殺が罪だとか不利だなどと思ったことは一瞬たりともなかった。
物質としての肉体しかないと信じていたので、百年後に死ぬことも1秒後に生きることも全く同じ・生きることに意味なんかないと思えたわけだ。

そうではないという、衝撃的なことを知ったのは前世を知った十七歳の夜だ。
肉体はただお借りしているだけの乗り物であって、人生には定められた(自分で定めた)計画がある。
人生計画は自分だけのものではない。他の魂たちと延々つながっている鎖の一つである。そんな人生計画を放棄することは他のたくさんの魂たちに多大な迷惑をかけることを意味する。
そう知った瞬間から、「とても自殺などできない」と知った。

利己主義の人はそれでも自殺しようとするだろう。「他の魂へ迷惑をかけることなど知ったことではない」と言って。
しかし自分自身も苦しむことになる。
魂は、天寿が来るまでは文字通りの「お迎え」が来ない。予め定められた時が来ない限り、地上に留まらなければならない。
それは義務というよりシステム
苦しいからといって命を絶ったとしても、その苦しみが死後も続いてしまう。タイムリミットが来るまで。
死んだ後に長く苦しむのは、なおさら地獄ではないか? 

スピリチュアル的な体験を自分でした人はこのような事実を知る。
だから宗教に拘わらず、口を揃えて同じことを言う。
「悪いことは言わない。自殺だけは、やめておけ。あなたのためにならないから」と。
どこかの残酷な宗教が主張しているように、自殺が罪、ということはないのだけど迷惑なことは確かである。
その迷惑がマイナスのカルマとなり、苦しい人生を再び負うことになってしまう。

私はこんな損得話で自殺をやめさせようとする気はさらさらなくて、ただシステムだから伝えているというだけのこと。
このようなシステムを知らない人たちに、「安楽死合法化」という言葉で国家が自殺を後押ししてしまうのはお奨めできない。

せめて、
「延命措置を拒否する権利」
とともに
一度希望した延命措置であっても後から変更して拒否する権利
を合法化することが限度ではないだろうかと思う。

(今の日本国では後者が認められていない。一度希望した延命措置を医師や家族が中断することは殺人になってしまう。これは残酷なこと。どれだけ苦しいかは体験した後でなければ分からないというのに)


[edit]


占星術サイト更新 


占星術サイト更新しました。

 ⇒魂を読むためのホロスコープ・マップ

ごく簡単な概論です。

考えてみれば、まだ全体の構成もご説明していなかったなと思いまして簡単に書いてみました。
なるべく説明を省き、一言だけで並べるとなかなかアグレッシブ。

[edit]


占星術初級講座、更新 


とても久しぶりに、占星術サイトにて『初級講座』更新しました。

木星について書いています。
http://fo.kslabo.work/posts/3010083 

15:14 いつものことですが、うっかりミスがありましたので修正しています。すみません。

テーマ: 占いカウンセリング

ジャンル: 心と身体

[edit]


グランドセクスタイル図など、見本 


この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

[edit]


未来読みのタブー。死期を読む 


占星術で記事を書く時に私がいつも怯えているのは、未来について触れること。
見当違いのことを書いて混乱させてはいけないと思うし、かと言って当たれば当たったで恐ろしい。
日本に「扇動罪」に相当する法律はないのだけど、海外なら罰せられることもあるからね。
しかし海外のほうがマンデーン(国家・公の情勢を予測する占星術)が盛んだという不思議。特にアメリカなどは訴訟国家だから責任を問われて多額賠償請求されないのだろうか、他人ごとながらヒヤヒヤする。

THE小心者。
これぞ壁宿的性格。(笑)

そんな海外の有名占星術家のマンデーンを読むと、かなり堂々とはずしていて悪びれていないのは凄いと思う。(もちろん大枠は、合っているのだが)
最近のテレビで活躍している天気予報士たちを見るよう。
はずしているからこそ、あまり敵視されず刑法罰を受けることはないのだろうと思うが。



先日も私は、『冥王星は、前世でログアウト(死亡)した月日かもしれない説 』の記事中、冥王星が出生の太陽にクリーンヒットしたときに死亡した例を挙げた。
この記事を読み、
「冥王星がネイタル太陽に接近してきて通り過ぎた時が、寿命」
と思い込んでしまう人がいるのではないかと少々悩んだ。

占星術で最大のタブーは、死期を予測することではないかと思う。
だから人が死んだときの星の動きはむやみに言うべきではないと考えているのだが、上記事は話の都合上、言うしかなかったな。スミマセン

冥王星が太陽上を通過したからと言って100%全ての人が死ぬわけではない。
……と言ってもなかなか理解されない。
占星術は必ず実行されるプログラム言語のようなものだと思う人が多い。掲示板などでは皆さん、わっと短絡的に算数公式へ飛びついて騒ぐので恐ろしい。

===詳しく解説===
私が思うに。
占星術のチャート上に表れる、
「この星回りならこうなる」
というプログラムは算数的に100%実行されるわけではない。
たとえば冥王星など、マレフィックな星が通過する時は確かに危ない。
しかしそれは、たとえるなら死と再生のための「土壌」が醸成される時である、というだけに過ぎない。
そこで予め寿命と決まっていた人は死ぬのだろうし、まだ寿命が来ていない人は人生の再起動を迫られるだけだろう。
いずれにしても健康や身の回りに注意すべき時、改善の時であることは確かなのだが、過剰に恐れて仕事を辞めたりするのは愚かなことだ。「土壌」は種がなければただの「土壌」に過ぎず、マレフィックが無関係に過ぎる可能性だってあるのだから。
===以上===

結局、細か過ぎる未来予測は無意味で弊害しかないと思ってしまう。
私がトランジット・プログレスを日々追うのが嫌いなのはこういう理由から。

毎日追っていると実際、疲れるしね。
それこそ奇門遁甲にはまっている人のように、「今日は東の方向から出勤しなければ」と言って遠回りする“痛い人”になってしまう。

ああ、“痛い人”などと言って、すみません。
私が言うのも何だな。




関連する余談

過去記事を整理するため眺めていて、再びこんな引用に目が留まった。
再引用。
諸葛均:兄は長年天文に打ち込んでいて、天下の情勢も人の行く末も星を見て知るんです。兄独特の見方があって本当に不思議なほど当たるんです。 pic.twitter.com/JxpftC6OyE
— 人形劇三国志lover_bot (@puppet_sangoku) 2016年12月22日


>天下の情勢も人の行く末も星を見て知るんです。兄独特の見方があって本当に不思議なほど当たる

ううーん、それはどうなんだろう?(笑)

先日、私も米国と北朝鮮の行く末について
「調停者がいる。鍵は中国」
と書いた。
頭では「今さら中国が調停でもないんじゃない?」と思っていたのだが、サビアンで繰り返し「中国」のキーワードが出て来るからそう書いたのだった。
結局、どうなのかは分からない。
あの時期は中国が邪魔(≒曲りなりにも調停)したために、今の膠着状態があるのかもしれない。


などと占星術的観点から言えるのは、責任ない立場だからだ。
責任がある立場の人はやってはいけないことでしょう。

やはり星での未来読みはタブーな世界。
自分は今、ネットの片隅でタブー世界に片足の先を入れているなと思う。

[edit]


更新のお知らせ 


サイトのほうに新たな記事を投稿したので、お知らせ致します。

 ⇒前世記憶とは何か
「前世記憶」ってどのようなものでしょうか?
通常の肉体の記憶と、どう違うの?
そのような疑問にお答えするため、ここでは筆者の体験や他の方々の話から推測できることをお話ししておきます。


今まで書いてきたことの「まとめ」ですから、目新しい話はないかもしれません。

しかしバラバラに書いているといっこうに伝わらないみたいなので、「まとめ」で一記事で案内できると便利かなと。
これからはこうして今まで書いた記事をまとめていこうと思っています。

[edit]


ケアレスミス、修正 


いつものことですが眠くて意識朦朧としながらブログ更新しているため、前々記事のケアレスミスは酷いものでした。
http://kokodake3.blog.fc2.com/blog-entry-647.html

トランジットを「進行」と訳していたし、「9月後半」と書くべきところ「前半」と書いていたし。
高校の授業中、半分寝ながら書いたノートを思い出すなあ(笑)。線が蛇のようにうねっていたりするノート。

文章も意味が通じないほど酷かった。
(いや、修正しても駄目かも。笑)

本当に申し訳ない。
一応、修正しました。まだ他にも誤りあったらご指摘ください。

[edit]


算数計算にこだわり過ぎないように。運命計算は高次元である 


前記事、
冥王星は、前世でログアウト(死亡)した月日かもしれない説
の補足です。

今世、出生ホロスコープ(ネイタルチャート)の冥王星は、前世で死んだ時の太陽だったかもしれないと書きました。
でもいつも言っているように、こういう算数計算にこだわり過ぎないようにしてください。

つまり、
「度数が合わないから自分の記憶は間違っていたんだ!」
などと短絡的に思い過ぎないように。

または逆に、
「今世の自分のネイタル冥王星は牡羊座にあるから、前世では春に死んだんだ!」
と決めつけ過ぎないように。

冥王星は(宿≒月も)、たまたま分かりやすく算数計算で導き出せる前世の一端に過ぎないのだと思う。

私は常々思っているのだけど、占星術は算数ではなく数学
それも人智を越える高度な数学。
人間の天才数学者が行う計算すら普通の人には手が届かないのに、地上を卒業した先輩方(タイムキーパー)による高次元の運命計算が我々に解き明かせるものですか。

少なくとも、最も単純な公式であっても全ての運命計算において“エックス”(個別事項)が累算されるはずだと思う。

今回、例示したような
「太陽(前世セーブポイント)=今世ネイタル冥王星」
の算数レベルの公式は、本当にめずらしいもの。
これですら、事件事故・自殺の場合は当てはまらないという例外がある。
(あるいは事件事故・自殺の場合、何か別の公式が加味されるのかもしれないが)

だから、小学生レベルの算数ですぐに何でも決めつけるのは間違いだ、ということを肝に銘じてください。

たとえば前世の兄弟の人数と、今世の兄弟の人数が完全一致するとは限らない。
私のように、だいたい共通することは多いと思う。何故なら家族としての縁も、その果を得るための因が必要なので。「枠」としての縁が数に反映されやすい。(それで今世とは共通項が皆無なら、その記憶は自分の魂の過去生ではなく、別の霊魂である他人のものである可能性が高いと私は言っている)
ただ来世計算は、一緒に生きるはずの他者の運命や意志も「べき算」されるので、今の人間としての頭脳スペックでは計算することが困難。/と言うよりまず情報がないので計算しようがないよね。地上にいる限り、他者のカルマや気持ちなど理解が及ばないので。
だからこそ単純計算で思い込み過ぎてはいけないわけです。

*

地上の人間にはとうてい届かない公式であるなら、こうして解き明かそうとすること自体が無意味なように思える。

でも私がどうして自分をサンプルとして差し出して例示しているかと言うと、「地上の現実がすべてではない」ということを少しでも感じて欲しいからなのだよね。

たとえば。
学校という密室でイジメを受けている子供は、その世界だけが全てだと思い込んでいる故に絶望する。
だけど大人は、「学校だけが全てじゃない。卒業すれば他の世界もある」と教えて視野を広げることによって、子供を絶望から救おうとする。
(あるいは学校だけが全てではないから、無理に立ち向かって破滅する必要はなく、今出来る範囲で頑張れば良いと教える)

それと同じで、今この現実だけが全てではないということを伝えたい。

地上で感じる苦しみの全てが虚妄で、実は地上の上には広い広い世界が広がっている。
その広さを少しでも感じて欲しくて、私は自分をサンプルとして提供しているし、占星術を道具とし裏付けようとしている。

[edit]


冥王星は、前世でログアウト(死亡)した月日かもしれない説 


この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

[edit]


記事修正のお知らせ 


ホロスコープ画像をMyAstroChart様のものへ変更したのに伴い、記事を少し修正しています。

修正した記事はこちら。

諸葛亮の占星図
…あまり史実をご存知ない方のために、推測の重要ポイントとなる第7室のあたりの解説を増やしました。
また秋月さやか先生の記事への感想は余談となり、興味のない方には迷惑になるなと思ったので、別記事に分けました。

今回アスペクト線もアスペクト表も無しです。
(一般のホロスコープ作成サイトはオーブが狭く固定され、パーソナリティを見るにはあまり役立たない。また下の天体計算サイトでは古い時代の対応がなかった)

おおまかですが、出生地近く(仮定)の緯度経度を設定して画像に表示しておきましたので、興味のある方はお手持ちの占星術ソフトで色々とオーブを試しながら見てください。


筆者のネイタルホロスコープ記事
…こちらも画像差し替えです。
また、レクティファイでのごまかしは一切無いことを付記しています。
レクティファイ(ネイタルチャート修正)についての筆者の考え方は、いずれ書きます。





余談
本日は午後から出勤です。「朝からパソコンいじって何やってんだー」と家族に切れられています(笑)。自分でもそう思う。

[edit]