Tag占星術 1/16

双子座と水瓶座の違いとは? (アセンダントと月、見え方の違い)

先日から返信が滞っていますが、いただいたメールには目を通しています。ありがとうございます。深いお話に瞠目するばかりです。軽い気持ちでは返せないと感じるため、休暇が取れるまで置いております。少々お待ちを。先に緊急で、読者様よりご報告いただいた件から。いつも似たような話ばかりで申し訳ないですが、歴史の話。でも占星術の話を含みます。(月とアセンダントの見え方の違い)もしお暇だったらどうぞ。長いので畳みま...

  •  -
  •  -

「独裁者とは自らが頂点にいるために信奉者の奴隷になっているひと」に打たれる

ここのところ検索数が下がった件で色々と模索しており、じっくりメールを読むこともなく過ごしてしまいました。遅ればせながら返信です。――と、言うよりは深い洞察に打たれて感動し、引用させていただくものです。B様のメールより、独裁者について独裁者に関する記事も興味深く読ませていただきました。独裁者とは自らが頂点にいるために信奉者の奴隷になっているひとだと思います。信奉者たちの耳目を常に集め続けなければ地位は...

  •  -
  •  -

結局、神秘主義的な解釈を残したこと

もう一つ、お知らせ。新しい占星術サイトで、「12星座の解釈を書き換える」と言っていましたが、読み直したところ必要と感じたので元の解釈も残しました。ただしエレメントの解釈から先に読んでいただくよう、誘導しています。それから、トロピカルの概念として、解釈に投影されている季節も書き込みました。※季節の名は解釈に投影された一般的な感覚で示しています。東洋的な24節とはズレていますので間違わないように 例)...

  •  -
  •  -

「他人と違う視点」とは、何なのだろう? 古市氏ウォッチで考えた。※占星術的な観察

ほとんど古市憲寿ウォッチャーのようになりつつある昨今。昨夜も『深イイ話』で古市氏の密着取材が放送されていて眺めてしまった。何故なのかと言うと、日本の著名人で初めて自分と似たところのあるタイプが出て来たと感じて面白がっている。似ていると言ってもおそらく本質タイプが近いという意味で、私は彼をかなり薄めた常識人だと思うが。たぶん。 彼について最初に書いた記事:『コミュ障シンパシー、古市憲寿氏が面白い。LI...

  •  -
  •  -

占星術サイト移転理由と、来世で今を思い出したらどうなるのかな?という想像

占星術サイト新URLへの記事移転、着々と進んでいます。https://astrology.kslabo.work/お察しかとは思いますが、手動でコピペしているのです。それで手間がかかっている。何故、一括でアップロードしないのかと言うと、そもそもAmebaOwndには引っ越しのためのバックアップシステムがない故に。それと現実には考えが変わったものもあり、内容的に書き替えなければならない部分が多くあります。事実上、サイト移転は単なるアップロー...

  •  -
  •  -

第7ハウスは「パートナー」、それとも「敵」なのか?

このあいだ古典占星術の本を読んでいて、「第7ハウスは、現代占星術では“結婚相手”などパートナーを表すが、古代では“敵”を表していた」という記述にはっとさせられた。占星術をご存知ない方への解説:西洋占星術は概念上、天を12個の「ハウス(室)」と呼ばれる枠に分けて星を読みます。「第7ハウスに太陽がある」とは、下の図のように、その年月日時に7番目の枠内に太陽があったことを意味します。※これは解説用の図で、今...

  •  -
  •  -

ネイタルホロスコープで読めないものの一つは、「善悪」性質

昨晩の記事、『ファシズムは階級闘争が前提なので水瓶座で象徴できない』の続き。■サイコパスを星座で決めつけてはならないことスターリンを思い出したついでに彼のネイタルホロスコープを読もうと思い、ネットで資料を探していたのだけど、やはり誰にも分からないようだ。彼の場合は出生時間が分からないのではなくて出生日さえ分かっていない。独裁者が自分の出自を隠すために誕生日をごまかす、ということはよくある。しかしど...

  •  -
  •  -

ファシズムは階級闘争が前提なので水瓶座で象徴できない

先ほどUPした現代某国の人道への罪(100万人拘束)についての話なのだけど、「危険だ」とのメッセージが来たので引っ込めておいた。翻訳ツールを置いたばかりなのにこういうことを書くのは本当にまずいよね。分かっているのだが許せないと思い、書いてしまった。批判もやり方を考えねばならない。またエグい話で熱くなって、申し訳ない。前回のポルポトに引き続き、池上氏の番組でスターリンの殺戮歴史を観て刺激されてしまった...

  •  -
  •  -

占星術サイン、エレメントの特徴 新ページUP

占星術サイトから来られている方へご報告。長らくサイトを放置してすみません。サインの本質特徴をつかむ基礎としての、エレメント(元素)解釈を新URLで上げました。 ●火のエレメント  ●地のエレメント  ●風のエレメント  ●水のエレメント ざっと書いただけなので文章はブラッシュアップが必要と思います。誤字などあったらご指摘ください。*「サイトを移転する予定」と告げてから少し時間が経ってしまいました。ようやく新し...

  •  -
  •  -

ハウスと年齢域の関係を読み解く。ホロスコープは折り畳み、鏡として見る

人生について考えながら占星術のハウスを眺めていたとき、浮かんできたことをメモ。※これは思いつきのメモです昔から私は、円形で表されるホロスコープの図とライフステージの関係を不思議に思っていた。魂が東の地平線(ASC)から昇り、天頂(MC)を通り、西の地平線(DSC)へ沈む。これは分かりやすい。でもその後、DSC→IC(地下)→ASCと死後世界を通って生まれ変わるというイメージは実態と合っておらず分かりづらかった。上は...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com