Tag政治 1/7

中庸とは何か?(2018年版) 伝えることの難しさ

いただいたメールに刺激を受けてこれを書きます。(B様、ありがとうございます。これは返信記事ではないのですが、いつもヒントになり記事を書きたくなるお話に感謝致します)引用私が「我傍に立つ」の中で一番印象に残っているのは至暁が義理の息子に、人は常に真中を選択することがよい、と伝える場面です。これこそがまさに水瓶座の理想とする世界のように感じ、このように世界をおさめようとする方がいらっしゃったのだ、と非...

  •  -
  •  -

社会信用システム? 習近平さんは魂の格付けで最下位ランクです

※えぐい世間話です、苦手な方は読まないでください。色々と世間を騒がせるビッグニュースが多く、過去の情報は速いスピードで流れていく昨今。忘れてしまいたくないから、気になっていたニュースをメモしておく。ついに中国の壮大な実験が5月1日にスタート。「信用できる人はどこへでも行くことができ、信用できない人は一歩を踏み出すことすらできないようにする」という習近平ビジョン。/14億人を格付けする中国の「社会信用シ...

  •  -
  •  -

憲法記念日の番組

毎年のように同じ話題を書いている気がする。過去記事と重複していたらすみません。NHKスペシャル『憲法と日本人~1949-64 知られざる攻防~』、始めのほうだけ少し観た。公式サイトより内容引用憲法施行から71年。“現在”と同じように憲法改正をめぐる国民的議論が交わされた時代が、これまでに“1度”だけあった。GHQが憲法制定についての公式報告書を刊行した1949年から、政府の「憲法調査会」が憲法改正を棚上げする報...

  •  -
  •  -

諸葛亮が息子と甥へ宛てた手紙「徳は安定とバランスから」 (再投稿)

『諸葛亮の手紙』として伝わる文は、私には若干の違和感があります。翻訳文のせいかもしれません。これはすなわち解釈の誤解とも言えます。いずれ原文を見ながら分析し、私なりに翻訳してみようと思っています。ただしこの手紙の中には、確かに諸葛亮の考えによる文が含まれると思います。こちらのサイトから、日本語訳を全文引用しておきます。※思想系サイトなのでアクセスの際はご注意をhttp://www.epochtimes.jp/jp/2012/04/htm...

  •  -
  •  -

映像の力は大切。この貴重な映像を未来へ受け継いでいけ~東日本大震災

黙祷を捧ぐ。【動画】3・11ドキュメント穏やかな水面から昇る朝日に、静に祈りを捧げる人の姿が…(福島 相馬)https://t.co/OnNLPRnd7m pic.twitter.com/odTUaX0KUk— NHKニュース (@nhk_news) 2018年3月11日あれからもう七年。苦しいことや難しいことから目を逸らしがちな日本人の性質から、防災意識は薄れている。七年でどれだけのシステムが改善されたろう?呆れるほど何も改善されず、行政は相変わらず堤防を作ればいいというだ...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com