我傍的、ここだけの話


Category『僕が見つけた前世』の裏話 1/1

皆様が想像する「前世記憶の弊害」

6/12に『僕が見つけた前世』へレビューをくださった方、ありがとうございました。(と、言ってもこのブログを見て購入された方ではないようだからご本人には届かないとは思いますが)アマゾンにて見つけて読んでくださったのか。ありがたいな。ライトノベルと思われて読まれたのだとしたら、動きのない地味な話で、想像していた小説と違ったことでしょう。申し訳ない。ところでこのレビューがなかなか考えさせられたので、引用して...

  •  -
  •  -

過去から逃げるな、のメッセージ

ほとんど自分用メモ帳となりつつあるツイッターというツール。本日響いたのはこちらの引用文。かつての自分を現在の自分と別人のように取り扱えば、それで現在の自分を守れるのかも知れませんが、結局それは自分で自分をないがしろにしているだけなのでしょう西尾維新『撫物語』— 座右の一文 (@namahamubook) 2017年4月17日……クリティカルヒットである……。まるで今の自分へのメッセージのよう。腹を殴られたように感じ、しば...

  •  -
  •  -

僕勉、完結しました

『僕が勉強できる意味』完結しました。  半端な感じで、すみません。  なにしろ現実の筆者が半端者なので。  それにほとんどの方には興味のない内容で、申し訳ありませんでした。  ほぼ理子にしか興味を持たれていなかった気がするな(笑)。  「実話系」の小説はこれにて全て終了です。  あとは、このブログのように現実にて言葉を綴っていきたいと思っております。...

  •  -
  •  -

僕勉、26話更新~他、兄のことなど(プライベート)

『僕が勉強できる意味』更新しました。そろそろ終わりです。  Age18 - March  今回の話は99%くらい実話です。    再会の年齢だけ違っていて、現実では21歳の時の再会だったかな。兄は私が二十歳を越えるまで連絡を待っていてくれたらしい。  それから当時は、弟が18歳を過ぎていて免許を持っていたので、現実では弟の車で兄の家へ行ったことですね。  他は会話の内容まで一言一句、現実通り。  お気付きだ...

  •  -
  •  -

僕勉、24話更新

『僕が勉強できる意味』 久しぶりに更新しました。18 - October 四か月ぶりです。 もうほとんど忘れられている気がします。すみません。 ブクログのほうではほぼ存在無視されていますが(笑)、「なろう」では少数ながら待ってくださっている人がいるらしいので、更新遅くなり申し訳ないと思います。 それにしても、あの小説に書いていることは現世の友人設定を除きほとんど事実で、特に前世の記憶を思い出す辺りについては何も...

  •  -
  •  -

『僕が勉強できる意味』について

最近書き始めた小説『僕が見つけた前世 ※タイトル変更』は、実話多めの「ほぼ自伝」(ほぼ私小説)となっています。これはスピリチュアル分野で知り合った方からリクエストを受け、前世記憶~現実照合までの過程を疑似体験してもらうために小説を書き始めたのですが、意外にも「自分自身の人生を振り返る」という自分にとっての効能がありました。こういう私小説の匂いがする小説はそれだけで世間で嫌われるし、受け入れられるこ...

  •  -
  •  -

新作スタートのお知らせ

占い館より転載しておきます。新作スタートのお知らせです。これは何度か書きかけては失敗している自分の体験記を小説化したものです。小説なら書けるのでは、とリクエストも受け、じゃあ書いてみようかと始めてみました。現在の連載も進んでいないのに新しいものに手をつけてしまい誠に申し訳ありません…。なんとなく今しか書けない小説のような気がしまして、見切り発進です。かねてよりご要望いただいておりました、「私...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com