我傍的、ここだけの話


Category神秘・占星術 1/20

冥王星が水瓶座に入る時代を読んでみた

前記事に関連しまして。以前、メールでいただいた話題についての記事をK'slaboのほうで書きました。 ⇒冥王星が水瓶座に入る時代の解釈現状、「ファシズム化」を望む権力者は日本にもアメリカにもいるので、一時期ファシズムが横行しないこともないと思う。ただいずれ圧倒の平等さに押し流されてそんなものは消滅するだろう、という話。宇宙意識の前には人間など塵芥(ちりあくた)に過ぎないということです。怖い話かな?私はそれ...

  •  -
  •  -

『やりすぎ都市伝説外伝 2018春(関スペシャル)』感想。2030年以降の未来予想図

昨夜、テレビ東京『やりすぎ都市伝説』外伝を面白く眺めていた。陰謀論ネタでお馴染み、関暁夫氏だけが語るスペシャル。(以下、敬称略)マツコが参戦して番組全体のオタク度がアップしたのが面白かったな。関も通常の番組よりテンションが高く、興奮して喋っていたところが面白い。宗教教祖になる気か?と少々心配になるが。笑個人的に私はこういうオカルト世界観は嫌いではなく(深入りはしたくないけど)、趣味として愉しむ人々...

  •  -
  •  -

何故、前世記憶では肉体に関する習慣はカットされるのか 2/魂と肉体の記憶は別?

遺伝子での記憶移植についての話、続き。私は最近「もしかしたら魂の記憶と、肉体の記憶は別なのかも」との考えを強めている。何故そう思ったのか。第一の理由は、私自身の過去世記憶に肉体に関するものがないので。“暴力をふるわれたときに痛かった”“殺されたときに苦しかった”ということは覚えているのだけど、痛みの感覚は思い出せない。それとこれは肉体に関心が低い私だけなのかもしれないが、食事など生理的なことについても...

  •  -
  •  -

ニュースメモ「遺伝子で記憶を移植」。魂あるなし論議の行方は、科学者の誠実にかかっている

アメリカの研究者が、遺伝子で記憶を“移植”することに成功したというニュースに興味を覚えた。 ⇒「記憶を移植」 米研究者らがアメフラシの遺伝子で成功記憶の移植は長らく、典型的なSF(サイエンス・フィクション)のテーマだったが、最近の研究によってそれが現実味を帯びつつある。米大学の研究者らはこのほど、海に住む軟体動物のジャンボアメフラシの個体から別の個体に、遺伝子のRNA(リボ核酸)を使い、記憶を移植すること...

  •  -
  •  -

前世記憶とサビアンシンボル、どちらが先か? と、誰のためにサイトを始めたのか

13日に受け取った批判メールは、ある意味興味深かった。そもそもあのメール文には主語がないために誰に対する批判なのか、具体的に何を批判しているのか明確ではないのだが。詩文のごとく意味を推測するしかないというメール文――お前の文は、サビアンシンボルかっ。と突っ込みたくなったよ。笑他人に対するメール文なのだからちゃんと意味が通じるように書け、と思う。そんな説教をする遥か以前に、人としての礼儀も常識もわきま...

  •  -
  •  -

木星と太陽の衝、180度は「凶」だけではないと思う

星空の観察。【ほしぞら情報】木星が今月9日に衝を迎えます。中旬ごろになると木星の出が早くなり、真夜中前に南の空高く昇るので、宵のうちから見やすくなります https://t.co/xFGBZkkRYV #国立天文台 pic.twitter.com/IBEVIhfB7s— 国立天文台 (@prcnaoj) 2018年5月8日昔ながらの占星術だと180度は「凶」ということになり、特に太陽との180度は良くないものと考え警戒するのだが、最近はそこまで短絡的には考えない。満月と...

  •  -
  •  -

罹りやすい病をホロスコープで分析する(主に第6室)

いただいたご質問にヒントを得て書く記事です。ありがとうございます。Q.(引用)「6室に水星→現実に腸の病気になっている」というお話を伺いました。6ハウスは義務としての仕事、負債、労働、病を表すと仰っていますよね。そこに水星が入ることが腸の病気を示すというのは、星によって司る身体の部位があるということでしょうか。一般的に、もしくは個人の感性でいわれていることはあると思いますが、吉野さんが認識されてい...

  •  -
  •  -

映画『メッセージ』 スピ的な感想。転生と「運命の輪」

この間『メッセージ』という映画を観たら、これが少し「運命」や「輪廻」を感じさせて面白かった。と言うより、物語の背景に散りばめられている思想哲学のワードに興味をそそられただけなのだけど。正直ストーリーはそんなに面白くないので要注意です。笑 ※この記事には若干、ネタバレあります<ストーリー>突如地上に降り立った巨大な宇宙船。謎の知的生命体と意思の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミ...

  •  -
  •  -

火星と冥王星の合。軟着陸、のち転換へ

前記事の世界ニュースの話で、占星術的な補足。各国の詳しい分析はしないけど、昨日と今日、全世界共通で天空に起きていた事象は火星と冥王星 合(コンジャンクション)だった。しかもこれが27日には山羊座21度で起きていた。サビアンシンボルでは、山羊座22度 『敗北を優美に認める将軍』となる。松村潔氏 解釈引用「将軍」は、戦いに負けることと引き換えに、その心の高貴さを称えられ、精神的な意味での勝利を得たのです。な...

  •  -
  •  -

お奨めの占星術本リストについて、回答

遅くなりましたが、いただいたご質問の回答です。レスもしたいのでご投稿をそのまま引用させていただきます。はじめまして。占星術を独学で学びたいと思っており、こちらにたどり着きました。こちらの占星術その他の記事、購入できる小説全て読み、吉野さんの考えに説得力があると感じ、考え方に親近感を勝手に感じております。永遠の最終話が早く読みたいです。出版の日を楽しみにしております。 質問は占星術を学ぶ際に読んだ方...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com