我傍的、ここだけの話


Category神秘・占星術 1/21

ミスティック・レクタングルとは

今日は体調が悪く仕事のお休みをいただきました。しかし寝てばかりいるともっと悪くなってしまうので、ブログ更新しています。それでこちらはかなり前にご質問いただいていた件。台風も来ていることだし、いつまた書けなくなるか分からないため、この機会に書いておきます。■【複合アスペクト】 ミスティック・レクタングルとは書籍に解説が載っていないということでお問合せいただきました。この複合アスペクトは、二対の180...

  •  -
  •  -

占星術で、災害が起きやすいアスペクト(一般論です)

なんとなく求められている気がするので、「占星術ではどのような角度で災害が起きやすいとされるのか」という一般論だけ書いておきますか……。あくまでも古典的な占星術の一般知識ですが、よく言われるのはこういう説ですね。●トランジットで惑星同士が90度の角度を成すときに災害や政変が起きやすい古典占星術では火星や土星が注意すべき惑星とされます。これらの「不吉」な惑星が「凶角」である90度や180度を成す時、災い...

  •  -
  •  -

カルマの閉じ方、見本。(公開版、過去世物語)

前記事の補足です。テイルの方へ向かってカルマを閉じる成功例として自分の過去世の話を掲げていたのですが、これは要パスワード記事であり小説読者の方しか読めません。(内容も、小説を読んだ方にしか理解できない話です)これでは申し訳ないので、公開で少しご説明しておきます。〔目次〕・筆者の過去世、長い物語をかいつまんで書いてみる ・焦らなくていいということ ・太陽を活かすことが第一のチャレンジ ■筆者の過去世、長...

  •  -
  •  -

「死にたくない人が集まるトピ」を読んで考えた。どうしてこれほど死を恐れる人が多いのか?

ニュースサイトで取り上げられていて、こんな掲示板があることを知った。ここを読み、意外と「死ぬことが怖くてたまらない」人たちが多いのだと知って驚いている。 ⇒死にたくない人が集まるトピ1. 匿名 2018/05/08(火) 22:53:31 死にたくないです。死後のことを考えるとゾッとします。死んだら何も感じなくなるみたいですが、永久に目の覚めない暗闇のようで怖いです。死んだら肉体はなくとも魂の存在となり自我のある状態でこの...

  •  -
  •  -

運命を回避するために宗教へ入れ? そんな必要なし。トランジットが当たる人、当たらない人の違い

今日は、宗教 VS 占星術 の話。対立があって難しいテーマです。苦手な方はご注意を。反発する方も多いでしょうが、私の思う真相を書いておきます。(キリスト教が行った占星術師虐殺の歴史は権力による犯罪行為であり、次元が違うためこの記事では省きます。ここでは一般的な宗教と占星術との、思想的な対立について話をします。なお、当ブログ筆者は宗教団体とは関わりありません)※注 この記事で言う「宗教団体」の定義: 神...

  •  -
  •  -

ホロスコープのアスペクトは「あの世」の幾何学ではないか

これもINTPっぽく、まとめずにアイデアだけ書き留める記事。前記事で「特殊性はアスペクト図がないと分かりづらかった」と書いたのだけど、これは私自身が他人のホロスコープを開いた瞬間の“図形から受け取る第一印象”を大切にしているから。直観的なインスピレーションは、やはり図形から来るものだ。古代の占星術にはアスペクトがなく品位のみで吉凶を占った、古代人は惑星同士の角度を線で示すことなど思いもよらなかった――とさ...

  •  -
  •  -

筆者ホロスコープ、アスペクト図込みで掲載

先日『かつて有名だった人のホロスコープ』を上げて以降、筆者ホロスコープを閲覧に来られる方が増えたようです。筆者が前世で有名だったかどうかは分かりませんが、まあ色々と背負っているために特殊であることは確かでしょう。それでこの特殊性というものは、やはりアスペクト図がないと分かりづらかったと思います。※しばらくアスペクトを線で示さない、惑星表示のみの画像を掲示していましたこういうことは目で見て直観的に理...

  •  -
  •  -

かつて有名だった人のホロスコープ

『有名人の生まれ変わりが空想や「コード」である場合』の続き。何らかの目的を持って「自分は有名人の生まれ変わりだ」と嘘をついている人の場合、出生のホロスコープを見れば真実ではないことが分かるはずです。〔目次〕・ホロスコープで分かる嘘 ・かつて有名人だった人のホロスコープ特徴 ・何故、嘘をつくことが不可能なのか ※初めてご来訪の方へ: このブログでは輪廻転生があるという前提で書いています。「生まれ変わりが...

  •  -
  •  -

烏の羽のスピリチュアル的メッセージ

昨日の朝、ベランダに大きな黒い羽が横たわっていてぎょっとした。形の美しい、見事なカラスの羽だった。いくら美しい形でも、カラスの羽だと何か嫌なものをイメージしてしまう。私はとっさに鳥インフルエンザや、細菌などのことを想像したのでティッシュを何枚も重ねてつかみ棄ててしまった。神経質。笑棄ててから、ふとこれも何か高次なものからのメッセージなのではと気付いた。たとえば最近の自分の行いが悪いとか、方向性を間...

  •  -
  •  -

「前世の名前」について、追記

『有名人の生まれ変わりが空想や「コード」である場合』にて、重要なことを書き忘れていたので追記しておきました。【ちなみに】 私は前世の自分の名を記憶していません。ただ、名前以外の人生記憶をもとに文献で確認しただけのことです。たとえ名を思い出したとしてもそれだけで前世記憶が否定されるわけではありませんが、さすがに古代人や外国人なのに現代日本語でしか発音できない場合は違うでしょう。長いことこのブログに通...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com