我傍的、ここだけの話


Archive2007年02月 1/1

第三話(5)について

 今回からファンタジーの要素が強くなっております。  (いつもに増して意味不明な話で申し訳ないです。本当にただ、夢で見たそのままを書いていますので、書いている本人にも解読不明なところがしばしばあります。…すいません。)   第三話は次回で終了です。  第四話以降から、超古代が舞台となります。  小説ジャンルとしては、よりファンタジーの要素が強くなり、ややSFも入って参ります。  荒唐無稽なこと...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com