我傍的、ここだけの話


Archive2007年10月 1/1

「永遠の雨、雲間の光」というタイトルについて

 『永遠の雨、雲間の光』は今のところ暗い話が続きます。  読者の皆様はうんざりしているかもしれない。  公害だろうなと思いつつ、こうでなければならないストーリーを忠実に再現しています。  しかし、このままでは終わりません。  苛酷な運命に翻弄される主人公にも、いずれ光が見えるでしょう。  (だからこそ主人公は未来に生きるのです)  そもそもこの小説のタイトルは、始め 『永遠の雨』  だけで考えていました...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com