我傍的、ここだけの話


Archive2008年03月 1/1

戦争と平和

 大きい小さいで人の悩みは差別されるものではない。 たとえば戦いの世に生まれようと、平和の世に生まれようと、悩みを持つ人の苦しみは等しいと私は感じる。 本質として人に与えられた居場所は一つ。 どんな場所に生まれようと一個の人間にとって世界は一つ、悩んでいる間の人にとってはその世界が全て。 私は戦時の物語を書いていていつも疑問を覚える、「果たして、戦いの時代に生まれたからといって即ち不幸なのか?」「...

  •  -
  •  -

第四話(22)

 『永遠の雨、雲間の光』第四話(22)をUPしました。  この辺りが『永遠の雨~』でピークに暗いところです。  どうしても書かなければならなかった、と言うか、ここらが『永遠の雨~』という物語を動かす核となっています。  今回の場面をごまかしたり、はずすわけにはいきませんでした。  好き好んでこのような場面を入れたわけではありませんのでご容赦ください。  (決してこのような創作の嗜好があるわけではありませ...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com