我傍的、ここだけの話


Archive2010年10月 1/1

牛島信『利益相反/コンフリクト』

  帯の紹介文、 「顧問弁護士と監査役の立場から父親を糾弾する息子の葛藤とは?」  とのことだったので、実の息子が父親の不正を暴く葛藤のドラマを期待して読んだ。が、想像していた内容ではなかった。  ギリシア悲劇さながらの展開に登場人物たちが鬱々と悩んで独白するあたり、もしかしたら純文学に近いものを目指されたのかもしれない。一般受けしないだろうなと思った。 まあ「殺人事件の犯人捜してメデタシメデタシ」...

  •  -
  •  -

参考書籍

 『永遠の雨、雲間の光』はオリジナルイメージを素材としていますが、一部で参考にした物語があります。  以下、参考にした書籍・素材とした物語です。 『ソクラテス最後の晩餐』  …第一話 古代ギリシャ宴の描写 トマス・ブルフィンチの『アーサー王物語』  …第四話 えい児虐殺、姉弟の関係  主人公の名前/  アテン: 古代エジプトの神様の名から取りました。「ラー」は人格化され...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com