我傍的、ここだけの話


Archive2013年10月 1/1

霊視体験、後日談

 前記事の自称霊能者について、後日談です。 この男はブログで広告宣伝していたのですが、そのブログに特商法上表記がなかったため突ついてみました。 ※彼は「毎月予約でいっぱい」と言っていて月に最低でも20回以上反復継続して商売をしていた。特商法上表記の掲示義務ある事業者に当たる。 すると意外にも悪びれず一日でサイトを作成し、言われた通りに特商法上表記も・プライバシーポリシーも・サイト規約まで載せてきたの...

  •  -
  •  -

霊視占いの体験②

 前記事の続き、霊視体験の第二弾です。 今日は知人女性が電話で霊視を受けると言うので、横で聞いていることにしました。 この知人女性Aさんは、法律関係の職業。 仕事を始めたばかりですが、このまま仕事を続けていいかどうか迷っています。 霊視鑑定をするのは○氏。男性。 神様(守護霊)の声を聴くことが出来て、相手の前世を視ることも出来るそうです。 --------- 鑑定はお互いの名を名乗り、挨...

  •  -
  •  -

霊視占いの体験

私は人生で二回ほど、「霊能力がある」と自称する人に視てもらったことがあります。 サイトで自分の前世の記憶らしきものを公開するにあたって、自分一人だけの空想で主張するのは申し訳ないと思ったからです。本当に「霊能力」というものを持っている人が存在して、本当に他人の本性が見えるなら、客観的な視点として参考にさせていただこうと思いました。が……。(たまたま私の運が悪かったのか)その人たちの鑑定は、まったくひ...

  •  -
  •  -

前世照合の手段として

 先日依頼者の方と前世のお話をしていて、ふと思いました。 この宿曜占星術を取り入れた鑑定は、「前世の記憶がある方々の記憶照合の手段」としても活用出来るのではないか? と。 たとえば、●自分で何か前世らしき映像を観てしまった人●スピリチュアル鑑定などで前世を伝えられた人 などなど。 いくら自分で映像を観たとしても、本当かどうかいまいち分かりませんよね。 霊能力のある人から「これが前世です」と教えられた...

  •  -
  •  -

ソーラーハウスはスタンダードではない

 「星占い」に関して世間の流行もちょっとは知らなければならない。 そう思いまして、ちょうど女性誌の別冊に占星術特集があったので買ってみました。 ※anan 『星座に刻まれたあなたの恋と運命の真実』 正直、皆様が何を求めているのか、という占いのコンセプトを知りたかった。 その意味では勉強になりました。 特集/『あなたの恋愛体質は?』等々 うん、なるほど^^; やはりこういう話をしたほうが良いのかな。 当サ...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com