我傍的、ここだけの話


Archive2015年06月 1/1

アルジャーノン感想

2015年版『アルジャーノンに花束を』は最後まで見てしまいました。  原作『アルジャーノン』のドラマ化と言うよりは、『アルジャーノン』設定をモチーフとした新しい物語という感じかな。  美しく整え過ぎですから、おそらくこのドラマは「不朽の名作」とはならないでしょう。  原作は「名作」です。悲しい物語ですが、人の心を暴き出す鏡として今も読み継がれているのだと思います。  ただ、今回のドラマ、私は好きですね。...

  •  -
  •  -

僕勉、完結しました

『僕が勉強できる意味』完結しました。  半端な感じで、すみません。  なにしろ現実の筆者が半端者なので。  それにほとんどの方には興味のない内容で、申し訳ありませんでした。  ほぼ理子にしか興味を持たれていなかった気がするな(笑)。  「実話系」の小説はこれにて全て終了です。  あとは、このブログのように現実にて言葉を綴っていきたいと思っております。...

  •  -
  •  -

『アルジャーノンに花束を』は、あなたを知る物語である(小説とドラマの感想)

 TBSで『アルジャーノンに花束を』が再びドラマ化された。  脚本は野島伸司。(※脚本監修、だそうです)  第一回目を観たところ、「野島ワールド」と言えるオリジナルな世界観に創り変えられていて、これはこれで悪くないと思った。  古くて良い曲をBGMとし、物悲しくも心温まるシーンを連ねるスタイルに、ちょっと懐かしい『未成年』を思い出す。  いしだ壱成に河相我聞、萩原聖人など、往年の少年俳優たちが出ているのも懐...

  •  -
  •  -

『永遠』冒頭で描いた場所

長江転覆事故で船が引き上げられ、死者331人にのぼることが明らかとなったそうです。痛ましい事故にお悔み申し上げます。  何故、私がここでこの事故について記事を書いているか、ご存知のない方はこちらをお読みいただければ分かるかと。 http://withnews.jp/article/f0150606001qq000000000000000W0230301qq000012093A   上記URLより引用 関羽が敗れ、ことわざになった「荊州」  また、三国志ファンにとっては、荊州もなじ...

  •  -
  •  -

シチューをご飯にかけるか・かけないか

先ほどマツコと有吉のテレビ番組で小耳に挟んだ話題。 『あなたはシチューをご飯にかけますか? かけませんか?』  マツコも有吉も 「シチューをカレーのように飯にかけるなんて、絶対に信じられない! あり得ない、許せない!」  との意見でした。    そうですね、我々の世代ならシチューをご飯にかけるというのは、信じられない行為かもしれませんね。  でも私はこの話を聞いて思い出したのです、高校生の時...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com