我傍的、ここだけの話


Archive2016年05月 1/1

物語ジャンル、舞台設定による深い溝

今、旧『little life』/『あの頃、君は僕の隣にいた』(以降『あの君』)最終巻の原稿を見直しています。 読み返すと、小説で描いた通りの思い出の景色が蘇ります。 『あの君』は前にも書いた通り、筆者の「IF」を描いた小説で現実そのものではありません。 我ながらあり得ないことに(笑)、『僕が見つけた前世』というファンタジーのほうが圧倒で実話率が高い。 反対に『あの君』は、「IF」の分岐点(八歳)以降、今世では現実に...

  •  -
  •  -

オバマさん、個人の誠実

少しだけ世俗の話を。 オバマ米大統領の広島訪問について、世間では様々な議論が交わされていますね。 「中国の外交カードを打ち砕いた」。 さもありなん。結果的にはそうなるだろう。 オバマ氏個人の願いはともかく、日米の関係強化は「希望」だけでは終わらないだろうね。 「オバマは歴史に名を残したかっただけだ。賞賛を浴びたかったのだ」 それは若干ながらあるだろうね。名誉欲がゼロの人ではないと思う。 でも今回の行...

  •  -
  •  -

永遠第5話(26)更新報告と、反物質について

『永遠の雨、雲間の光』第5話(26)更新しました。 http://rainydays2.web.fc2.com/eien5-26.html これは問題作。 くれぐれも冒頭ページの注意書きを読んでからお読みください。 第5話『水の底の楽園』冒頭 http://rainydays2.web.fc2.com/eien5-1.html 今の日本で書くには非常に厳しいストーリーでした。 始めから決まっていたストーリーなのでやむを得ず書きました。 しかし小説としては、あっさりした感じ...

  •  -
  •  -

今世の私の人生計画について

前記事「カルマと人生計画」の続きで、個人的な話です。 (記事分けました) ある優秀なスピリチュアルカウンセラーが私について遠隔霊視してくださったところ、私の今世は 「これまで頭ばかりで考えることを優先させ体験が伴わなかったので、今世では体験するようにガイドたちが話し合って課題設定した」※記事下、追加 とのこと……。 うーん?? どうなのでしょう。 そのスピリチュアルカウセラーさ...

  •  -
  •  -

前世、月とドラゴンヘッドへの表れ方

※2017/12/9 この記事は筆者についてご存知であることを前提として話をしているため、初めてご来訪の方には分かりづらいかもしれません。占星術サイトで一般向けの記事をまとめています、先にこちらをどうぞ ⇒ドラゴンヘッドを読む(6)実践補足 月とドラゴンヘッド、読み方の違い 占星術サイト『K'sLabo』にていただいたメールで、「前世記憶がある」と仰る何人かの方のお話を伺うことができ、ホロスコープのどこに前世...

  •  -
  •  -

修正と解説。「魂エネルギーの違い」「人格の共通項」とは

前記事は出勤前、急いで書いて見直しもせずに上げたので少々修正しました。 まず「才能、体力の質量は…」としたところ、「質量」をここで使うのはかなりおかしいから修正。 「学習能力や体力など数値により測定可能な要素は魂エネルギーを現世にどのくらい持って来るか(あるいは選んだ肉体のスペック)によって決まります」 と、回りくどい表現に変えたのですが、伝わるでしょうか。 これもニュートン氏の本よれば...

  •  -
  •  -

前世との「共通項」の見方、転生の「流れ」とは

前世との共通項について、以前に書いた注意書きです。  ……このように、退行催眠で見た前世記憶が本当に自分自身のものであれば、現世の事実や出生ホロスコープ・「宿」に必ず投影されています。 注意: 「投影されている」とは、たとえば家柄の格が前世と似通っているとか、兄弟関係が似ているという程度です。つまり、流れとして環境を受け継いでい る、という意味になります(これは理由もなくいきなりカル...

  •  -
  •  -

求、「続・資本論」

中田敦彦がカール・マルクスと『資本論』について、子供にも分かりやすく教えた本日の『しくじり先生』は稀に見る名番組でした。 奥さんは「日本国は(教育の機会で)完全平等」などというトンチンカンなことを仰っていたが、旦那のほうはさすがだね。まあ、あの講義の脚本を誰が構成したのかは分からないけど簡潔で素晴らしかった。 でも番組中、高校生はともかくいい大人である出演者たちが「ソ連は何故崩壊したか? わから...

  •  -
  •  -

松村著『マスター占星術Ⅱ』サビアン新解釈比較

色々と追いついておらず、ここのところ占星術サイトも放置していました。 あちこち手を出してしまう自分が悪いのですが。何事も中途半端で、すみません。 しばらく小説のほうに集中するつもりでいます。 先日、松村潔先生が新刊を出していたことはご紹介により知りました。 以前に出版された『西洋占星術完全マスター』の第二弾。 今回サビアンシンボルの解釈を新しく書き下ろされているそうで、ぜひ手に入れたいなと思っ...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com