-
2018/8/10放送 日テレ『池上彰が教えたい!実は…のハナシ 第2弾』を観た。

世界三大リーダー、
トランプ(アメリカ)、プーチン(ロシア)、習近平(中国)
についてその経歴から紹介とのことで興味を抱いたのだが、あまり深い話はなくて期待はずれ。
まあ民放テレビ番組だからこんなものでしょう。

番組紹介、上URLから引用
北朝鮮と緊迫の駆け引きする3人、米トランプ大統領・中国習近平国家主席・露プーチン大統領。その知られざる素顔、さらに3者3様、驚きの人心掌握術を池上彰が徹底解説。

・詳細
▽池上彰と話したい!日本アメリカ中国ロシアの中高生がスタジオに集合。「4か国の中高生から見る世界」。みなさんはどう感じるでしょうか。▽池上彰がロシアへ飛んだ。現地の学校で見た“カラシニコフ”とは。▽最高権力者の妻は・・・国民的歌手。彼女の歌声は。▽「動物を殺さずに作れる“本物の肉”」最先端技術を特別取材。

深い話はなかったけど、三人を表面的にでも比較して眺めることができたのは面白かった。

たとえば、トランプとプーチンはどちらも少年期に
「友人をボコボコに殴る不良少年」
だったり
「我がまま放題、教師を殴りつけるワンパク小僧」
だったのだが、習近平は模範的で清廉な勉強家。苦労人でもあった。
習近平の若い頃の話をしているときに、
「え、(友人を)ボコボコにしなかったんですか?」
とタレントが口走ったので思わず笑った。

強権的ながら、陽性で少し抜けたところのあるトランプ・プーチンと、完璧な秘密主義者で知性の漂う習近平は対照的に感じられる。
言わば、
喧嘩は強いが偏差値の低い二つの高校を牛耳るヤンキー二人(トランプ・プーチン) / 進学校を支配する生徒会長(習)
という感じ。

習近平の経歴には創作が含まれるはずだが、文革吹き荒れたあの時代、青年が地方に飛ばされるのは通常のことだった。だから、彼が農村で労働に従事したという話は事実なのだろう。
肉体労働をしながら寸暇を惜しまず読書に励んだとのこと……それはそれは。感心だな。
もしその経歴が本当なら東洋における典型的な「聖人」になり得るタイプ。
話を十分の一に割り引いて考えたとしても、トランプ・プーチンとは比べ物にならない現代の知性となり得る一人だ。

しかし、そんな人が、どうして独裁権力を維持しようとするのだろうか?
どうして少数民族を弾圧して殺戮しているのだろうか?
(日本ではあまり報道されていないが、習近平の人権蹂躙や粛清は相当に酷い)

私は、東洋的な知性と道徳観は比例すると思っているので、習氏のように学問を積んだ人が粛清好きのありふれた独裁者となることが理解できない。

なんなんだろうな、中国のトップは。
共産党で権力を握ったら必ず残虐行動しなければならない、というルールでもあるのだろうか。
それとも、中国という土壌が粛清を強制するのか?

そうせざるを得ないほどコントロールし難い大国だからなのか。
私には分からない。

関連する話 >>私は粛清したのか? 記憶を探ってみる
関連記事
吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com