-
・translate 翻譯
(無駄な記事だったかなと思って削除したけど、やはり上げておきす)

さっき、子供たちが池上彰さんに質問するという番組を眺めていたのだが、大人よりも「自分の頭で考え」「自分の言葉で意見する」子供たちが多いことに感心していた。

池上彰スペシャル 池上彰×子供×ニュース 痛快ギモンに大人も納得SP』より
「記憶にございません」。政治家の国会答弁で何度も聞いたことがある、お決まりのフレーズ。子供たちからは、この発言への不満と疑問が続出。池上は、過去の大臣らの答弁を振り返り、この発言をする意図を説明します。さらに日本とアメリカの関係を巡っては「日本はアメリカのご機嫌取りばかりに見えるのはなぜ?」という“忖度(そんたく)”なしの質問に池上もびっくり!また「なぜアメリカは危険な銃の規制をしないの?」「アメリカは世界征服を考えているの?」など、子供たちから飛び出した日本とアメリカに関する率直な疑問に池上が答えます。
一方「なぜ大人になったら働かなきゃいけないの?」という素直すぎる疑問に、池上は・・・。さらに池上自身の“生きがい”も明らかに。その他「ニュースは何のためにあるの?」「未来の社会はロボットだらけになっていて、人が働く場所はなくなるの?」など、子供たちからの率直な質問に、池上が答えます。大人も目からウロコの徹底解説です。
集団の言葉を再生するだけの機械となった人々、脊髄反射で他者を攻撃するしか能のない大人たち(ウヨパヨ、マルチやセミナー信者、糖質制限信者、カルト宗教信者ら)に聞かせてやりたい素直な意見。
あれが、生きている人間としての言葉だと思う。
今の時代は子供からしか「人間らしい」発言を聴けないとは情けない。

この番組自体、忖度が酷くて引いた。
「記憶にございません」の国会答弁の例として、野党についての、現実に記憶がないだろう細かい話ばかり挙げていた忖度に呆れる。
もっと大きな例があるだろう? 明らかに記憶があるのに、「記憶にない」という堂々たる嘘を言い切った例が。
子供たちが言っているのは、まさにその人のことだよ。
忖度して話を避けるとは、さすがこのテレビ局。

池上さんは子供たちに、
「どうか、自分の頭で考えることのできる大人になってください」
と言ったのだが、今のところはあの子たちのほうが大人よりも優れている。
あのまま賢く育って欲しいのだが……、この国では難しいかな。

“他人の言葉に洗脳されない強い大人になれ”
“シガラミに負けず自分の意見を貫き通せ”
と、言ってもそれは難しい。
大人たちのほとんどができていないこの国の現状では。

たいてい、他人と同じ意見を言わない人を叩く人ばかりだからね。
同調しない人間は「極悪人」だと本気で思っているのだ。
自分の意見を言う人は「上から目線! ゴーマン!」なんだってさ。

付和雷同を正義と思う人々。愚かだ。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com