-
先日から何件かこのようなメールが届き、対応に困るようになってきたので公開にて書いておきます。
冥王星の記事を読みたくてパスワードの通知を依頼いたします。
何か当然の権利のごとく申請してくるのが怖い……。
「依頼すればパスワードを教えてくれる」システムだと、どこに書いていますか?

それどころかメール送信前の記事に掲示してあるはず。
●要パスワード記事は『我傍』または『僕前』読者様限定です。書籍を読むつもりがない方からの、「パスワードだけ教えてください」というお申込みは受け付けておりません。
やはり、書いてあるよね??

そもそも、各記事のログイン画面を見れば分かることなのでこんなお願い文は始めありませんでした(当たり前)。
しかし最近、理解できないでパスワード申請してくる方が増えたので、置かざるを得なくなったものです。

ところがそれでも送って来られる。
こんなにはっきりと書いているのに完全無視でメールを送って来るとは。よほど強い心臓をお持ちなのか。
逆に質問したいですね、
「何故、目につくところの注意書きを堂々と無視できるのか」。
その神経、心の持ちように興味が湧く。

それとも、日本語の文章が読めない方なのでしょうか?
日本語の文章が読めないなら、パスワードをもらって記事本体を読んでも理解ができないはず。
誰かに翻訳を依頼して、まず送信前の注意書きを読み解いてからメールを送っていただきたいものです。

*

こういう話を書くといつも常識ある人だけが気にされて、「過去に粗相はなかったか」とご自分を責めたりするので申し訳なく思います。

私だって細かい注意書きなど置きたくありません。
また「細かい」との評を負うのは不本意ですし、何より、常識のある人たちに余計な気を遣わせたくない。

このブログも始めはなかったのです、細かい「お願い」や注意書きなど。
(あったのはPG12の年齢制限だけ)
しかしあまりにも非常識な人が多く、身の危険を覚えるようになってきたため置かざるを得なくなったものです。

特に困るのが、この注意書きのターゲット。
●ブログやサイトの管理者と読者様の関係は常に、一対多数です。あなた一人が読者様ではありませんので、連日立て続けにメールを送る行為はご遠慮ください。
SNS等での深いお付き合いに応じることも時間的に不可能であるため、お誘いはお断りしております。またどなたさまも、現実に対面して交流することはしておりませんのでご了承ください。
なんで幼稚園児に言い聞かせるようなことを、大人に言わなければならないのだろう? と悲しくなります。
しかし始めに断り書きを置いておかないと、連日立て続けに長文メールを送って来たり、
「自分と会うのが当然」
「デートしてくれるのが当然」
「SNSで24時間、自分の相手をしろ」
と要求してくる人の対処ができません。
信じられないだろうけど、上の要求をされたことは実話ですよ。
それで要求に応えられないと、ひどく汚い言葉で人格攻撃の書き込みをするというのがこのストーカーたちのパターン。
(宗教の信者も同じ。勧誘を拒否すると攻撃してくる)

やれやれ。
村上春樹ではないけど呟いてしまう。笑

サイトやブログの運営は疲れますね。SNSはなおさら大変でしょうが。
しかし、たいていの管理者は叩かれることにも慣れ、神経が太くなり何事もスルーできるようになっていくらしい。

私はいつまでも慣れません。
何故、こうも非常識な人たちに傷付けられてしまうのかと言うと、
「そういう人が存在する」
こと自体にショックを受けるから。
自分に対して何かされた、ということよりも。

「真っ当な人」を基準にしているので、真っ当ではない人を目の当りにすると心労を覚えるのか。
中庸を目指していると言いながら、結局は性善説寄りなのかもしれません。

それでいつまでもガラスハートか。
強くなりたい……。涙
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com