-
・translate 翻譯
アメリカが大変なことになっているね。
オバマさんやヒラリーさんなど、トランプ陣営が憎悪を抱いている人たちへ、次々と爆発物が送られているらしい。

これはアメリカで起きている問題の一部を表しているに過ぎず、裾野の一般市民の間ではもっと激しい衝突が起きているとか。
現代地上で最強の大国アメリカで内紛が起きたらいったい世界はどうなるのか……? などとSFに近いことを想像して震えた。まさか内紛までは行かないと思うが、次の大統領選に向けてかなりの混乱が起きることが想定される。

■アメリカの混乱を二極のサインで眺める

いったい何故、こんなことになっているのか?

あくまでも占星術的に言うと、前にも書いた通り
 獅子座(トランプ) VS 水瓶座(オバマ) の対極の戦い
だからだ。
もちろんこれは太陽サインではなく、アセンダントサインの話。

 関連記事 『トランプ氏とオバマ氏、獅子と水瓶の戦い』

アセンダントだとこうして如実に、対立が現実となってくるわけだ。
この結果が、「アセンダントこそが本性本質」なのだと表してくれている。

ちなみに獅子座は権威主義(トランプ。※未熟な獅子座の場合)、水瓶座は公平でリベラル(オバマ)なので、まさにこの二人がシンボリックにアメリカで180度を描き出している。
誰も否定できないくらい明白なはず。

ただしおそらくオバマさんはトランプ氏を攻撃しようと思っていないだろう。オバマさんは太陽・獅子座なので対極も理解できるはずだから。そのため個人としてトランプ氏を憎むことはなく、もしかしたら「お茶目だ」と感じているかもしれない。
(オバマ氏と同じ惑星配置の私がそうであるように)
しかしオバマさんは、トランプ氏の人権蹂躙発言を許せないものと思い、軽蔑しているだろう。
可愛げがあると思いながら軽蔑する。それはASC×太陽180度の、自己矛盾を抱える者にしか共感できない感情ではないかと思う。

いっぽうのトランプ氏には自己矛盾がないので、ストレートに本能のままオバマさんを憎んでいることだろう。
「気色悪い偽善者め」
と思っているだろうし
「生理的に受け付けない」
と思っているはずだ。
それは悪魔がディズニーを嫌うような本能的反応。笑

ただ恥ずかしいとも思わずあまりにもストレートに憎むので相手は戦慄する。
正直、私もASC獅子座による水瓶座コンプレックスはここまでのものなのか……と背筋が凍る想いで眺めている。卑近ながら、「それで自分もASC獅子座あるいは権威主義に賛同している人たちに嫌われるのか」、と納得するものがある。
理屈は一切無視、筋の通らない本能的な憎悪だから怖い。
道義も善悪も関係なく、ただ嫉妬するのだろう。嫉妬する相手を憎むしかないのだ、彼らにとって。

全てのASC獅子座ではありません。トランプ氏は若干、未熟な魂の持ち主のため憎悪に振り回されている可能性があります。成熟した獅子座は権威主義と言うより「王道」を生きる人で、DSCも理解することができるはずです。
 ⇒実際に水瓶座コンプレックスのない獅子座、例

■トランプ氏、大衆の人形となる可能性

ところで私はトランプ氏の今後が心配だ。
完全なる大衆の操り人形にならなければ良いが。

獅子座はもともと自己表現のサインで、演技者でなければ生きていけない

太陽が獅子座にある人は意識的に、つまり確信犯的に獅子座を利用して自己演出できる――オバマさんがそうだったように。
このためオバマさんにしろ、ナポレオンにしろ、太陽・獅子座の人が正気を失って民間人を虐殺しまくったという歴史は聞かない。正気のまま虐殺した人はいるのかもしれないが。
何故なら太陽の行動は自分の視点(アセンダント)から監視することができるため。
太陽を発動する時は、そう生きようと自分で決めた時だ。

しかしアセンダントが獅子座の場合は「表現したい」という欲求が無意識的なので、意識せずとも目立とうとし、演技者であろうとする。
その無意識の本能を大衆が利用すると、完全なる操り人形になってしまうかもしれない。

先日のトランプ氏の、「トランスジェンダーを認めない」との方針を聴いていよいよ末期だなと思った。
トランプ氏自身は性別問題のことなど全く理解ができず、関心もないだろうに。
支持者からの票が欲しい一心で、求められている役回りを演じてしまう。
しかも他者に操られている意識もなく、自分発信の思想だと勘違いしている。

なるほど、これが獅子座が悪く出たパターンか。
(上ので書いた通り、成熟した獅子座はこうはならない)
現代の実在人物にモデルケースがいると学ぶところが多いな。

このような人は最悪、操られて民衆虐殺に手を染めることになるだろう。
役者として表現していることの自覚がないので、目隠しされた状態で舞台に立っているようなもの。悪い大衆が背後にいれば、彼を操って虐殺の命令を出させるのは容易だ。
(この点、曹操のような自身の感情にかられて虐殺するタイプとは異なる)

特にトランプ氏は月食生まれで、自己を見失いやすいため危険。
どうにか正気を保って獅子座らしい王道を表現して欲しいのだが。

関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com