-
この記事には偏見があると感じられるかもしれません。分かりやすくするため、意図的に大げさに書いているところがあります。あくまでも悪徳占い師やセミナーに洗脳されているなど「行き過ぎた人」に限定した話であること先にお断りしておきます。

*
前々記事で書いた通り、私は自己啓発本が苦手です。
何故なら、何を読んでも価値観が一つだけだからです。

彼らの価値観で正義とは、成功することです。
成功とは、
「金持ちになること」
「有名になること」
「理想の職業で成功すること」
「理想の異性と結婚すること」……等々
です。
一見、バラエティに富んでいるように見えます。
彼らは言うでしょう、「我々の成功の中身はこんなに様々ですよ。人の夢は決してワンパターンではありません」と。
でもその夢とやらの全てが、
 勝ち組に入ること
という一言で済ますことができる、ということに彼らは気付いていないように思います。

彼らの「成功」という言葉を、もっと簡単に訳すなら「欲望の実現」です。
だとすれば素直に「酒池肉林の生活がしたい」と言うならまだ可愛げ?がありますが、「夢を叶えた暁には皆さんに還元したい」などと綺麗ごとを言うので胡散臭いなと思わずにいられません。



偏見でしょうか?
でも高額セミナーに通い詰めて「成功! 成功!」と拳をあげて叫んでいる人たちを眺めて、薄ら寒く感じるのは私だけではないはずです。


似たような感覚を受けるのが、風水にはまり過ぎている人の話を聞く時です。
彼らはやはり、
「成功するために風水で開運せよ」
「ぱっとした人生を送っていない人(負け犬)は、風水をやってごらんなさい」
などと仰います。

確かに、適度な風水なら悪くないと私も思います。
ポジティブな精神を持つことは魂にも体にも健全なことだし、環境を整えて毎日を心地良く過ごすことはとても良いことです。

だけど、ガツガツとした欲望のまま、金儲けや有名になる人生を目指して風水中毒になるのは良くないことと思います。


本来「風水」というものは環境術でしょう。環境を整えてその人のポテンシャルを最大限に引き出すことを目的としている民間の知恵です。

だからまず大事なのは「ポテンシャル」です。
東洋の言葉で言えば、「器」です。
決して、そのポテンシャルのない人を大金持ちにしたり、有名にしたりするための魔法が風水なのではないはず。


占星術の目から見ると、出生時にその人のポテンシャル・器は決まっています。有名となり輝かしい人生を送る人もいれば、無名を選び穏やかな人生を送る人もいます。人生は十人十色、「何が幸せか」という価値基準も十人十色です。社会的成功だけが人生ではない、と考えるのが占星術。

こう言うと風水にはまる人々は
「星なんかに運命を決められてたまるか! 運命を唯々諾々と受け入れるのは絶対に間違っている! 私の人生は風水という魔法を使って自分の意志で変えていくのだ。神を殺してでも運命に抗ってやる!!」
とヒステリックな大反発をされます。
しかし、そうではないのです。
運勢は偶然の星回りが決めるのではない。
神様が決めるわけでもない。
全て自分が過去に為した結果としてのカルマによって決まります。宇宙法則に従ってほとんど自動的に決定されます。
ただし個人(魂)の意志が全く介入しないかと言うとそうでもなくて、個人の意志もそれなりに宇宙へ影響します。たとえば、「次の人生ではこれだけの負カルマを返済しよう」ということは生まれる前に自分で決定できる。
全ては自分で為したこと。そして全ては自分の意志で決めたこと。
これが、「ホロスコープは生まれる前に自分で立てた計画である」と言うことの真相です。

だから風水も、この「自分で立てた計画のポテンシャルを最大限に実行していこう」という観点で使われるならとても良いと言えます。
もし本来の運命を実行するために邪魔しているものがあるなら、それを取り除くために風水を使って環境を整えるのは素晴らしいことでしょう。

しかしもともとそのポテンシャルもないのに、風水などで極端に運命操作して「金持ちになりたい」とか「有名になりたい」という欲望を叶えたとします。
(決して不可能なことではないらしい)
しかし、それは将来の運命を前借りすることになる。
結果どうなるか?
現在返すべき負債としてのカルマを返済せず、将来の運命を前借りするので、たとえるなら借金が膨れ上がるように負のカルマが膨れ上がります。

いくつもカードを持ち闇金にまで手を出して、借金地獄に堕ちていく多重債務者を眺めて、
「どうして借金を返さずにまた借りるんだろう。バカだな~」
と思ったことがあるのでは。
風水や自己啓発に中毒し過ぎることは、闇金に手を出して多重債務者になるということに似ています。
ただし現世の借金のように自己破産での免責は決して許されません。さらに闇金のような裏ワザですから利子は莫大なものになります。

だから、風水などの運命操作系占いに中毒し過ぎるのはまずい、と私は思うわけです。




私が「ホロスコープの運命を受け入れたほうがいい」と言う時は、何かの宗教みたいに神様の言うなりになれと押し付けているのではありません。
ただ、
「あのさ。自分で立てた返済計画なんだからさ、ちゃんと真面目に返したほうが自分のためだよ? 今返さずに、いつ返すの? 借金も返さずにまた“派手な生活がしたい”なんて言って闇金にまで手を出すなんて、今後ますます自分を追い込むだけだよ」
という、友人なら誰でも言うごく当たり前のことを言っているだけです。


思うに、輪廻転生の概念がない(または薄い)人の一部は、「短期間で欲望を満たさなければならない」という強迫観念にとり憑かれています。
どうにか最短で欲望を満たさなければならないと焦るので、風水や自己啓発法等の“裏ワザ”でも使って、無理やり勝ち組になろうとする。人によっては詐欺などの犯罪もやる…。

今の人生は一度きり。それは真なり。そんなことは生きている間でも一緒です。今日という日は二度と来ない一度きりの日。今は二度と味わえない一度きりの瞬間。
だけど「今という瞬間は二度と来ない」からと言って、刹那の欲望を貪るだけでいいのですか?
やるべきことをやらずに、ただ金持ちになって他人を見下すのが幸せと言えるのでしょうか。

運命の法則、信じるか信じないかはあなた次第。だけど信じて損することは何もないと私は思います。

いいではないですか、自分で選んだ人生を精一杯に生き抜くだけで。※
どうして既に在る人生を受け入れずに、もっともっとと、貪る必要があるのでしょうか。
「成功」
「勝ち組」
「ぱっとした人生」
が口癖の人たちは貧乏人を見下すでしょう。
無為に生きている人たちを見下します。
それどころかいずれ邪魔者扱いするはずです。
彼らの理屈で言えば、「負け犬」は「社会のゴミ」なのではないでしょうか。

何を信じるのも自由ですが。
私は貧しい人や障害ある人を「負け犬」などと呼ぶような人間にだけにはなりたくない、と思っています。



※ホロスコープに社会的成功が計画されている人は大勢いますから、貧乏だけに甘んじろと言っているわけではありません。運命に向かう本能が正常に発動されていれば、生まれ持った計画へ着実に向かいます。その時、人は「ワクワク」するはずです。ただ妙なセミナーなどを受けて他人に極度に洗脳されてしまうと本能がストップし、目標を見失うでしょう。せっかく計画されていた遠大な夢を見失い、「金持ちになる」などという浅い夢しか実現できないのは怖いことです。
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★アンケートにご協力お願いします

管理用 anriy3@gmail.com