-
wana.jpg

前世に関する小説を書くようになって以降、「やむを得ないこと」として私はスピリチュアルウォッチをしてきました。

それで最近分かってきたのは、スピリチュアルには二分野あるということです。

 1.科学者が霊現象や転生記憶などの事象を報告するもの
 2.人間に降りた高次元の霊が、真理や救いを説くもの

私が抵抗なく読めるのは1のジャンルです。
ここで紹介したニュートン氏の本やワイス博士の本を面白いなと思ったのは、著者が迷いながらも「目の前で起きた事象」を報告しているだけの本だからです。
もちろん彼らの報告を全て鵜呑みにしているわけではなく、たとえば被験者の名も病状も記していないニュートン氏などは100%正しいわけではないだろうと思っているのですが(概ね私の体験と一致しているので作り話ではないと思う。ただ一部、医師も無自覚な誘導が可能だったかもしれない)、事実だとしたら面白いし役に立つなと考えます。純粋に、体験報告記として。
脳外科医が自分の臨死体験について分析した『プルーフ・オブ・ヘヴン』などは、さらに分析的で面白そうだなと思います。

でも、1のジャンルはスピリチュアル漬けの人たちにむしろ好まれませんね。

ご盛況なのは2のほうです。
大元は『バシャール』や『バーソロミュー』なのでしょうか。そこから派生し、影響を受けたジャンルのことです。
(『シルバーバーチ』は後にも書きますがこれとは異質です)

まず、2のジャンルはたいてい「色即是空」的な思想を説きます。
正確に言うと仏教の色即是空とは違い、もっと精神的な「現実 即 幻影」という考え方です。
このジャンルでは、「人間に責任はない」と説かれます。
「過去も未来も幻影で、罪はない」と主張される。今すぐ罪からも輪廻からも解き放たれて自由になるべきだ、そうしなければ「アセンション(高次元への移行)」に乗り遅れると急かす。
また自我を蔑み、エゴを棄てなさいと言う。思考は無意味、自分の考えを棄てろ、とも言う。

私は2系のスピリチュアル本を通しで読んだことがありませんが(読む気になれません)、丸ごと転載している人のブログをご紹介いただき、少し読みました。
一見、高尚な思想のように思えます。
しかし私はすぐにこう思いました、
これは西洋人が知らないのをいいことに、仏教や陰陽道を適当にパクって繋ぎ合わせただけの詐欺思想じゃないか?」。

東洋思想を少し齧れば、2のスピリチュアルジャンルの本はすぐに書けてしまいます。
何も知らない西洋人を騙すのはいたって簡単です。
東洋の新奇な思想は西洋人には理解が及ばないため、適当に抜き書きして繋ぎ合わせればものすごく高尚に見えるでしょう。

もちろん、こうも言えます。
「仏教や陰陽道の始祖と同じ次元の霊が降りて、宇宙真理を語った。だから一致しているのだ。パクりではない」と。
そうかもしれません。
だとすれば仏教や陰陽道を学べばいいのではと思いますが、そうしないのは何故?
『老子』では満たされない何かを2のスピリチュアルは満たしてくれるのでしょうか?




生半可な「色即是空」は甘い罠です。

思うに、
「物質は幻影。時間は存在しない。過去も未来も無い。罪など幻」
という仏教思想は遠い究極においては真理です。
でもそれは地上に住む人間ごときがすぐに飛びつくべき思想ではないでしょう。

仏教では究極の目標として真理を明かすと同時に、「自分が解脱している」と誤解する傲慢・責任放棄を戒めているはずです。
しかし半端に仏教を齧っただけの知識人は、「現実は幻影」「死 即 無」という思想だけに飛びつきたがる。
何故なら、そのほうがラクだからです。
死後に即、無となるなら、自殺だって気楽にできる。殺人もそう。

2のスピリチュアルジャンルはもっと極端で、生きているうちに即、「現実否定」ができることになっています。
いや、「アセンションに乗り遅れて人類滅亡に巻きこまれないため」に現実を今すぐ棄て、思考を棄て、高次元のスピリチュアル思想(=教祖の言葉)を受け入れろと脅迫します。
アセンションのためなら殺人も善行となるようです。何故なら、彼ら曰く「罪は幻影で責任はない」のだから。

カルト教団に利用されるのは、まさにこの「悪しき色即是空」です。

色即是空を誤読しての、責任放棄。
地上では何をしても罪はない、殺人も自由、過去の責任に囚われるのはエゴ。
そんなことは全くあり得ないのですが、こちらのジャンルのほうが圧倒で流行る。
「責任はない」と説く思想のほうが甘いために誘われやすいのだと思います。

真理を語る系で私が異質だと思ったのが、『シルバーバーチ』です。
書かれた状況から言えば2のジャンルに入るのかもしれませんが、内容的に1ジャンルに近い。
バーチは徹底して因果律を説いています。自己責任の極みです。教祖様の助けすら必要ないと説く。
そしてアセンションだの何だので焦らせることがありません。むしろ「この道は長い道のり、気長に行け」と説いています。
(あくまでもシルバーバーチ1巻について述べています。後は未読)
どちらかと言うとこちらのほうが本来の仏教的だなと私は思います。仏教が世界で最もマイナーなのは、このように完全自己責任論で甘さがないからです。お金で罪を贖うという逃げ道さえ用意されていません。
自己責任の厳しい思想は人類にあまり受け入れられないようです。
スピリチュアルを利用しようとする人にとっても、『バーチ』の因果律は個人の責任に拠り過ぎていて隙がなく、使いづらいでしょう。
(不幸な人を差別するために使われることはありますが。金を巻き上げるための詐欺では使いづらいので世界中、爆発的には流行らない)



「色即是空」は本人にとっては罠ですが、他人に対しては暴力にもなり得ます。

私はたびたび、2のスピリチュアルマニアから
「あなたは過去に囚われている。過去は幻影。今すぐ棄てろ」
と攻撃されます。

スピリチュアルマニアと言ってもむろん、自身では体験を持たない人たちです。
前世記憶を持つ人など滅多にいないから「幻影」と嘲笑しやすいのでしょうか。
私はもとから嘲笑されることが分かっていて発表しましたので、今さらこんなことくらいで傷付きはしません。相手に対して幻滅はしますが。

でも同じ論理を、他の傷付いている人に用いるのは許せませんね。

たとえば大震災で家族を失った人に対し、
「過去は幻影なのよ。忘れなさい」
と言う。
幼い頃にDVの被害に遭い、成人してもPTSDで苦しんでいる人に対して平気で
「過去に囚われているから苦しむの。今すぐ棄てなさい」
と言う。

これは暴力です。

どうしてこういう無神経なことが平気で言える?

「スピリチュアルは心の麻酔。スピ漬けになると他人の痛みに無神経となる」
と言われているが、本当かもしれないと思いました。


生半可な色即是空では、誰も救われません。
「過去は幻影」と題目を唱えたところで過去は消えません。

過去は過去。
この次元で起きたことは、幻影でも何でもなく現実に起きたことです。過去は覆すことができないし、消えない。
「忘れられないのは心が弱いから」でもない。
過去を無かったことにできるならそんなに簡単なことはないが、記憶の奥底に沈めて忘れた振りをしていても、本当に忘れたわけではない。
過去は在ったこととして、乗り越えたうえで「今を大切に」生きるしかないんです。

前世も、現世記憶が長期となっただけで全く同じなんだけどね。忘れたようで本当は誰も忘れていないのが前世。
そのことはワイス博士の本に書かれているのだが、読んだ人でも理解できないようです。
「前世記憶は現実の記憶と違う」
という差別心が根底にあるのか。

前世まで想像が及ばないのは、やむを得ないことと思う。
でも不幸な目に遭って苦しみ続けている人を非難するのは、明らかに違いますね。




もう一つご紹介。
2に属するものでやはり異質なのがモーゼス『霊訓』。
これは地上に合わせた話をする霊で、やはり性急な悟りを得ようとする人間の怠慢を戒めています。

問『生命は永遠?』

(略)恐らく向上進歩の最極限に到達した、遠い遠い無限の未来に於て、われ等が過去世の一切から離れ去り、天帝の真光に浴しつつ静かに黙想の生活に入るときが、ないではあるまいかと思う。それにつきては、われわれは何も言えない。それは余りにも高きに過ぎる。地上の人間として、そこまで考えようとするのは、けだし早きに失する

(翻訳者の評釈)

……かの印度思想にかぶれた者は、ややもすれば、途中の大切な階段を無視して、一躍最後の理想郷を求めんとするが、これは百弊ありて一利なしである。何の得る所なき自己陶酔、キザな神様気取りの、聖者気取りの穀潰しが、一人出来上がるだけである。

以上モーゼス『霊訓』より引用
関連記事
吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com