-
このたび勇気を出してKindleで本を出版してみたところ、思いのほか反応が良くてやって良かったなと思います。
(『我傍』はAmazonを通じて、かなりダウンロードされています。レビューがないのが寂しいと言うか不思議。クレームもなし)

あとやはり、読みやすいですね。Kindle。
他のアプリで読んでいる方には申し訳ないですが……。

Kindleで出すと、Kindle独占配布としたほうが宣伝に有利なのです。
しばらくこの方針でいきます。

★PDFなど汎用に変換する方法はあるようですが、自分で愉しむだけに留めてくださいね。複製して友人に配ったりするのは著作権法的にアウトです。かなり罰則が厳しいのでご注意ください。(友人に本のコピーを配った場合 → 複製権侵害・公衆送信権侵害等:10年以下懲役、1000万円以下罰金。さらに損害賠償請求、不当利得返還請求
参考: 意外に重い!著作権侵害の罰則



それからアマゾンKDPでの無料キャンペーンですが、これは90日間のうち5日間しかできませんのでご了解ください。

参考。Kindle本の無料キャンペーンを永久に続ける方法を考えてみた
(結論:なし)
@v416 できれば最初から無料にしたいのですが、Kindleストアの本は、90日ごとに5日間しか無料キャンペーンを行えないのですよ(´・ω・`)
>できれば最初から無料にしたいのですが…
だよね。
私は掌編を書かないほうだから、難しいな。

やはり、KDPには永久無料で出版する方法がないみたいですね。
青空文庫とか『ブラックジャックによろしく』は、どういう契約なんだろう?
関連記事
吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com