-
日本のヘミシンク愛好家の方々はあまり現実照合や検証を行わないようです。

これは惜しいことです。
特に彼らが前世記憶について「夢」だと仰って、現実・現世との照合を最初から行おうとしないことはもったいないです。

宇宙との一体感を味わう、などの神秘体験は「体験すること」それ自体に意義があるのだろうと思います。
ただ輪廻転生という現象は現世に近いところで起きています。そして前世記憶というものは、何か前世起因のトラウマによる不調があり、その調整をはかるために思い出すもの。だから前世記憶は現実と考え、現世と照合する作業を行うことが非常に大切です。
この現実との“すり合わせ”分析を経て初めて、現世の問題は解決に向かいます。

(ワイス博士などの行った退行催眠では、前世を思い出した瞬間に症状が改善されるというケースが紹介されています。しかしそれは幸運なケースなのかなと思います。一般的な退行催眠治療は、やはり長い時間をかけた客観的な分析が必要で、その分析を行ううちに徐々にトラウマが薄れていくものだったはずです)

ヘミシンクでも自力でも、前世を思い出したら必ず現世と照合する作業をしていただきたいものです。

ここに私自身の行った照合経験から、具体的な「照合」の手順をご紹介しておきます。
(過去記事とも重複しますが、改めてまとめてみました)
参考にしていただければ幸いです。 ⇒私の体験と現実照合メモはこちら

〔目次〕
① 場所・時代を推定(特定)する
② 過去の自分を探す
③ 現在の自分と照合する←特に重要、これだけでも可
(付録) 占いの知識を借りて確認する

MIYADSC_3425-3.jpg

【前世記憶を現世と照合する方法】

① 場所・時代を推定(特定)する


これが第一歩となるでしょう。
覚えている服や家具、建物などを手がかりとして、今の時点での知識を総動員して場所と時代のアタリ(見当)をつけてください。
「西洋か、東洋か」 「100年前か、1000年前か」
最初はこの程度で構いません。
どうせ自分の知識など浅いものなのですから、国の見当をつけたとしてもたいてい間違っていると思ったほうが良いです。(私は当初、思いきり間違えていました。日本だと思っていたら中国だったというレベルくらい激しく間違えたものです) 
なお、この時に自分の願望が出やすいことにも注意してください。「自分の前世がこの国の人だったらいいなぁ」と願っていた国とは、現実には異なる場合が多いと思います。

だいたいの見当をつけたら、その周辺の国や時代の記録を読みます。
ここでは徹底して客観的になり、消去法で「自分の記憶と違う」国や時代を片端からカットしていきます。
そのようにして、出来る限り狭い範囲に絞ります。


② 過去の自分を探す


次に①で狭めた範囲の時代における、自分自身の痕跡を探します。

100年以内に生まれ変わった人は、前世の家族を探すことも可能でしょう。
近い時代に生まれ変わった人は前世の自分の名や住所を覚えていることもあり、早い段階で過去の自分を発見出来るはず。前世で生きていた土地へ旅し、前世の知り合いと再会して語り合うことも夢ではないと思います。

ただこれはかなり幸運なレア・ケースです。
ほとんどの方は100年以上経過してから生まれ変わっていて、前世の家族や友人もとっくに地上を去っています。前世の住所など仮に覚えていたとしても、もちろん残っていないでしょう。国さえ残っていないことが多いと思います。

そもそも名前を自分で記憶しているケースのほうが少ないはずです。
(言語記憶は一番に失われやすいため。またはダウンロードする必要がないのか? たいてい言語記憶は蘇らない)

でも、諦めないでください。
前世で国家的な役職を持っていたり、何か大きな事件に関わった覚えがあるなら、前世の自分を記録のなかに発見することが出来るかもしれません。
特に中国人やギリシャ人・ローマ人などには記録癖があったため、古代でもかなり現実的で詳細な記録が残されており、「記憶通り」の記録を発見出来る確率は高くなります。

たとえ自分自身を発見出来なくても、自分が関った人のなかに有名人がいれば照合の手がかりになります。
記憶のなかに同時代で生きていた有名人についての知識があれば、これも照合に役立ちます。

ただ注意していただきたいのは、フィクションと現実の記録文献は明確に区別しなければならないということです。
世の中には歴史モデルのフィクションというものがたくさんあります。
もし自分の記憶がフィクションと一致して現実の記録と一致しない、などということがあれば、その記憶は今世で得た単なる知識であり前世記憶でもなんでもありません。
その記憶が本当に「自分が体験した記憶」なのかそれとも知識なのか区別するために、何がフィクションで何が現実の記録なのか、しっかり学んでおく必要があります。
(混同を避けるため、始めの段階ではフィクションを避けて極力触れないようにするのが良いでしょう)
 

③ 現在の自分と照合する


これが誰でも100%出来る、最も確実かつ重要な現世照合の作業です。

ほとんどの方は自分の前世の記録を発見することが出来ないでしょう。
(私自身もほとんどの記憶で発見出来ておりません)
でも、現在生きている自分自身との照合だったら、誰でも100%可能です。

ただしこの照合で「自分のことだから」と気を抜いてはなりません。
漠然としたイメージに走り、満足してしまっては全てが水の泡になります。
たとえば
「あたしはベルサイユ宮殿が大好きだから、前世はフランスの貴族に間違いないわ~♪」
的な、適当な考えは思い込みの域を出ません。
たとえそれが事実だとしても、心地良いイメージに溺れているだけでは、いつまでたっても前世の欠点は改善されませんし成長出来ないでしょう。

大切なのは客観性です。
前世の自分と今の自分を客観的に比較し、今のどこが前世と共通しているのか調べてください。

たとえば次のような点を列挙して調べていきます。

●前世の自分の欠点 / 今の自分の欠点
=冷静に欠点を挙げることが最も重要な作業になります。欠点こそ現世の問題解決として役立ちますし、欠点には願望が入る余地がないからです。欠点を挙げるときはなるべく具体的に。自分で思っている欠点だけではなく、他人に言われた言葉も列挙するのが良いです。

●前世の家族関係 / 今世の家族関係
=家族関係や家系の特徴など共通項を列挙しておきます。前世の家族関係は、今世でも似通ったものとなりやすいです。特に家柄、貧富の度合い、家系における性質は引きずりやすいと言えます(何故なら自分自身がそのような家系に生まれやすいカルマを引きずっているので)。
 
●前世での得意・不得意 / 今世での得意・不得意
=性格もそうですが、能力も引きずりやすいものです。肉体に障碍がない限り、たった一回の転生ごときで激しく能力が変化することはありません。能力は生きているうちに訓練して少しずつ成長したり、少しずつ退化するものです。特にスポーツや音楽、勉強などの得意ジャンル(好み)は変化しづらいと言えます。


(付録)占いの知識を借りて確認する


これは最終確認としての裏技です。

何度も書いてきたように、占い、特に西洋占星術のホロスコープには前世の経験が刻まれています。
宿曜占星術ですと、さらにピンポイントに前世の職業まで当ててきます。
参照ページ:筆者の宿と前世比較  筆者のホロスコープ

 ※ただし宿に反映されるのは直前の前世に限る

占いも「科学で実証されていない知識だからあてにならない」と思うかもしれません。
しかし、占いの知識が自分が生まれる前から既に存在していた、自分の脳とは完全に切り離された情報であることは確かです。
この「自分と切り離された」場所にある占いの知識と、自分の前世記憶が一致していたら、その記憶はもう「現実の前世である」としか説明がつかない確信となります。

もちろん他人はそれでも信じてくれないでしょう。
「占い」や「前世」という言葉だけで最初から無考えに否定する人ばかりだからです。
ただこの「現世照合の作業」とは、他人を信じさせるために行うものではなく、自分自身でそれが現実であるかどうかを確認するために行うもの。そして現実のこととしてトラウマを受け止め、先のステップに進むために行うものです。それを忘れないでください。
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com