-
たまに名作と思えるCMがあります。

最近は(少し前からですが)大沢たかおのCM、『沁みわたれ』が気に入っています。

これを見るたび普段は忘れている人生の意味、世界の壮大さを思い出し、熱い感情が湧いてくるのは私だけでしょうか?





お酒のCMではありますが、握りしめ迸る果汁が「生命の滴」に見える。
あたかも、何か過酷な運命にさらされた人がその運命を乗り越え、生命を謳歌しているような映像に思えます。
(そういうコンセプトで制作されたCMなんだろうなと想像します)

このCMは、曲から受けるイメージで創られた気がしますね。詩の内容を超越した印象で。
曲: The Cinematic Orchestra 『To Build A Home』

/自己の欲求ばかり押し付けるストーカー、狂った暴力、殺人。日々低次元な意識に晒されている昨今、ふとこういうCMを見かけると救われる想いがする。水底から水面に浮かび上がり息をするように。
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★アンケートにご協力お願いします

管理用 anriy3@gmail.com