-
ツイッターで流れてきた心理テストをご紹介します。
占星術とも不思議な共通項あり。(ここは占いブログのため、占いの話を含みます)

2018/6/13  自分はINTPの要素も強くあると気付いたため書き直し。他に資料として占星術の解釈も文章を増やしておきます。


〔目次〕
16の性格診断テストとは
筆者結果「INTJ」について
サビアンシンボルとの不思議な一致
書籍紹介
グラフの読み方
追記 「INTJ」は天才か? 占星術と根本的な話

※診断サイトへのURLへ直接リンクしますが、アフィリエイトではありません。ご安心ください。

■16の性格診断テストとは


「16の性格診断テスト」とは、欧米で「MBTI」(Myers–Briggs Type Indicator)と呼ばれているポピュラーな性格診断テストです。
職業適性を調べたり、対人関係の改善のために有効とされています。
日本でも十年ほど前にポール・D・ティーガーの書籍で紹介されました。
残念ながら当時の日本ではあまり浸透しませんでしたが、最近はツイッターなどでじわじわ流行ってきているようです。

オンライン診断『16Personalities性格診断テスト』(無料)
https://www.16personalities.com/ja

この診断テストは
外向or内向
感覚or直感
思考or感情
決断or柔軟
の4×4=16で性格を16分類して分析します。
「感覚or直感 思考or感情」
というあたりを見れば、主にユング心理学がベースとなっていることが分かると思います。
近年ではテストを受けるたびに違う結果が出る場合がある、ということからこのテストの正確性を疑う声もあるらしいのですが、筆者の感覚では騒ぐほどの不安定さはないように思います。
少なくとも日本の「血液型診断」よりは遥かに正しく性格診断できているはず。笑
一応、占いではなく心理学ベースの「科学」ですから、占いが大嫌いな方にもお奨めです。

ただしご存知の通りユングは占星術に造詣が深い人です。
開発者はユング自身ではないですが、ユングの影響を強く受けたテストなのでこのテストの解説にも占星術の影響が色濃く観られる気がします。

実際、占星術で調べるところのホロスコープの解釈とも不思議な共通項があります。
占星術好きの方は比較してみると面白いはず。

以下いつもの通り、筆者をサンプルとして貼っておきます。
解説文は特に説明のない場合、上のサイトから引用しました。


■「INTJ」の結果について


私は昔調べた時は【INTP】だったのですが、今診断を受けてみたら【INTJ】と出ました。
「受けるたびに違うから信ぴょう性がない」との指摘通り違う結果が出てしまいましたが、PJの違いしかないので、さほどの不安定さは感じません。
この程度の誤差なら、年齢や環境、その時の気分でも生じるものでは?

Pは「知覚/柔軟さ」、Jは「判断/計画派」の違い。
私の場合は確かにここが環境によって変わることが多いし、自分でもどちらが真実の自分か分からない。
たいていの物事に柔軟で伝統にはこだわりませんが、重要な仕事や信念に関しては「絶対に譲れない」という頑なさを持つことがあり……、まさに「臨機応変が苦手」となる。
つまり、対象の重要度により変わる。かな。

※2018/6/10追記 その後、こちらの記事で文体により分析してみると、自分はINTPの要素も充分にあると感じました。もしかしたら混合型かもしれません。
 ⇒「INTPとINTJの文体の違い」でタイプに迷いが生じる。混合型って、あり?
推測:PとJは対極にあるものではなく、混合型として表れる場合もあるのかもしれません。本家ユングが想定した性格分類は下記のみ。
外向 VS 内向
感情 VS 思考
感覚 VS 直観

ここに掲げた両者は確かに矛盾する関係であり、併せ持つことはできないと考えられます。しかしPとJはユングの設定ではないため、もしかしたら間違っているかも。(混合型が存在する可能性は十分にある)


現在の筆者の結果グラフはこちら。(2017/11/8に受け直した際のグラフ)
intj.jpg
内向の度合いが酷いですね(笑)。最近は内向が重症化しているようです。
※このグラフの読み方は記事下参照

INTJの解説引用
【INTJ 建築家 想像力が豊かで、戦略的な思考の持ち主。あらゆる物事に対して計画を立てる。】
https://www.16personalities.com/ja/intj%E5%9E%8B%E3%81%AE%E6%80%A7%E6%A0%BC
この上なく孤独、そして最も希少で戦略に長けている性格タイプのひとつで、INTJ型の人達自身、これをすべて痛いほど感じています。全人口のわずか2%を占めていて、特に女性が珍しく、全人口のたった0.8%です。自分と同じ考えを持ち、その飽くなき知的追求心や、まるでチェス試合のような駆け引きについていける人を見つけるのに苦労することが多いのです。想像力が豊かな一方で決断力があり、野心に溢れている反面、引っ込み思案で、驚くほど好奇心がありますが、エネルギーを浪費しません。

正しい心構えを持てば、必ず目標達成できる
生まれつき知識欲が強く、それは若年期に現れ、子どもの頃に、よく「本の虫」と呼ばれています。侮辱としてこう呼ばれているのかもしれませんが、このあだ名が自分にぴったりだと自覚するどころか、それを誇りにさえ感じ、自分が持つ幅広く深い知識体系を大いに楽しんでいます。

概ね当たっていますが、 「自信家」「野心家」というところだけ疑問。自分とは違うかなと思った。
少なくとも「野心」は自分の中をいくら探しても見当たらない。(だからお前はダメなんだよ、という声が聴こえてきそう)

「自信」については、もしかしたら真の意味での自信はあるのかもしれないです。
世間的な意味での自信、つまり「私は誰よりも才能があるんだ!」と思っていることは全く無いですが(私の口癖=「自分は無能」)、ただ「無能でもいいんじゃない?」とマイペースに構えている。
他人と競う気はゼロ。
おそらくこれが水瓶座的な自信ではないかと思います。
「自信」の定義が他の人と違うのかもな。

人口比率2%(女性は0.8%)は喜んでいいのか悩みます。確かに自分と同じ種類の人に会うことは難しく、ほとんどの人と話が噛み合わないという感覚を持っています。

>子どもの頃に、よく「本の虫」と呼ばれています。侮辱としてこう呼ばれている
この部分に笑いました、まさにその通りです。
侮辱で言われていることは知っているんですよ。笑
でも、「あえて」誇りを持つようにしているんです。他人にバカにされて一度は棄てようとした趣味、でも苦しかったのでもう二度と失いたくない。

大抵の人には理屈に合わなく見えますが、建築家型の人達は、明らかな矛盾であっても、それが少なくとも純粋に合理的な観点から見た時に、完全に理に適っている場合、それに従って生きることができます。例えば、最も夢想的な理想主義者であると同時に、最も辛口な皮肉屋でもあります。あり得ないほど相対する性質のように見えますが、これは、建築家型の人達が、知性を活かして努力し熟考することで、あらゆる物事が可能になると信じている反面、同時に、人はあまりにも怠惰で浅はか、または利己的なため、実際にこうした素晴らしい結末には至らないと信じているためです。しかし、現実に対してこうした冷笑的な見方をしてはいますが、いったん何かに興味を持つと、それに関連すると信じる物事を成し遂げます。
この通りだと思います。概ね共鳴します。

>明らかな矛盾であっても、それが少なくとも純粋に合理的な観点から見た時に、完全に理に適っている場合、それに従って生きることができます
その通り。
正しい意味での「矛盾がある」ことなら受け入れませんが、世の中の人たちが言う「矛盾」は正確な矛盾ではないことが多いと感じます。他人は勝手な「矛盾」を捏造するなと呆れることがよくあります。
たとえば「前世」などスピリチュアル系の話も、私は誰かに教えられた話を信奉しているわけではなく、自分自身の体験と分析から完全に合理的だという結論を得たので受け入れています。
他の人たちがどうして自分の頭でわずかも考えることもなく、誰かに与えられた情報を心から・しかも頑なに信じる信者になれるのか、私には全く理解できません。
このような人たちこそが、
>人はあまりにも怠惰で浅はか、または利己的
に見えます。
(スピリチュアルだけではなく、政治・科学など全てのジャンルについてこう思っている)

 関連記事:「既存科学」の信者も「他人の言葉を鵜呑みにする」という意味で宗教信者と定義される ⇒「スピリチュアルを信じる人は知能(知性)が低い」という話の危険性

規則や制限、伝統は、建築家型の人達が忌み嫌うものです。あらゆる物事は、疑問視され再評価される余地があるべきだと考えていて、機会を見つけると、論理的に優れ、時には配慮に欠けた、そしてほぼ例外なく型破りな自らの方法やアイデアを一方的に成立させます。
そうなんです。
だから平気で伝統やルールを無視し、「サイテー!」と怒られる。
※法律は無視しません。なぜなら法律とは本来、純粋に合理的なものだからです。伝統も尊重するほうが良いという理屈があれば、尊重します。私が無視するのは存在理由が不当なルールや伝統――たとえば強者を有利にするために作られた法律、何故その規則があるのか不明で支障を生じさせている規則――です。不当なものは改善すべきです。
そんなところが他人からは「柔軟」にも見えるのだろうし、自分でも「自分は柔軟だ」と信じていたのですが、意外と戦術は「計画型」で「臨機応変が不得手」か。
周囲の人は私について理解することが難しいだろうと思います。

INTJ型の人達の感情的な行動を嫌う性質が、心無いように映るかもしれません。架空の悪役(または誤解されたヒーロー)の多くが、INTJ型の人達をモデルにしているのは、このためです。
ううむ。
これは痛々しく当たっているな。
「誤解されたヒーロー」という部分が痛い。
本当に誤解され過ぎです。



他に、『キャラクター性格診断スレまとめ Wiki~INTJ』が分かりやすかったので引用しておきます。
筆者は太字のところが自分で当たっていると思うか、他人からよく言われます。当たっていないところは赤字で注釈入れておきました。
同じINTJの方は参考にしてください。
『mbti性格タイプ論の視点から世界を覗こう』(サイト消滅)を参考に作成
<特徴>
理知的独立志向本質を見抜く関連性や傾向をとらえる、可能性を信じて挑戦、内省的信念初心貫徹、美的センス、感受性合理的感情に流されない社会への洞察普遍的な影響力を求める、実用性重視、長期的視野、改善、秩序だった知識体系、精神的にタフ(?そうでもない)、コミュ力がある(??絶望的にない)、先見の明、自信がある、変わり者扱いは気にしないが正当な評価を求める、人をコントロールしたい(??思ったことがない。ただし無意識に指示は出しているかも)自然や神秘的なものへの探求

<欠点>
上の立場の人間に失望しがち(今のところ、失望せずに済んでいる。幸せなこと)
周囲の環境をありのままにとらえられず、視野が狭くなりがち
周囲への観察力や変化への対応力にかける
瞬間瞬間の臨機応変な対応は苦手
洞察が非現実的になることがある
視野が長期的すぎて、今現在をリラックスして楽しむことができなくなる
多様性や動的な世界の特徴を無視しがち

<不健全時に取りやすい行動>
現実逃避、無為に時間を過ごす、傲慢、皮肉、プライドが高くなる、自分を報われない天才だと思う、細かいことにこだわる、暴飲暴食(私の場合は食べなくなる)生活リズムが崩れる、テレビやゲームにのめり込む、衝動的または過度に禁欲的になる

http://character-seikaku.memo.wiki/d/INTJ より

>自分を報われない天才だと思う ここは特に苦笑しました。
自分を「天才」だとは思っていないが、報われないことは確か。
本当にびっくりするほど報われない人生です。(今は)
ほんの少しだけでいいから、能力に見合った人生が欲し、……かった。涙

「傲慢」については、ついこの間、一人の女性に言われました。危険なことについて危険だと指摘したところ「傲慢」と怒られたもの。
おそらく自分の行いが不当であっても「邪魔する者は敵」と思っている人にとって、本当のことしか言わない私は傲慢に見えるのでしょう。むしろ「おべっか」以外を受け付けない相手のほうが傲慢な気がしますが、そのような独裁者性格の人には、私は真っ先に処刑されるタイプです。/あるいは独裁者と対峙して戦いになるかもしれない。


■占星術解釈、サビアンシンボルなどとの不思議な一致


ところで面白い偶然だったのは、このテスト結果に「チェス」の喩えが出てくることです。
私の出生チャート(誕生時のホロスコープ)ではMCのサビアンシンボルが
射手座3度 チェスをする二人の男
なのですが、常々この意味は自分の現実において何だろう? と考えてきました。

一般的なシンボルの意味を言えば、この度数は「戦争における作戦能力」を表します。しかし私は今世で戦争にも、ゲームにもコンサルにも一切関わっていませんので、MC(=今世の社会的役割)としての解釈に悩むものです。
しかし、
INTJ型の人達は、人生を巨大なチェス盤と捉えていて、知性を活かしてじっくり考えながら絶えず駒を移動し、常に新しい戦略や戦術、危機管理計画を評価しながら、先手を打って状況をコントロールし続け、自分の動きを最大限に確保します。
と考えれば、まあ曖昧な意味でボンヤリと現世にも当てはまります。
具体的な職業などでお役に立てないことは悲しいのですが。

【追記】
一般的な占星術で観ても、この性格診断の結果と符合するところがあると思います。

筆者のホロスコープで最も影響力の強い星座: 水瓶座
「水瓶座」の解釈: 合理と創造性を併せ持つ。世間のルールを無視して大胆な発想をする変わり者。何かを決めると梃子でも動かない頑固さを持ち、“臨機応変が苦手”とされる。⇒もう少し詳しい水瓶座の解釈

この水瓶座の解釈は、NTPとNTJの混合であると私は感じます。
(なので両方をミックスした占星術サインの性格解釈のほうが正確で、高度だと感じる)

なお私は『水瓶座』というサインが強いホロスコープのため分かりやすいのだと思いますが、誰もがこのようにサイン単体でシンプルに解釈できるとは思えません。
複雑に絡み合った多数サインの要素が、現世において表面に現れ、こういった性格分類にて分析されます。
ここに書いた話にこだわるのではなく、参考までに留めてください。



書籍紹介


こちら「新装版」とありますが、古い書籍なので楽天では取り寄せになるようです。
中古本はアマゾンのほうが豊富かもしれません。



グラフの読み方


グラフについては、たとえば「自己主張型or慎重型」「論理型or道理型」などの名称は日本語のニュアンスと少し違うようなので下記引用を参考に読んでください。

『私たちの理論』https://www.16personalities.com/ja/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E7%90%86%E8%AB%96 より
意識
どのように他人を関わりを持つかを示します。

● 内向型の人は、単独行動を好み、話す前に考え、他人と関わると疲労困憊します。
●外向型の人は、集団行動を好み、話しながら考え、他人と関わることでエネルギーを得ます。


エネルギー
どのように物事を見て、情報を処理するかを示します。

●直感型の人は、想像力が豊かで直感を頼り、考えに没頭し、今後起こり得る出来事に注目します。
●現実型の人は、現実主義で感覚を頼り、実際の物事に没頭し、すでに起こった出来事に注目します。


気質
どのように意思決定を行い、感情を処理するかを示します。

● 論理型の人は、厳格で知性に従い、客観性と合理性を重んじます。
●道理型の人は、繊細で気持ちに従い、調和と協力を重んじます。


戦術
どのように仕事や計画を進め、意思決定を行うかを示します。

●計画型の人は、決断力があり、明確なルールやガイドラインを好み、締め切りを絶対的なものと見なし、完結を求めます。
●探索型の人は、即興に非常に長けていて、選択肢を残しておくことを好み、リラックスしながら働き、自由を求めます。


アイデンティティ
アイデンティティは、他のあらゆる側面を支持していて、能力や決定に対する自信の度合いを示します。

●自己主張型の人は、情緒が安定し、落ち着きリラックスしていて、物事に対し悩みすぎません。
●慎重型の人は、自意識が強く、人目を気にし、成功願望が強く、完璧主義者です。


余計なことかもしれないが、「合理型」「道理型」は本来の通り「思考型」「感情型」と定義すべきだと思う。合理と道理は対極にあるものではない。
究極の道理は合理である
(感情に流され周りと調和することが「道理」だと思うのは大間違い。時には感情を絶ち、集団に反してでも守るべき「道理」がある。これはたいてい、「究極の合理」と等しい)



■「INTJ」は天才か?


追記です。
「INTJは天才型」と言われているようですが、果たして現実にどうなのでしょう。

このテストは性格診断であって能力診断ではないので、能力を調べるために使うのは疑問です。
ただ「知的」で「孤立しやすい」などのINTJの特徴を並べてみれば、確かに天才「風」ではあります。あくまでも「風」です。笑
もちろん「性格が能力を作る」ということも、あると思います。
広範囲の知識を積み重ね、学業や仕事に没頭していけば、いずれ他人から「天才」と呼ばれるような能力が身に付くのかもしれません。

占星術的に言えば180度が重なるグランドクロス、逃れられない宿命を表すYODなど、緊張を強いられる角度を持つ人に「天才」と呼ばれる人が多いようです。

要するに、魂として苦労を強いられる状況こそが能力を高めるのだと言えます。
長期の視点から見れば、天才とは100%努力の結果です。

よろしければこちらもお読みください。⇒「天才」とは何か 2017年考

〔16の性格に関連する記事〕
INTJとされる著名人たちは誰? リスト
16の性格(MBTI)日本における各タイプの比率
「INTPとINTJの文体の違い」でタイプに迷いが生じる。混合型って、あり?
INTJなどで「性格悪い」と検索している人たち

2018年6月10日 追記
関連記事
吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com