-
少しだけ世間話。

たぶん有名なことだから禁忌に触れてみる。
(きっとネット上にはこの話が溢れているだろうし)
深入りはしないので、適当に読み流してください。

ビットコインが急騰しているらしく、皆様一斉に飛びついている。でもそれはチキンレースに参加するようなもの。安易に欲望で流されないほうがいいと思う。
間もなく「金融リセット」が近付いているとの噂が流れている。/だからこそビットコインに飛びつく人が多いのかもしれないが、なおさら危険では。
いつも陰謀論者の話は当てにならないが、今回は筋が通る。
もし世界トップが占星術のチャートを眺めているなら、影響される可能性がある。意識的にも無意識的にも。

だとすれば今回はリーマンショック時の比ではない、価値観の転換を迫られるほどの変化が起きるのだろうね。社会制度の改革に繋がるような。
たとえば戦争も。夏の危機は他の国々が抑え込んだみたいだが、今トランプ氏はやる気満々。

これは有名な図。冬至ちょうど、東京。
すごいな、冬至ちょうどでこんな図が見られるとは。「きれいだ」と思ってしまったのは私だけだろうか? 土星が絡む、恐ろしさもある美しさ。「リセット」と呼ばれるに値する。
20171222.jpg

個人的にはこの辺りが現実に危険かなと思った。
20180109.jpg
これもまた特異な図。
冥王星×太陽×金星合、この恐ろしさは言うまでもなく、火星×木星合も背筋が寒くなる。海王星も強い。

冥王星・金星と言えばアメリカがイメージされる。
冥王星が太陽系惑星から消されたのには理由があって、何か今後アメリカ的にまずかったからなのかとも想像したりする。

※こちら、→「古代人で冥王星クリーンヒット」の記事で書いた通り、占星術はあくまでもその準備が整っている状態を指します。100%現実化するわけではないから心に留める程度でお願いします

この記事の、続きの呟き
●これが“価値観の変化”?「アメリカ国防省UFO調査」

関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★アンケートにご協力お願いします

管理用 anriy3@gmail.com