-
久々に堀江氏のツイートで軽く炎上しているのを見かける。

上の発言で私が引っ掛かるのは、「歌手とかタレント、モデルの子」たちから「俺は応援されている」と自慢しているところ。本当なのか?と疑ってしまうし、もし本当だとしたら少々不快に感じる。最近はお金儲けが好きな人が多いから、仕方ないとも思うが。(いずれにしろ、どうでもいい)

しかしコメント(リプ)を見ると、皆さんそこに反発しているのではなくて、「有名人たちが何も本当のことを言えないと悩んでいる」というところが気になっているらしい。

一般人:「有名人には有名税があるんだから何を言われてもやられても耐えるべきだ」
VS
有名人:「有名人も普通の人間だから人権がある。プライベートでは普通の人間として生きたい。発言も自由にしたいし放っておいて欲しい」
の構図か。

頻繁にこのバトルでネットは盛り上がるね。
こういう訴えをした有名人たちは必ず徹底的に叩かれる。叩いている人たちは一般人としてのやっかみもあるのだろうし、日ごろネットで芸能人の悪口を書きまくっているから保身目的でもあるのだろう。

私はどちらの意見に賛成か? と言うと、有名人のほう。(私自身は一般人だけど)

皆さん曰く、
「芸能人たちは自分で有名になろうとしてデビューしたんだから、ある程度の不自由は“有名税”として我慢すべきだ」
というのも分からなくはない。
だけど皆さん、あまりにも有名人に対する扱いが酷過ぎるよ。

人としての最低限の道義を守らない、酷過ぎる悪口をネットに書き込まれるのは当たり前。
道を歩いていても、喫茶店に入っても監視されている。プライベートが全くない。
不倫しただの何だのとプライベートで問題があれば、メディアは自宅へ殺到して取材攻撃をかける。そして連日テレビで悪口を言い続け、社会的に処刑する。それは信じ難く圧倒的な暴力で、人権を徹底的に破壊する行為。

「有名税」などと言うが、とうてい釣り合わない。
人間として耐え得る限度(受忍限度)を遥か遥かに超える精神的虐待だ。

自分がそういう目に遭ったらどんな気持ちになるか。生涯、どこにも逃げ場がなくプライベートを完全に失う拷問の日々を「有名税」と呼んで喜んで受け入れられるのか?
なんて、想像することもできない人たちが有名人の悪口を書き込んでいるのだろうけどね。
と言うより相手を苦しめていることが分かっているからこそなおさら、楽しくてたまらないのだと思うが。

て、一般人の私が有名人を擁護しても説得力ないな。笑

以下は妄想語り。要注意。



私には、有名人側の気持ちが分かるので有名人側を擁護してしまうのかもしれない。
何故分かるのかというと、言うまでもなく「前世の記憶」という、皆さんが仰るところの「妄想」が原因だが。

妄想かどうかはともかく、現に私自身に「有名人」だった頃の記憶はある。それに現状、オモチャにされているあれがかつての自分なのだと考えると、腹が立つこともなきにしもあらず。
最近はネタとして一緒に笑うことにしているが、これは頭の中で「他人」と切り分けることができるようになったから。
もっと感覚が一致していた昔はとても笑えなかったし見ることさえできなかった。正直、傷付いたこともたくさんあった。

>うっかり有名になどなるものではない
というネットの意見は完全に正しい。
(私の場合、願って有名人になったのではなく現実として「うっかり」そうなったのだし)

だが現代の有名人の苦悩に比べれば、私ごときの体験は幼稚園児のいじめレベルだろうと思う。現代の有名人さんたちには笑われてしまうほどの微かな痛みだろう。

どれほど有名であっても古代では顔が知れ渡ることは絶対なかった、というのが現代との大きな違い。
過去の私はその気になれば散歩できた。実際たまに外へ出て散歩していた、部下たちにものすごく怒られたのだけど。
道で誰かに会っても誰も私とは気付かない。だから体は自由だった。城から逃げて名を変えれば、完全なるプライベートを得ることができていたと思う。(そうすることはできなかったが)

あと、大衆の規模が違うと思うな。
現代は一夜にして一億人に顔と名前が知れ渡ることもあるが、当時は名を知られると言ってもせいぜい数百万人~ 多くて数千万人程度。
それでも、あれほど辛かったわけだ。現代まで傷を引きずっているほどに。

だからなおさら、現代の有名人を眺めていると「可哀想に……可哀想に……」と思ってしまう。
全国民に顔が知られてしまうだけではなく、SNSで24時間監視の目にさらされている辛さは想像を絶する。
しかも自分に関する噂話がなんとなく耳に入ってくる程度ではなくて、エゴサーチすれば直接に誰かの憎悪に満ちた悪口を目にすることになるわけだ。
信じ難い状況。
人間が耐え得る限界を超えているのではないか?
私だったら耐えられないと思う。想像するだけで恐怖で吐いてしまいそう。

いやむしろ、ここまでくると人間の感覚が追い付かず、逆に感覚が麻痺して「悪口には何とも思わない」境地に達するのかもしれないが。
実際そう言って笑う芸能人もいるにはいる。
でも時々、十代の女の子たちまでネットで吊るし上げられ、オモチャにされているのを見かけると私はどうしようもない心の痛みを感じる。
まだ人生これからの若い子たちが人生を失う。時に自殺して命まで失ってしまうとは。なんという酷い暴力に満ちた世の中。
それなのに吊るし上げた殺人犯たちは「有名税。自業自得」と言って楽し気に笑っているだけだ。

人間はどこまで残虐になれるのだろうか。
この圧倒の暴力を防ぐ手立てはないのか?


受忍限度を超える報道やネットの悪口について、人権保護の観点から法整備をすべきだ――このような主張は何度も叫ばれてきたが、「有名税で耐えるべきだ」という多数意見の圧力によって消されてきた。
これからも有名人の人権が保護される日は永久に来ないのだろうか。
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★アンケートにご協力お願いします

管理用 anriy3@gmail.com