-
先日の「有名税」と受忍限度の話、続き。
堀江氏が妙にがんばっている。
今回だけは堀江氏に完全同意。

>ベッキーの頃は持ち上げてる奴らばっか。俺だけがベッキーの頃からクソ文春と言い続けてきた。

え、意外。私の周りにいる人間は全員「下衆文春、下衆テレビ」と思っていたが。
不倫報道が正義だと本気で思って持ち上げていた人々がこの世に存在したの? まじで? 
購入している人々は「クソ文春」であることが分かったうえで、同じ下衆仲間としてシンパシィを感じ慰め合っているだけだと思っていた。

文春も下衆だが、有名人の悪口が大好きな大衆も下衆。
下衆が記事を書き下衆が買う。言わば同じ種類の下衆同士の互助会サイクルに過ぎない。

本能で悪いもの、汚いものが大好きな人々が現実にいるわけだ。
無辜の民を虐殺する、残虐な行為そのものに性的魅力を覚えて、ヒーローとして崇拝してしまう人々さえいる。
やっかみ、憎しみだけに生きて人生を終える人々。
自分とは何ら関係のない遠くの有名人に心の底から憎悪を向ける人々。……
この人たちは何か、人間とは別種の生物という気がするよ。


そう、不当な悪口で人の人生を叩き潰す。それは殺人に等しい行為。
いや、心を潰し魂を傷付けるのだから殺人以上の罪では?

関連記事
吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com