-
〔検索で来られた方へ〕 ショートカットです。⇒孔明の星座は?


先日、「諸葛亮について記事を書き過ぎて恥ずかしいからしばらく休む」と書いたがその後、撤回しています。なんとなく一部の方に期待されている気がしたため。恥ずかしいのは事実なのですが、今さらですね。このジャンルの記事ばかり書き、興味のない方には本当に申し訳ありません。

昨夜こんなサイトが目に留まり、気になって仕方なくなりました。
 ⇒三國星座學|諸葛亮居然是處女座
 (訳: 三国志星座学。諸葛亮は実際、乙女座だった)

上サイトの何が気になったのかと言うと、(相変わらず三国志関連のセンスがダサいのは諦めるとして)なんといっても星座の解釈の適当さ、です。
「中国人も西洋占星術をやるようになったのか。時代は変わったな」という妙な感慨もある。
彼らが我々と同じ占星術を学ぶようになったのは嬉しいのですが、まだ詳しい知識が浸透していない気がしますね。この星座解釈の適当さはどうにかしていただきたいな。

1/27修正、追記

〔目次〕
諸葛亮の星座
関羽の星座
張飛の星座
趙雲の星座
劉備の星座
曹操の星座

hoshi.gif


■上サイトの「孔明の誕生日」と「星座」は、違うと思う


まず冒頭から、上サイトでは諸葛亮の誕生日の西暦変換が適当過ぎる気がします。
7月23日が、9月17日?
私も自分でハイスペックな暦ソフトを持っているわけではないので堂々とは言えないのですが、いくらなんでも二ケ月近くずれる、ということはないと思います。
もしかしたら、「獅子座」があまりにも当たっていないから、暦のほうでこじつけていないかな?

諸葛亮の出生日は陽暦で8月半ばが妥当。
夏の盛り生まれ、ということで、伝説的にも感覚的にも妥当だと思います。
正確な出生日は、前に引用した通りプロ占星術師の先生による変換月日で正しいと考えています。⇒出生日推定と詳細ホロスコープはこちら参照

仮に上サイトの「9月17日」が当たっていたとしても、太陽星座なので性格そのものと解釈するのは違うのですが。
それにしても星座の解釈そのものが、いい加減過ぎるように思います。
諸葛亮鞠躬盡瘁死而後已,穩紮穩打的性格,這跟處女座最大的特徵、仔細、忠誠和追求完美的特徵非常相像,由此可見我們一直膜拜的諸葛亮居然是處女座!
ざっくりした訳:「諸葛亮は安定した性格で、細やかで忠誠心があり、完璧を求めた。これはまさに乙女座である!」

乙女座が繊細さと完璧さを持つ、と言うのは正しい。そして乙女座は確かに、ルール原則を守る。
だから諸葛亮は一見、乙女座的にも見えるかもしれない。
だけど彼が「完璧」かどうかは疑わしい。「詰めが甘い」と言われる諸葛亮を乙女座ということにしたら、乙女座の方々に失礼。(ごめんなさい、乙女座の皆さん)

乙女座はもっと遥かに繊細で潔癖、几帳面。品格も高い。
「テキストを流し読みして二度と読み返さない(諸葛亮の記録より)」ことなど、乙女座だったらあり得ないですね。
それと乙女座は柔軟宮だから、少し頑ななイメージはあっても、信念にはしがみつかない。乙女座だったら歴史家に「臨機応変が不得手」の評は与えられないと思う。

あと、諸葛亮に関する最大個性「独特の発想を持つ」という特徴はどこへ行ったのでしょうか?
全性格が乙女座だとすれば「変わり者」や「独特の発想を持つ」などという評価は、あり得ないけどね。

なお諸葛亮の星座、詳細分析は上にリンクしたホロスコープ推測の記事下参照してください。

他に参考となりそうな記事: 「孔明ってどんな人?」の質問に回答。諸葛亮の性格まとめ


――せっかくだから他の人物の星座も推測してみましょうか。
私はフィクションの人物像をほとんど知らないので、現実的なイメージからしか考えられず、それは皆様のイメージとはかけ離れているでしょうが。

あと、諸葛亮以外はどなたも出生の年月日が分かっていないので、さすがに詳細なホロスコープ推測は無理。
以下は性格から、なんとなくベース星座を推測しただけに留まりますのでご了承ください。

※ベース性格はアセンダント星座(上昇宮)とします。理由: 上昇宮 最重視論

■関羽の星座

上サイトによれば
關羽出生已經沒有明確的記載,但民間傳說關羽的八字是戊午年戊午月戊午日戊午時,午月是農曆五月,換算成陽曆大約在6月上旬至7月上旬之間,照此推算關羽不是雙子座就是巨蟹座。
だそうです。
訳:「関羽の正確な出生日は分かっていない。民間伝承によれば~陽暦でだいたい6月上旬から7月上旬の間。双子座か蟹座」
そうだな、生まれた月日はおろか年も分かっていない。実は本人も分かっていたかどうか。
太陽星座は、双子座のイメージかな? 内面はともかく外面的にはスマートなイメージがある。怜悧な切れ者風。

しかし内面はとてつもなく優しく、懐が深い。ハートは熱い。情にも厚い。偉大で尊敬できる父親のイメージ。
ベース性格となるアセンダントは、少なくとも火の星座や風の星座ではないでしょう。
水の星座で、蟹座ということもあり得るが、そこまで神経過敏でウェットではない。
内面が剛毅の大物かつ優しい家父長、ASC牡牛座のイメージだな。私は。


■張飛の星座


上サイトでは省かれている? 出生日も人格についても、あまり正確な記録がないから仕方ないですね。
記録で裏付けられないので私も言いづらいのだけど、何故かASC獅子座のイメージです。
トランプ的な横暴なタイプではなく、明るく無邪気で憎めないほうのタイプ。存在するだけで場が明るくなる、獅子座の長所を持つ感じ。(たぶん、機嫌が良い場合)


■趙雲の星座

彼こそ、ASC乙女座です。間違いない。(断言)
細やかで完璧を求め、几帳面かつ規則に忠実。
そして王子様のような品格を持つ、模範的人物。
乙女座とは、この人のような人のことを言うのですよ。

双子座や天秤座も、遠目にはイメージとしてあるが、どうか記録を読んで確かめて欲しい。彼の恐るべき几帳面さを。
しかし乙女座の信頼感は絶大です。

拙著宣伝:
shiryumini.gif
これは私のイメージを描いた小説ですが、裏付ける記録も書き込んでいます。参考になれば幸い。


■劉備

雙魚座的可能性最大,因為雙魚座男人最愛哭。
劉備が魚座? あり得ない。そんなナイーブなタイプではない。笑
(フィクションでは泣いたりする人物として描かれているのですか? 信じられない。キャラ間違い過ぎ)

彼はASC射手座です。断言。(笑、ちょっと手を抜いている)
あるいは、月が斗宿だと思う。
何故ならば、彼ほど闘争心の強い人間は他にいないから。
根は優しい正義漢。偽善と言われようと敵がどれほど強かろうと、正義を貫き真っ直ぐに飛ぶカリスマ。
ただし「矢」のイメージそのまま壁に当たると弱い。決して人前で涙を見せることはないが、内心は純真なため傷付き折れやすい。このため彼を支える友人が表れる。
『少年ジャンプ』的ヒーロータイプ、永遠の少年というイメージがある。


■曹操の星座

曹操は寒い時期に生まれたことから、上のサイト主さんは「水瓶座」だと思っているらしい。
水瓶座平時很友好,但是非常時期,也非常殘暴。
訳:「水瓶座は平時は友好的だが、非常時になると非常に残虐で横暴」……って、いやいや(苦笑)。ひどい解釈だな、あり得ない。どこで占星術を習われました?
水瓶座に「残虐」という解釈など、全く無いよ。
感情を抑えた行動をするために「冷酷」という表現をする場合はあるが。

まして人道主義の水瓶座が、自分の個人的な感情に任せて無辜の民を殺すなど間違ってもあり得ない
(自分の感情に任せて、というところがポイント。水瓶座が自分の感情だけで行動することはない、まして無意味に残虐行為をすることはない)

1/27修正:
上のサイト主さんが「水瓶座は残虐」と思っているのは毛沢東が水瓶座だったからか、と誤訳してしまったのだけど、そうではなかった。
調べたところ毛沢東は山羊座。上サイトでは毛沢東について「残虐」と言えないために、曹操を水瓶座ということにして「水瓶座は残虐」と言っただけであるらしい。つまり、今の政府が英雄と称える毛沢東に悪口が言えないので他星座に濡れ衣を着させただけ、最低だな。
因為能成就這麼大的霸業,必須有他那樣的毅力,而且曹操文學造詣很高,這點和摩羯座的毛澤東同志很相似。
訳:「これだけ偉大な覇業を成すためには(毛沢東同志と同じように)意志の力が必要である。また曹操は文学に造詣があり、これらのことは山羊座の毛沢東同志に似ている」
だとすれば、太陽・山羊座とすべきなのでは? 
実際、曹操と毛沢東は似た行動をしている。あのような独裁者としての社会行動は、太陽・山羊座らしいと言える。
ただいずれにしろ、太陽星座は本人の性格とは言えない。(行動に過ぎない)
それに異常な環境下での殺戮行為は、星座では説明できないだろう。異常なのだから。

言っておくと、自己中心的で手あたり次第に人を殺し・殺人そのものも楽しめるようなサイコパス的人格は、星座だけでは語れない。(アスペクトには表れることがある。差別になるから書かないけど)
殺人を好むほどのサイコパスは「人格障碍」。
人格障碍者の場合、そういう異常性を差し引いて奥に見えるベース性格だけ眺める必要がある。

曹操のベース性格を表す星座について。
私は曹操についてはイメージしづらいのだけど、遠目に見てASCが蠍座という気がする。
何故なら戦争の進め方がナポレオン(ASC蠍座)に似たところがあるため。人を心酔させやすく、崇拝する信者を集めやすいところも。
すぐカッとなりやすいところも、水星座である蠍座の雰囲気がある。水星座があまり良くない感じで現れた人格、という気がするね。
追加: また曹操は気に入った相手は誰でも登用した。劉備にも関羽にも惚れ込んで執着している。惚れやすい性質を持ちながら、些細なことで「裏切った」と言って簡単に処刑。このように人に執着しやすいが、相手が全面的に自分を受け入れない場合は怒って攻撃するのは、蠍座が悪く出た典型。
(もちろん、蠍座の人が全てこうなるという意味ではないから誤解しないでください。各星座それぞれに良いタイプ、悪いタイプ、とあります)

ちなみに孫権ら呉の人々はよく分かりません。イメージできません。
またいずれ、余裕があれば記録を調べつつ推測してみます。


以上、気楽な雑談でした。
あまり詳しい分析ができず申し訳ない。とりあえず今はこれが限界。

真夜中の投稿なので誤字などあったらすみません。現在3:55。眠いから寝ます。お休みなさい。


関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお気軽に。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★アンケートにご協力お願いします

管理用 anriy3@gmail.com