-
拙著『子龍のこと』にアメリカからレビューをくださった方がいたようで、感激感謝致します。

Mattさん:
Learning japanese, need to learn kanji, giving this a try.. 4 star!!
ですよね……、日本語って漢字があるから読めないですよね。

(それなのに何故4つ星評価をくださったのか謎なんですが、もしかしたらウェブ公開していた時に英語訳で読んでくださった方でしょうか?)

Kindleは翻訳機能なかったですっけ。申し訳ない。

以前から『我傍』も英語訳(中国語訳も)で出したいなと思っていたものの、小説の翻訳は難しいらしく、日常会話が流暢に話せる程度では無理なのだそうです。
プロの翻訳家へ依頼すると、とても高額になります。
自費出版するより遥かに高いです。涙
だからいつか自分で翻訳できるように勉強したいなと思うけど、そんな残り時間はこの人生にない気がする。※
宝くじが当たるか、出版社の方に目を留めていただけるか(無いね。笑)、そんな奇跡があれば翻訳版を出します。


※もうすぐ死ぬという意味ではないので念のため。外国語を勉強する時間くらいはありそうだが、小説を翻訳できるくらい極めるまでの時間がない。そんな時間があるなら、日本語で新しい文章を書いていきたいという意味。
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com