-
・translate 翻譯
のどかな梅の写真から一転、少し嫌な現実を書いてしまいますが。

ネット上で嫌がらせを受けた時の証拠の取り方』というnote記事があったので拡散させていただきます。
法律知識のない一般の方にも、とても丁寧で分かりやすいご説明だと思う。ブラウザでの取得方法を具体的に示されているのがとてもいい。
ぜひ拡散願います。
(上のURLか、下のツイートを。当記事でも構いません)


元記事より引用。
Twitterや匿名掲示板などネットで嫌がらせを受けている方が多く見受けられます。中にはあまりの酷さに耐えかねていつか自殺でもしてしまうのではと心配になるようなものまであります。かくいう私も夏から嫌がらせを受けており、同じような悩みを持つ方へ向けてこちらを書いております。当方、年末にこういったツイートをさせていただきました。

>中にはあまりの酷さに耐えかねていつか自殺でもしてしまうのではと心配になるようなものまであります。

全く。本当にそうです。現代は酷い。
「理屈に合わない悪口をよくここまで捻りだせるものだな」という酷い罵詈雑言を目にしたとき、人間はここまで腐れるのかなと呆れます。
ああいう悪口を書いている人は、相手が自殺したら手を叩いて喜ぶのだろう。

悪口を書く者だけが調子に乗ってやりたい放題の世の中、なんとかせねばなりません。
ネット活動されている方、有名人の方々、ぜひ泣き寝入りせずに訴えて損賠賠償を請求してください。


【追加情報】
上の記事に付け加えると、そのURLに掲載されていた年月日が重要になりますので、魚拓やインターネットアーカイブで取得できるなら取得しておいてください。
取得後、その取得ページを(日付が表示されている状態で)PDF化します。
これを本体のURLで取ったPDFとともに保存しておきます。

とりあえず、被害者の方にはここまで証拠保全してもらえれば充分です。

あとはこの証拠を持って、弁護士さんの元へ行きアドバイスを仰ぎましょう。
弁護士のなかにはネットに詳しくない人もいます。
ネットに不慣れな弁護士に依頼すると、その弁護士もろとも悲惨な結果になることがありますので、依頼する前によく調べてください。

⇒弁護士ドットコム
等のポータルサイトで経歴が長く、活躍されている方がいいかもしれません。

お金のない方はとりあえず、こちらに相談してみてください。
⇒法テラス

当ブログ内関連記事
誹謗中傷の罪と罰
アマゾンレビュー開示請求
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com