-
検索していて、こんな記事を見つけました。

『偉大なるダメ人間シリーズその2 諸葛亮』
http://trushnote.exblog.jp/14529083/
漫画『蒼天航路』に描かれた孔明が、一番実像に近いのではないかという気もします。
まさか。最も実像から遠いと思う。強気過ぎる。笑
マンガ作品の中で唯一実像に近いのはたぶん『時の地平線』です。あれも若干、強気だが。
キモオタ引きこもりの大軍師
現在現実のオタである記事執筆者がどの立場から仰っているのだろう?
社会不適合者の好んで歌うアニメソングなどを口ずさみつつ
アニメファンに酷い差別心があるね。アニオタは「社会不適合者」なの?
アニオタが市民権を得てお洒落な人も多い昨今、歴オタのほうが世間で「キモい」※と引かれていると思うが。

※私自身は歴史が好きなだけの善良な人を「キモい」とは思いません。史実を詳しく調べている誠実な人は尊敬します。ただ他ジャンルの人をバカにして罵倒し暴力をふるったり、歴史人物の悪口を捏造し続けている人は軽蔑する。そのような人道に反する人たちのほうが「社会不適合者」でしょう。現実に、『蒼天航路』信者が起こしている名誉毀損事件、暴行事件は多い。伝説的な炎上事件を起こした自称「三国オタ」も『蒼天』ファンの曹操信者だった。あのマンガを読むと指導者(共産中国)に性格行動が似てしまうのか。ここまでくると「社会不適合者たち」と言うよりも、「反社会的人物たち」です。
わずかな知り合い達が、流浪の身であった高名な将軍、劉備に対し、彼が有能であると吹き込んだおかげで、彼のひきこもり人生に転機が訪れ
誤りの歴史です。『正史』ではありますが歴史家たちが研究している通り、ここはフィクション。(知識もないのに知ったか記事を書かないで欲しい)
キ○ガイすれすれのひきこもり
引き篭もりを「キチガイ」と呼ぶ。凄い差別主義者だな。

劉備の器量には感嘆を禁じ得ません。歴史上の意義という点では、曹操に劣る地位しか占めないものの、
この嫌味によって、ご自分が魅力を覚えてやまない曹操サマを全力で持ち上げ。敬虔な『蒼天航路』信者ですね。参考⇒チキンほど独裁者を崇拝する。そして簡単に騙される
参考資料
 正史三国志;陳寿著 今鷹真/井波律子/小南一郎訳 ちくま学芸文庫
何かの勘違いだな。参考資料は100%『蒼天航路』でしょう。

いやあ、さすがにこのフィクションを鵜呑みにした悪口は酷い。
私はいつも書いていますが、史実に基づく正当な批判をするのは良いと思う。
しかし自分勝手な妄想で捏造した悪口はアウト。しかもその目的が、愛する教祖様・曹操の評価を相対的に引き上げるための策略とは呆れる。
この歪んだ目的での誹謗中傷は、刑法で罰せられなくても人間として罪がある。

皆様はどうか最低限の人道を守り、人として正当な評価を願います。

★史実に基づく話はこちら。⇒「孔明ってどんな人?」に回答。史実のエピソードで眺める、諸葛亮の性格とは


【関連記事】
・独裁者萌えな人たちが、悪行を完全無視できることの不思議
・曹操はブサイクだった? 織田信長とイメージを重ねるのは誤り
関連記事
吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com