-
最近は延々と皆様の興味のない話ばかり書いている。
中華ジャンルの記事に興味を持たれない方々(閲覧者の99%)にとって、このブログは更新停止したも同然なのだろうと思った。笑

ま、興味のある人だけ見てください。

前記事で
さっき検索で知ったのだが、長安のセットは襄陽に建てたらしい。
襄陽……、なるほど。ではあの空気感、雨の降る景色は襄陽のものか。
一瞬、「京都?」と思ったりもしたのだが、確かに日本とは空気の色が違うな。
などと書いた。何故か私には襄陽が雨の多いイメージだったから。

先ほど調べたら、襄陽の年間降水量は東京よりも少ないらしい。
(そもそも全体に日本の都市のほうが圧倒で降水量が多い)
「雨が似合う」印象だったのでそんなイメージができたのかな。こういうこともあります。

それでふと思い立ち、インスタグラムで襄陽市内『古隆中』の写真はないだろうかと調べてみた。

昔、本で写真を見た時は「汚い公園」のイメージで興味が持てなかった。申し訳ない。
今見たら、少し良いなと思える写真もあった。
良いと思った写真を引用コレクションしてみます。


この公園は概ねフィクションのテーマパークと思ってください(住んでいた場所は近いがここそのものではない、と思う)

これは美しい。写真が上手い方の撮影。(失礼、たぶんプロの方です)
実際の池はたぶん、こんなに美しくないと思うが。笑



こちらが公園の全景かな。やはりあまり整備されていないのが中国っぽい、笑


続き>>


関連記事
吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com