-
MBTIの話題、もう少し続けましょう。私はこのテストの専門家ではないから、自分のタイプであるINTJについてしか話せないのは申し訳ないけど。

book.jpg

皆様が最も気になるのは、「自分の属するタイプの著名人は誰?」ということかもしれない。
ここにINTJではないかとされる著名人として、よく挙げられる名を引用しておきます。
※敬称略
(アメリカ人)
ジョン・F・ケネディ
コリン・パウエル
ミシェル・オバマ
アーノルド・シュワルツェネガー
イーロン・マスク
サマンサ・パウアー
クリストファー・ノーラン

(東洋人)
徳川家康

(創作)
ガンダルフ〔ロード・オブ・ザ・リング〕
夜神月〔デスノート〕
暁美ほむら〔まどか・マギカ〕
ムスカ〔天空の城ラピュタ〕
諸葛孔明〔Fate/Grand OrderのエルメロイⅡ世〕

★参照サイトは下記
創作キャラは世代的にほとんどついていけない。笑
このため、筆者が分かるものと納得できるものだけ挙げてみました。

現実の東洋人、少ないですね。
挙げられているのが家康だけという。しかも筆者は、家康はINTJではない気がする(よく分からないので撤回しておきます)。
元々INTJは少ないのですが、東洋ではさらに少ないようです。
特に「和」を第一とする日本では、「和」や既存の価値観を乱すINTJは杭が出る前に打たれるどころか潰される。このためINTJが世の中に出る機会は他国より少ないと思われます。

アメリカ人にしても、実際テストを受けた結果なのかどうか定かではありません。
診断テストのサイト、『16Personalities』ではかつて「ヒラリー・クリントン」が挙げられていたのですが、今は削除されています。おそらく推測で載せているだけなので、違うと判断されたら削除するのではないかな。

以下、少しだけ分析してみます。

3/18 否定の人物を少なめにしました。コリン・パウエルなど友好的人物について「IではなくEでは?」と考えていましたが、もしかしたら単にAタイプなので温和なだけかもしれない)

〔否定〕ヒラリー・クリントン

彼女はやはりINTJではないだろう。積極的に大統領選に出るところ、また演説のうまいところ、等々明らかに「E(外向)」タイプ。また演説では理想を語るため「N(直観)」優位に見えるが、本心からではないように見えるので憎まれている。この点から、感覚優位タイプかもしれない。なのでESTJとか。
夫のビルのほうが「I(内向)」タイプと感じる。ただビル・クリントンは臨機応変の達人(悪く言えば行き当たりばったり)だったし、国民のニーズをつかむ天才だったそうなので思考ではなく感情優位、INFPかな。

〔肯定〕イーロン・マスク

イーロン・マスクのプライベートのエピソードを読むと、かなりの変人。そして物理学の大学院に進み2日で退学、トランプ政権に入ったものの政策で大統領と意見が合わず辞任。これらの破天荒エピソードからINTJの可能性はとても高いと思った。
理系の合理思考でありながら理想主義、自分の信念に反する相手はたとえ大統領でも対立する。そして目標達成への集中力はちょっと異常。
この異常性は、間違いなくINTJ。笑

〔肯定〕夜神月

創作で申し訳ない。が、これほどINTJらしいキャラクターはいないと思った。
地上の「正義」ではなく、自分の中の道義に従う。異常な手段(ファンタジーだけど)で道義を貫こうとする。この冒頭には私も共鳴する。
しかし、後半は保身に走って誤る。誤りに自ら気付いてもなかなか方向転換できず地獄へ突き進んで行く。INTJが悪く出たパターンとして眺めることができる。対立する天才エルと、まさに「チェス試合のような」攻防戦を繰り広げるところもINTJらしい。
創作なのに一貫性があるリアルなキャラクターだった。誰か現実で、INTJのモデルがいるのではと思えるくらい。

〔肯定〕諸葛孔明 /エルメロイⅡ世

これも創作キャラで、「エルメロイってなんだ?」と思ったが、解説を読んでみたら納得した。かなりINTJらしいキャラクター。下にキャラ解説を引用 しておく。
作品中で諸葛孔明は「彼の依代として召喚される」らしいのだが、どうやらこのキャラクター自体が諸葛亮をモデルにした部分があるらしい。
諸葛亮は史実でもINTJと思っていいでしょう。INTJとしては自信家の要素が薄い気弱なタイプではあるものの、解釈から間違いなくこれしかないと思う。
参照⇒「孔明ってどんな人?」に回答 (晩年の細かさや自信のなさは全くINTJっぽくないのだが、筆者も気弱なのにテスト上はINTJなので間違いないと思います ※追記。気弱さについて


少なくて申し訳ないけど今のところ確信が持てる人物はこれくらい。
他にINTJだと思える人物を見つけたらまた紹介します。


参照サイト

・『キャラクター性格診断スレまとめ Wiki』
http://character-seikaku.memo.wiki/d/INTJ%a1%ca%ce%a9%b0%c6%bc%d4%a1%cb%a4%ce%a5%ad%a5%e3%a5%e9

・『16Personalities』
https://www.16personalities.com/ja/intj%E5%9E%8B%E3%81%AE%E6%80%A7%E6%A0%BC

・『辛口性格診断16』
http://性格診断16.com/intj.php


ロード・エルメロイⅡ世(諸葛孔明) 『Fateシリーズ』

人物:
かなり偏屈な人物で怒りっぽい。
だが同時に非常に面倒見が良く、どんな問題児も見捨てない、ある意味お人好し。
魔術師だが考えはどちらかと言うと一般人寄りであり、魔術師一般に疎いとされている現代科学技術にもある程度精通している。だが魔術師としての知識は老練の魔術師が舌を巻くほど深い。また古いやり方にもとらわれず新しいやり方を取り入れることから時計塔の幹部の中では革新派とされているが、実際は古いやり方であろうと新しいやり方であろうと有効であるならば取り入れるため中庸というのが正しい。
ロードとして持ち上げられた当初はエルメロイの傀儡と思われていたがすぐにその周囲の評価を覆したらしい。
時計塔のロードだが基本的には政治に無頓着で魔術師として根源を目指している。

現在では時計塔の講師であり、教師としては天才的な手腕を発揮。彼の元で学んだ魔術師の全員が大成している。
彼の弟子になって「王冠(グランド)」階位を得なかった者はいない。
(ちなみにこの設定は現在では奈須が「あれは嘘だ」と言ってるのでどうなったかは不明)。
彼が教え子たちを集めれば時計塔の勢力図や歴史が変わるとまで言われている偉人の師である。

もっとも彼にそんな野心などなく、
「笑い話にもならん。いまだ四階級どまりのこの私が、何で他人の面倒を見てやらなきゃいかんのだ」
…という感じで教え子たちとは関わりたくもないらしい。

他人をプロデュースすることに関しては当代一の傑物だが、彼にとってはそんなことはどうでもよく、自分自身が魔術師として大成したいらしい。
なので講師として大人気の自分には全く興味がなく、それどころかその事実にイライラしているという。
難物だが生真面目であり、他の教師が匙を投げた問題児であっても途中で投げ出すようなことはしない。

――ピクシブ百科事典より
>古いやり方にもとらわれず新しいやり方を取り入れることから時計塔の幹部の中では革新派とされているが、実際は古いやり方であろうと新しいやり方であろうと有効であるならば取り入れるため中庸というのが正しい。

ここがまさにINTJの解釈と一致。
そして史実の諸葛亮も同様。

(私も思う、新しければいいというものではないし、ただ古いからと言って闇雲に排除すべきでもないと。「妥当かどうか」「有効かどうか」で判断すべきですね)

大人気の自分には全く興味がなく、それどころかその事実にイライラしている

おお……! 
偶然だが、そのイライラ、筆者も深く理解する。何故だろう。笑
INTJキャラとして似たところがあるのだろうな。


以下余談、記事分けました
タイプAの定義は「精神安定」では? 気弱な人でもタイプAだったりする事実
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com