-
たまに一見さんの通りすがりが、サイトを表面的にしか読まずに攻撃メールを送って来ることがあります。
たいてい失礼で横暴な文章であるため、これらの文を目撃した閲覧者様はご不快な気分になるだろうが、こういう人もいるのだという見本として置いておきます。
(攻撃メールとしては穏やかなほうですが、スパムのアドレスを入力してサイト主へ危害を加えようとしている点が悪質です。実害があった場合、刑法上の罪になるほか損賠賠償請求の対象になりますので、安易にこのような犯罪を行わないことです)

以下引用、赤字は筆者註
[投稿日時] 2018年05月13日 01時12分04秒
お名前 : JK
メールアドレス : noreply@t**mail.com =他者のドメインを騙っています。悪質なスパムドメイン

■必ずご同意ください
このメール文が一部または全文公開される場合があることに同意します

■メッセージ
もし、退行催眠により「前世記憶」を持つ人物ならば、サビアン・シンボルを、必要としないと思う。「前世記憶」を得たのと同じ方法を使って、直接、アーカシック・レコードにアクセスして、「今・ここ」で、必要・最善な情報を引き出せば良い。公平な議論を期すために、全文公開を実行して下さい。
筆者感想。

まず、自分のメールアドレスとして他人のドメインを騙っている(不正利用)ことが許せないのだが。
しかも悪質なスパムアドレスを入れてサイト主に危害を加えようとしている。これは犯罪的。

>退行催眠により「前世記憶」を持つ人物ならば、サビアン・シンボルを、必要としないと思う。
ん?
意味不明。笑
(日本語としてまともな文ではないため、誰に向けて、何について言っているか不明)

せめてもう少し記事を読んだらどうだろう。
筆者について言っているなら、私はほぼ完全に近い記憶を持つ( ※記憶の範囲は下参照)ので、前世を知るためにサビアンシンボルを必要とした覚えはないが?
(頭で受け入れるため、駄目押しで証拠を突き付けられたのだとは言える)

ただ、他の方のために言っておく。
もし「サビアンシンボルを必要とした」方がいたとしても、そのことで自分の記憶や自分自身の存在が否定されるということにはならない。
誰であっても現世の記憶ですら曖昧なことは多い。
まして前世記憶はほとんどの方の場合、曖昧な切れ切れの場面しか思い出さない。
それで不安にかられている方のために、私は手がかりとしてホロスコープで裏付ける手法を情報提供している。
つまりホロスコープ情報を提供しているのは自分のためではなく、他者のため。

>「前世記憶」を得たのと同じ方法を使って、直接、アーカシック・レコードにアクセスして、「今・ここ」で、必要・最善な情報を引き出せば良い。
全体に変な文章。
主語がないですねぇ。
誰が? 霊能者が「アーカシック・レコード」アクセスするの?
(始めから誰へ向けて言っているのか、明確に対象が示されていないので意味不明な文となっている。稚拙な印象)

これも他の記事を読めば分かるはずだが、最高度に優秀な透視能力者でない限り、アカシック・レコードはいつでも気が向いたときにアクセスできるものではない。たとえ自分の情報であっても。
情報を得るのはイレギュラーな場合だけだと書いたはず。
そんなに都合良く誰でも・何時でもアクセスできるなら、地上の全員が全ての過去世記憶を持っているはずだが。

しかしここまで言うならこのJKさんは、ご自身で「アーカシック・レコード」に直接アクセスして、漏れなく記憶をダウンロードしているわけだ。凄いな。
現世の記憶も、一分一秒漏らさず100%記憶していることになる。メモ書きでの記憶の裏付けさえも必要なく。
当然、スマホの電話帳にも番号登録はなくて、必要な時に「アーカシック・レコード」にアクセスして持って来られるわけだ? いいなあ、便利。笑
もし今の人生の一秒でも記憶を失っていて、アカシックレコードにもアクセスできないなら、この方の定義だと「現在の自分も嘘」ということになるね。

★もう少し詳しく。 現世に生きる全ての人は、「脳にアクセスして一部の記憶を引き出すことのできる者たち」である。JKの定義だと、「何かの記憶媒体にアクセスして一部の記憶を引き出すことのできた人は、その後どんな場合でも必ず、100%の記憶を引き出して来られる人」でなければならない。と言うことは、この世の全ての人間は、脳という記憶から100%の記憶を引き出せることになるな(退行催眠の助けもなしに)。でも実際はそうなっていないので、JK以外の人たちにこの定義は当てはまらない。
JKだけは、いついかなる時も100%の記憶を脳から引き出して来られる特殊能力を持つらしい(笑)のだが、もしそうならこの人はこれまでの人生で全ての試験において満点を取って来たことになる。そうでなければJKの存在そのものも否定されるがそれでいいということだね? 調査をしてあげるから住所氏名を教えてください^^

>公平な議論を期すために、
言葉を知らなさ過ぎる。
安全圏から一方的な悪口を言うためだけに都合の良い議論は、「公平」とは呼ばない。→議論の相手をしてもらえると思うのは図々しい

そんなに「公平」を目指したいなら、JKさんの全人生記憶と個人情報を提供してください。
それが「公平」というもの。
いつも自分だけは安全な立場で、一方的に他人を攻撃して快楽を得てきたのだよな? そういう状態を「不公平」と呼ぶのだ。汚いね。

>全文公開を実行して下さい。
何を仰っているのだろう。
必要な情報は全て提供していますよ? 笑
ここまで個人情報を晒して大サービスしている人間は、他にいないはずだが。

もしかして、本の読者限定ということが気に食わない?
なんという我がまま。自分がその情報を得るために必要な条件をクリアすることさえ嫌だ、というだけですね。
「私がお前の悪口を言うために、全ての個人情報を無料で提供しろ」
と言うとは。
暴力を奮うという自分の快楽のために、ほんの僅かの正当な料金であっても払いたくないのか。
どこまで図々しいのだろうか。

最近の事件を思い出す。
『漫画村』などの著作権侵害サイトにアクセスし、好き放題に海賊版のマンガをダウンロードして漫画家たちを困窮させたあげく、無料で読めなくなると漫画家たちにクレーム攻撃する人々。
そんな理不尽で横暴な人たちに似ているなと思った。

今はこういう犯罪者が多過ぎる。


/改めて読み返すと、「公平な議論を期すために」などと仰っていることが最初から勘違いで笑える。自分に議論の相手方になるだけの資格(能力)があると思っているのか?
公平に情報を理解する能力がないというだけではなく、サイトの関連記事を読む努力さえしない人が対等な議論を求めるとは。よくそこまで図々しくなれるなと感心する。
結論ありきでろくに考えもしない、「議論もどき」しかできない幼稚園児の攻撃に無償で付き合ってさしあげるほどのボランティア精神は、さすがに私でもない。
ボランティア精神は本当に助けを求めている人のために使いたいね。

そもそも私は誰とも議論する目的でサイト運営をしていない。(そのくらい、少し記事を読めば分かるだろう)
情報を必要な人だけが受け取ってくれたらいい。



※「完全に近い記憶を持つ」とは、人生ストーリーとしてほぼ完全ということ。肉体記憶・言語記憶・数字記憶はない。全ての過去世において同じだったので、これら除外された記憶に関してはアクセス不可なのだろうと推測される。
通常、退行催眠による前世記憶は、死の場面など重要なワンシーンのみ思い出す程度。私の記憶は、「どのような人生を送ってどのように死んだのか」という必要な情報を全て満たしているという意味で「完全に近い」と言えるのではないだろうか。参考⇒【質問】 前世に関して、どのくらい記憶があるのか?


続きの話。>>前世記憶とサビアンシンボル、どちらが先か? と、誰のためにサイトを始めたのか


【関連記事】
誹謗中傷の罪と罰
「ネット上で嫌がらせを受けた時の証拠の取り方」、良記事です


関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com