-
「知能が低い人ほどスピリチュアルにはまりやすい」という研究論文※があるらしい。

こちらのブログ様が日本語まとめで最も分かりやすい。プロのライターさんですね。
 ⇒知性が低い人ほどスピリチュアルに走りがち!という研究結果

※論文 2015年11月『On the reception and detection of pseudo-profound bullshit』

096f3bf0a172e2b464ba01aeea9e0fb2_s.jpg


■論文のポイントと、感想


上ブログ様より論文の概要を引用
実験にあたって研究者は約800名の参加者を集めまして、全員に本当の名言とスピ系の迷言を見せて、「これは素晴らしい!」と思った言葉に点数をつけてもらったんですね。
……(略)……
そのうえで全員に思考力テストをおこなったところ、

27%の人はスピ系の迷言と実際の名言を見分けられなかった
迷言にダマされやすい人は、信仰心が高く陰謀論を信じるケースが多い
迷言にダマされない人は、言語的な知性と流動的知性が高い
迷言にダマされた人たちは、「新生児には定期的に注意を向けましょう」みたいな普通のアドバイスにまで高い点数をつけた

といった結果が出たんですね。言語的な知性は言葉を使った表現力のことで、流動的知性は論理的にものごとを考える能力のこと。つまり、スピリチュアルに引きつけられる人は知性が低いんだ、と。
研究者いわく、
“今回の結果により、スピ系のデタラメにダマされやすい人が一定数いることがわかった。たんなる懐疑主義だけでは、迷言を見抜くには物足りない。ばく然としたデタラメを見抜く洞察力が必要なのだ。
スピ系のデタラメに影響を受けやすい人たちは、ものごとを深く考えようとせず、数字や言語、流動的知性などの認知機能も低い。また、哲学的なたわごとや陰謀論、宗教、超常現象などにも引きつけられがちで、自然療法や代替療法といったニセ医学に手を出す傾向も高い。”
とのこと。いやーバッサリですね。 怒る人も多そうですけど個人的には共感しました。
うーん。どうだろうな、「迷信」「正しい格言」「宗教」の定義が曖昧で、公平性がないように思う。(バイアスがかかっている)

定義を曖昧にすればどんな研究でも「知能(知性)が低い」ほうが多くなるのは当たり前。
だって、どの国でも知能(知性)が高い群は人数が少ないはずだから。
数のマジック。笑

それなのに、73%もの人が「迷言と実際の名言を見分けられた」という結果のほうがむしろ私には驚きだった。
ということはよほど知能が低くない限り、誰にでも文章の妥当性を見抜く力はあるということだ。意外だ。もしこの結果が本当なら少し希望が持てると思ってしまう。
(もっとも、この割合は海外だけで日本では変わるかもしれない。読者を煙に巻く哲学風を装った小説をありがたがる人が多いことを考えれば、日本ではあまり期待ができない)

そんななか、上の場合27%の人は迷言と名言の識別力がなかったという。
その時点で既に平均より知能は低いことが分かっているのだが、この群を「スピリチュアル」と結び付けた結果、「スピリチュアルを信じる人は知能(知性)が低い」という結論が得られたという。
なんだか本末転倒している気がしなくもない。笑
でもまあ世間のイメージ通り、期待を裏切らない研究結果だと思う。
多くの人はこの結果を鵜呑みにし、飛びつくのでは? 

科学の装いをしていようと何だろうと、他人の話を何も考えずに鵜呑みにしている時点で、「スピリチュアル商法」にはまる人と完全に同じ穴のムジナと言えるのだけどね。

皆さん表層に囚われ過ぎ。もっと本質を見ようとしないのかな。
自分自身で考えている研究者や体験者を除き、「既存の科学」を信じる人と「宗教・スピリチュアル」の信者とはあまり違いがない。 
既存の科学は全て他人が考えたもの、自分で裏を取ったわけではないし、考えたわけでもない。
少し乱暴だけど、本質そのもので表現するなら、科学信者も含めて他人の話を一切何も考えずに鵜呑みにすることは全て「宗教」と定義しても良いだろう。


■分野に囚われず、本質を見ること

上の研究結果、または翻訳タイトルが危険だな、と感じるのは
「スピリチュアルさえ避けていれば大丈夫。安心安心」
「私はスピリチュアルなんかバカにして信じないから大丈夫。安心安心」
と多くの人に思わせてしまうであろうこと。
つまり、多くの人に次のような認識を与えてしまう危険性がある。

「知能が低い人だけがスピリチュアルを信じる」
 ↓
「頭の良い人はスピリチュアルを信じない」
 ↓
「アタシはスピリチュアルを信じていないから頭が良い」
 ↓
「アタシは頭が良いから何にも騙されない! 安心!」


すると、どうなるか。
彼女ら(彼ら)が成功哲学セミナーや金融セミナー、健康法にはまり出して引き留めた時に、
「これはスピリチュアルじゃないのよ、私はスピリチュアルなんか信じない人だから頭がいいの。だから絶対に騙されない。頭の良い私が認めたセミナーの主催者様は絶対に正しい!」
という反論が有効になってしまう。
(周りから見れば有効ではないのだけど、彼女たちはもう「スピリチュアルでなければ大丈夫」と思い込んでいるので止めることができなくなる)

この現象、法律の条文で考えると分かりやすいのでは?
有名な話に、橋のたもとに掲げられた立て看板に
「このはし わたるべからず」
と書かれていた。
その看板を見た人は、
「この端 渡るべからず」
と解釈して中央を堂々と渡ってしまった。
――これは賢いお坊さん一休が機転をきかせたエピソードとして有名だが、もしその条文が
「この橋 老朽化で危険につき 渡ってはならない」
という意味だったらどうなるか? 橋が崩れて一休さんは川に落ちて死んでいたことになるね。
だから条文を作る側は、
「どうしてその看板を掲げなければならないか (上の例では、危険だから)」
「当てはまるのは何であるのか (上の例では、何人たりとも。車と動物も含む)」
という本質を理解し、包括的に表現しなければならない。

この例から、上の論文が
スピリチュアルを信じる人 (は頭が悪い)」
と分野を特定してしまったことがどれだけ危険か分かるだろう。
法律の条文だったら抜け穴だらけになってしまう。最悪だ。

もう少し具体的に示してみる。
ジャンルを限定すべきではない、現実的な理由。
現実を眺めていると、以下の人々は全てイコールで結ばれる。
(本質的に同種の行動をしている、同種の人間である。一人で全て行う人もいる)

過激な健康法にはまる人
= 成功セミナーや環境セミナー等へ通う人 
= 方位吉凶(風水など)に過度にはまる人
= マルチ商法にはまる人 
= 占い師の言うなりに行動する人
= スピリチュアルに過度にはまる人 
= カルト宗教に洗脳される人


悪徳な詐欺師や教祖に洗脳されて身を亡ぼす人は、たいてい上に挙げたジャンルのうち二つ以上にはまった経験を持つ。
つまり、分野で特定することはできないということ。
上の項目のうち一つでもはまったことのある人は、言い方は悪いが「前科者 病歴あり」としていずれカルトに洗脳される可能性がある。

つまり、何かしら「ダイエット」や「健康法」にはまったことがある人は、既にカルト宗教へ入信する一歩を踏み出しているとも言える。
(過激なはまり方でなければ危険はないが。逆に言えば、スピリチュアルやオカルトも過度ではなく他人に強要したり、危害を及ぼすものでなければ構わない。まして体験者は。……以下全てのジャンルに同じ。/ただし成功セミナー・マルチ商法・カルトは一歩踏み出せば他者の力で強力に牽引され抜け出せなくなるから程度に関わらず近寄ってはダメ)

 参考記事 ⇒「玄米食をしている人たちなどは洗脳されやすい」と、洗脳評論家

そうならないように必要なのは自分の頭で考えること。可能なら自分で裏を取ること。
上のブログ主さんのようにエビデンスを大事にし、健康法を自分の身体で試している人はたぶん大丈夫とは思う。
そうではないズボラさんは、どうか気を付けて。


■実は、過度にはまり過ぎて危険なのは知能が高い群


ここから下に書くことはあくまでも個人が体験的に感じたことです。

私の経験上では、「スピリチュアル」つまり心霊現象などを信じる人たちはIQや偏差値に関わらず、「差別を嫌う・心が広い人」たちであると感じる。
つまり他人の意見を尊重し、他人の立場や人格を否定しない人たちだ。
自分が信じるかどうかはともかく、宗教的なことについて「どちらでもいい」と感じているし、実際「どちらでもいい」という言葉を口にする。
私にはむしろ、この人たちのほうが高度な知性を持つと感じる。
知性が高くなければ他者に寛容にはなれない。

ところが時々、他人が唱えた教義を過度に信じ過ぎてしまう人がいる。

たとえば、商売としてのスピリチュアルを提唱する教祖に洗脳される人。
カルト宗教、成功哲学も同様。
「科学」という宗教教義を過度に信じ過ぎている人たちも、意外だろうが完全に本質が同じ。

彼らは自分自身の体験がないだけではなく、考えることを嫌って、書籍やセミナー主催者の言葉をそのまま鵜呑みにする。
あっさり洗脳され強烈に信じ込み、反対する人たちを敵対視して攻撃するなどの有害行為に及ぶ。場合によっては敵対者の殺人も平気で行うことができる。
いわゆる、「カルト信者」「極右の原理主義者」となってしまう。

あくまでも経験上だけど、このように過度に他人の言葉を信じ込む人々は、どちらかと言えば世間で「知能が高い」とされている人々つまり偏差値や学歴が高い人に多い
(分かりやすい例として、オ×ム真理教の信者たちに高学歴の超絶に知能が高い理系出身者が多かったことが挙げられる/ただし知能が高い人が必ず洗脳されるわけでもない。単に、集団の中で「優秀」とされる目立つ群は知能が高い、というだけのこと。これは一般社会の人数割合と同じ)

問題視すべきなのは漠然と信じやすい人たちよりも、こちらの過度に信じ込みやすい人たちのほうだろう。
この人たちの共通項を分析して、どう対処すればいいのか考えなければ、この種の研究は何ら社会の役に立たないと思った。役に立たないどころか、ただ無用な差別を生むだけ。さらに取りこぼしを助長するから有害

【関連記事】 
本質を考えると、この洗脳される人たちの共通項は「他人より一歩先へ行きたい」という欲望が強いことでは。知能の高低は全く無関係(はまる度合いに知能の高低が関わるというだけ)。
目に見えない欲にはまる人々へ。貪らず、まっとうに生きて欲しい
お詫び。四年前、「糖質をカットしましょう」と書いてしまった件
洗脳されるかもしれないアナタへ

お奨めリンク。
 辺見マリの「洗脳された話」が神回すぎた...【人はなぜ洗脳されるのか?】
上ブログ様より引用
この後の話を聞くと、もはや「誰でも」洗脳を受けてしまう可能性があると感じた。それほど、完成されすぎている。

これは引っかかるわ...
 この洗脳の手口は非常に手が込んでいるように見える。バカだったから、ではなく、狙われて「被害者」になったといっていいだろう。
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com