-
前記事と比べていきなり次元の下がる話で申し訳ありませんが。
『吉川英治『諸葛菜』、引用と感想』に不足していた話を追記しておきました。
いつも真夜中過ぎに意識朦朧としながら書いているので、後で読み返すと言葉足らずだったり、何を書いているのだか自分でも分からないことがある。たまに正反対のワードを取り違えることまである、ひどい。苦笑
それで休日など時間があるとき、こうして色々と修正しているわけなのですが。
まったく文筆の基礎がなっていないな自分。このブログも雑談メモとは言え、読みづらい文で申し訳ないです。

(以下マニア向けの余計な話)
ところで、吉川氏の『諸葛菜』を読み直して気付いたけど、日本の三国志フィクションが劉備を差し置いて語るのは吉川氏が作った伝統なのかなあ。
中国本土だとたぶん、劉備がメインでその他は無視されている?後回しに語られるはずなのだが。
民族性も絡み、色々と複雑。
何がどうしてこうなったのか。人間レベルとしての私にはよく分からん。
関連記事
吉野 圭(Yoshino Kei)
Posted by吉野 圭(Yoshino Kei)
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事リクエストはこちらから:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com