-
・translate 翻譯
前記事の続きで、カルトと洗脳について。(いつも書いていることですが、世情に合わせて追加)
情報提供されている占い師さんのリツイートより引用します。



大学サークルや、ヨガ教室は既に有名ですよね。
ビジネスセミナーや、健康セミナー、美容教室などもここに含まれますから注意して欲しいです。
スピリチュアルとか宗教っぽいものさえ避ければ安全だと思い込んでいる人はかなり多いので、そこが最大の落とし穴! です。

世間の人々はオウム真理教のサリン事件しか知らないので、未だに「スピリチュアル系に関心を持つとオウム教に勧誘される。スピ系は超危険」というイメージを抱いています。
そのイメージは、逆に言えば
「スピリチュアル系でなければ大丈夫」
という安全神話の支柱となってしまっています。

それで、とにかくスピリチュアルだけ叩いておけばいい。スピリチュアルだけが悪なのだ。という短絡的で差別的な思い込みで、ごく一般的な昔ながらの信仰心を抱く人たちまでも「悪魔」呼ばわりして攻撃する。
あるいは、「スピリチュアルを信じる奴は知性が低い」などと吹聴し、バカにして社会から排除する。
中世キ教の悪魔狩り、魔女狩りですかね?
そのような人権侵害が人として最低な行いであることは言うまでもありませんが、現在、差別をしている本人たちにも切迫した危機が降りかかっています。

“切迫した危機”と言うのは、「スピリチュアルを信じる奴は知性が低い」とバカにしている人ほど、ものすごくあっさりとビジネスセミナーや自己啓発セミナーに洗脳されて人生破滅させる傾向が高いのです。
(ただしオウムに勧誘されるわけではなくて、そのセミナーを行っている団体そのものに洗脳されて人生破滅させていることが多い。このため「オウムだけに注意せよ」と叫ぶのもまた危険)


私は現実にそういう事例を何件も目撃してきました。
自己啓発系セミナーに洗脳され破綻している人は今とても多いと感じます。

ビジネスセミナーだけではなく、金融セミナー、健康セミナー、原発セミナーもあります。
先日私の知り合いも走ってしまった「糖質制限」や「ヴィーガン」もカルトの入り口でしょう。
ネットで流行りの陰謀論などもそう――陰謀論はもう殺人カルト宗教団体に直結するドアで、即公安マークの対象ですが。

こういったセミナーにはまる人々が必ず口にするのは、
「自分が通っている団体はスピリチュアル系ではないから宗教に勧誘される心配なし。科学で証明されたことだから、安心安全」
というセリフ。
何一つ「科学で証明」されたという事実はなくても、主催者側から「科学」という言葉を使われると鵜呑みにしてしまいやすい。

オウム真理教の事件の後、メディアや自称知識人たちが極端なアンチ・スピリチュアルを叫び続け、何も考えずに
「とにかくスピリチュアルだけ排除していればいい」
と言い続けた結果が今の社会です。
「科学的」
「健康にいい」
「社会のため」
などの魔法の言葉をささやいてあげれば、免疫のない人々が「バカ ホイホイ」の罠にかかって思い通り操れる。
メディアが情報を取り上げ、国が教育を怠ってバカばかり育てた今、カルト集団主催者にとっては昔より餌食を獲得しやすい天国となったのではないでしょうか?

こちらはずっとオウム事件を眺めてきた江川紹子さん渾身の記事です。
⇒『「真相究明」「再発防止」を掲げる「オウム事件真相究明の会」への大いなる違和感』
以下、上の記事3Pより引用。太字は当ブログ筆者による。
 カルト集団は、古今東西を問わずに出現する。その集団を支配する者や活動・組織の態様はさまざまだ。統一教会のようにキ教を使った宗教集団もあれば、いわゆる「イ国」などのように、宗教と政治的な意図が一緒になった勢力もある。日本の過激派は政治的カルトと言えるだろうし、最近は前回の本欄で報告したようなネットを利用したカルト性の高い活動も出ている(歪んだ正義感はなぜ生まれたのか…弁護士への大量懲戒請求にみる“カルト性”)。そのリーダーや組織・活動の態様は違うが、信者や追随者のほうに注目すると、さまざまな類似点が見られる

 なので、オウムのようなカルト事件の「再発防止」のために必要なのは、教祖の心の内を探るより、信者たちがいかにして教団に引き寄せられ、どのようにして心を支配され、犯罪の指示にも唯々諾々と従ってしまったのかを知ることだ。彼らの心理状態を解明し、いかなる防止策が考えられ、どの段階でどのようなサポートが有効なのかを研究することは、「再発防止」のために肝要といえる。

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

全くその通りです、江川さん。
長年カルトを眺めてきた人ならでは、本質を見抜いたお話だと思います。

世間の人たちはあまりにも本質を見ず、外形だけしか見ていないのでますます自らを危険な道に近付けている。

「外側の殻だけ叩けばそれで満足」
と思っているバカを後目に、犯罪者たちは殻を脱ぎ捨てて他の外形を持つだけだからもっと危険な状態になるわけです。
自分を守り、子供たちを守るには、
「バカを卒業する」
しかない。
無考えのまま漠然と、見かけだけで情報を差別するのをやめ、外形に騙されず本質を見抜けるようになること。そのためにはまず、自分の頭で考えるようにすること。

スピリチュアルもスピリチュアルというだけで一律に棄てるのが最も危険。
免疫こそ身を守る唯一の防御力になります。奪っては駄目です。

〔関連記事〕
「スピリチュアルを信じる人は知能(知性)が低い」という話の危険性
洗脳されるかもしれないアナタへ

関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト
ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログを応援する

管理用 anriy3@gmail.com