我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

初めてご来訪の方へ ※要パス記事の読み方はこちら※

創作裏話とプライベート、世間話のブログです。+占星術。最新記事:この記事の次からが最新です。よく読まれるタグ: 占星術 前世 要パス記事パスワード記事を読む方法このブログのパスワード記事は小説内容に触れるため、『我傍に立つ』または『僕が見つけた前世』どちらかを最後までお読みいただいた方でなければ閲覧できません。 拙著のご紹介 『我傍に立つ』 『僕が見つけた前世』こちらは上の小説の関連本です: 『永遠...
-

華流ラブロマンス『晩媚と影』紹介・感想(別館更新)

別館更新のお知らせ。華流『晩媚と影』というラブ史劇の紹介と感想記事です。古代が舞台ですが、歴史物ではありません。フィクション設定のエンターテイメント。恋愛ストーリーが中心。だから難しいことを考える必要なく、息抜きとして愉しめます。…ただ一部に残酷描写があります。苦手な方はご注意を!...
-

「教えようとした時に必ず間違う」で反省… 教師ぶった記事について

最近の記事修正点、気付きをメモ。「私のように」はカット7日の記事、『知識は害毒か? 真理探究で落とし穴にはまらない学習法 』にてもしも真理とつながるセンサーを持ちたいなら、まず「秀才」であることをやめるべきです。少々孤独ではありますが、私のように知識ではなく分析を中心として学習するようにしてみては?と書いていたところ太字部分をカットしました。“私のように”とは、いくらなんでも偉そうに響くだろうなと思...
-

補足、オーディエンスを感じたいなら易などの託宣(オラクル)がお奨めです

昨日の記事『オーディエンス(ガイド霊、マスター霊、見物霊)について、体験まとめ 』へ書き忘れた体験があったので追記しておきました。※タイトル変更。「神託」→「託宣」追記した件追記したのは易占の話です。若い頃に易占をしていたところ、ほとんど“チャット返信”のように会話が成立して怖くなったこと。数年前に久しぶりに占ってみたらもっと露骨になっていて参った… という、若干オカルトな(笑)話。天気を変えてみせるな...
-

オーディエンス(ガイド霊・マスター霊・見物霊)について、体験まとめ

こちらはご質問の回答です。他の読者様も気になっていることかもしれない、とのこと。Q.霊感がないように話されてましたが、オーディエンスや見守ってくれる存在を感じ取っていますよね。それはどういう感覚でわかるのですか?…(自分のサポーターに対しては感じ取ることができないので)たまに一方的にものすごく感謝したくなるんです。もちろん伝わってはいると思うのですが、私も相手を感じられたらどんなに良いか、と欲張りに...
-

知識は害毒か? 真理探究で落とし穴にはまらない学習法

ご質問ではないのですが、いただいたメールのなかから最近私が上げた記事に関連する話を採り上げます。知識についての話です。目次直観を持つ人たち 知識は真理の探究に何の役にも立たない? 知識が毒となる現代。狂気の罠に落ちやすい学習方法とは狂気に堕ちやすい人のタイプまとめ 最善の学習法 直観を持つ人たちS様のメールより引用。ゲーテを読んでいて気付いたことだそうです。引用文中、筆者に対する呼称については(筆者)...
-

オンラインサロンに批判禁止ルールはない? 詐欺サロンは存在しない!?…初耳です。

また楽しくない世間話で申し訳ないのですが。たぶん皆様には身近な話だと思いますのでここに掲載しておきます。批判を封じる世の中は全体主義となる先日の返信記事で、私はこのように追記していました。ただ一つだけ、批判について私の持論を述べれば。批判を禁止して口封じ※する世の中ほど危険なものはありません。それは全体主義そのものです。※批判を禁止して口封じ~:昨今若い人たちに大流行しているオンラインサロンは、批判...
-

近況報告 近所の花見と再びのガンダム

GWいかがお過ごしですか。せっかく長期の休みだというのに遠出もできないので退屈ですね。私は、読み止しだった本を片付けるために(いつものことですが)読書しています。そのほかは体力を保つために近所を散歩してばかりいます。引っ越ししてからあまり散歩をしていなかったため、近所の道を把握していなかったのだと今さら気付きました。富士山からスカイツリーまで一望できる高台を見つけ、癒されています。あとは、自分でも意...
-

司馬懿はイケメンだったのか? 見た目に弱いと騙される

歴史館、久しぶりに中華の話題で更新しました。まず『三国志Three Kingdoms』の配信が始まったことのお知らせです。中~上級者さんは巣ごもりの暇つぶしにいいかもしれません。それから、新しい三国志として人気(?)であるらしい『Secret of Three Kingdoms』ですが、これも明らかなプロパガンダなので注意してくださいという話。※アクセス増を狙って悪口強めの文で書いています。きつい言葉が苦手な方はクリックされないように...
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】