我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。自作品『我傍に立つ』裏話と世間雑記、占星術メモ

ご来訪の方へ

-
吉野 圭-Yoshino Kei
・translate 翻譯
創作裏話とプライベート、世間話のブログです。+占星術。
最新記事:この記事の次からが最新です。最新リスト表示はサイドの「MENU」を押してください。
よく読まれるタグ: 占星術 前世 要パス記事

三国志カテゴリはこちらへ移動しています。
shokudoumei.png 
移動の理由と、これからのこと

〔ご案内〕このブログのパスワード記事は小説内容に触れるため、下の二冊どちらかを最後までお読みいただいた方でなければ閲覧できません。 小説情報 →いただいたご感想とレス

waremini.gif 『我傍に立つ』 

bokuzenmini.gif『僕が見つけた前世』

こちらは上の小説の関連本です:
eien3-mini.gif 『永遠の雨』シリーズ


【初めての方はこの下も必ずお読みください】
Kindle本の読み方、このブログを閲覧されるに当たっての注意点、要パスワード記事について:


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

Twitterでテキスト性格診断してみた(メモ)

-
吉野 圭-Yoshino Kei
・translate 翻譯
去年末にはまった「AIテキスト診断」、最近Twitterを本気でやり始めたので試しに分析してみました。

参考メモとして筆者結果をここへ置いておきます。

23504 分析された単語: 確度が非常に高い解析結果

結果

情に厚いタイプであり、また自信のあるタイプです.

哲学的なタイプです: 新しいアイディアに興味をそそられ、進んで受け入れ、探求することを好みます. 感情移入するタイプです: 他人がどう感じるかを意識し、同情するタイプです. また、圧力を受けても冷静なタイプです: 冷静で、予期しない出来事にも効果的に対処します.

組織への帰属を意識して意思決定するタイプです.

生活を楽しむことと伝統の両方にあまりこだわりません. 単なる個人の楽しみよりも大きな目標を伴う行動を優先します. また人が通った道よりもわが道を行くことを大切にします.
うん、これはわりと現実の自分に近いかも。このテキスト診断では今までで一番納得した。

>予期しない出来事にも効果的に対処します.
と仰る箇所だけは、ちょっと微妙です(笑)。

知的好奇心「93%」、そこそこ。
感情起伏が「9%」に苦笑。

今のところTwitterではリーダーシップを発揮できていないようです。Twitterなどでリーダーになるつもりも、さらさらありませんが。
ただサンバーストチャートのビッグファイブでは相変わらず「Opennes」が最も高く93%でした。

kbig5.png

他の文章で調べた時と傾向は一致しているから、これがデフォルト(有事が無い時の、フラットな状態)の自分ということになるのかな。

【追加】
それにしても他の文章より圧倒でエモーショナル/感情表現の数値が低いのが気になった。内心はむしろブログよりも揺れているのに謎。

翌日、少しネガティブなことも書いてしまったので再テストしてみたが、あまり変わらなかった。

気分的にはものすごく落ち込んでいるのにですよ。

もしかしたら、感情が揺れるほど逆に冷静に見えててしまう……タイプなのだろうか?
だからテンパっていることに気付かれず援助を受けづらいのか(苦笑)。


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

因果応報の見本、要パス記事一つオープン

-
吉野 圭-Yoshino Kei
・translate 翻譯
ご報告。要パスワードだった記事を一つ公開しました。

因果応報はこのように細かいことでも返って来るんだよ、という話。
「悪いことはできない、すべきではない」というところが最も大事です。

 『前世の息子の記憶と、因果応報』

上は輪廻転生に興味のある方のために公開する記事ですが、実はもう一つ理由がありまして。
そろそろ残したいものを公開しネット上に残しておかねばと考えています。
何故なら今、C国工作員の暴虐が酷く、日本人のSNSやYouTubeアカウント・ブログアカウントも狙われ次々と削除されています。ここもいつ消されるか分かりません。
アメリカ企業インターネットアーカイブならまだましかなと思い、委ねることにしています。

だから最近少しずつ公開しているわけです。
あまり数多くの要パス記事を公開していると、パスワード目当てに本を購入いただいた方に申し訳ないので控えめにしておきますが。
(基準:具体的な名前が書かれていて、伏せる手段もない記事は今後も公開しません)


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

民族の特性は、DNAに宿るのか文化に宿るのか?

-
吉野 圭-Yoshino Kei
・translate 翻譯
最近の私は悪化の一途を辿る香港情勢を見つめています。
ツイッターなどでは投稿できない、ここでしか語ることのできない話をメモしておきます。

(以下常体)

香港人はまるで古代中華人のようだ



気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

城山ダム放流されます。座間近辺の皆さん、逃げてください

-
吉野 圭-Yoshino Kei
・translate 翻譯
関東圏、台風の風雨が酷くなってきました……。

このブログのみご覧になっている神奈川県民の方へお知らせ。



どうか前回のような酷い人災となりませんように……。
家の浸水は免れないと思いますが、家より命優先です。逃げるべきです。

ダムの放流は洒落にならない被害をもたらす。
このダムというシステムもどうなんだ、と昔から思っていましたが。※

現代は、あれこれ人災の種が多過ぎです。
人間の住む社会として体を成していないよね。

とにかく対象地域の方は、迷わず逃げてください。それしかない。


※ダムは洪水を抑止すると思われていて、これまでは確かにその効果はありました。しかし今後はダムごときの小手先の治水では太刀打ちできなくなるでしょう。ダムで洪水を食い止めるという発想は構わないが、緊急放流の周知を徹底させるシステムを作るべきです。また報道の在り方も改めるべきでしょう(安心させ留まらせるような報道はしてはならない)。


10/18追記 未来のためのメモ


結果としてこの日、城山ダムは「午後10時・緊急放流」と周知された後、繰り上げで午後9時半に開始されました。
現場の人々の神業的な調整によって、相模川は決壊しなかった。だからダムは素晴らしい――なんて論調が世間で撒き散らされていますが、良くないことと思います。
もちろん私も現場の人々の苦労と神業を称えたい。全国で多数の河川が氾濫した令和元年台風19号において、決壊を防いだ城山ダム現場担当者の役割は重要でした。
だけどこの話が撒き散らされることで、「ダムさえあれば安心」という意識を植え付けてしまうのはまずいでしょう。

対象地域に住んでいる人々は当日、長時間にわたって「いつ始まるのか。いつ逃げればいいのか?」との緊迫した気持ちを抱え続けました。
そのうえ「10時に緊急放流開始」と知らせが来た後に、30分も早まった。実際には周知されるまでにタイムラグがあったので、住民が知った時とほとんど同時に放流が始まったとのこと。
住民の方々は生きた心地がしなかったことでしょう。自分だったら憤りを覚えます。

「逃げるべきなのか、留まるべきか」
と待っている間が最も不安ですよね。逃げ遅れたら死ぬかもしれないという状況のなか。
緊急放流があるかないか分からなくても、早めに対象地域の住民に避難指示を出して、避難所で安心して過ごしてもらうのが一番ではないでしょうか…?
避難指示の出し方、報道のあり方に疑問を覚えました。


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

いつもながら、台風は早めの避難を

-
吉野 圭-Yoshino Kei
・translate 翻譯
この土日は尋常ではない巨大台風が日本列島を襲うようです。

陰謀論者の方々は「人工台風」(笑)と言っており、「瞑想してイメージすれば台風を逸らせるはず」と言っています。
引き寄せを信じる方々はぜひ実行願います。

もちろん私も心の中では被害が無いように祈っていますが……。
(#諸葛亮祈祷やめろ? むしろ日本国の被害が少ないよう祈っていますよ)

最近は、祈祷も虚しく被害が甚大で胸が痛みます。辛いです、本当に。
私だって明日も無事とは言い切れない。

役立ちそうなツイートをいくつかリツイートしましたが、当ブログでは埋め込み窓を撤去してしまったのでこの記事にてご紹介しておきます。







何はともあれ、早めの避難を。
不要不急の外出は控え、会社へ無理に出勤することは控えてください。
私も土曜日は仕事だったのですが休みとしました。

「無理して会社へ行く」は日本人の美徳のように思われるかもしれません。でもそれは違うと思います。
皆が駅などに殺到しタクシーなどを奪ったら、医療従事者が勤務先へ辿り着くことができなくなります。車に乗って渋滞を起こせば、救急車の進路を阻むでしょう。それは時に殺人と同じことになってしまいます。
優先度の低い仕事であれば出勤を控えるのが「人命尊重」ということになります。

日本はもっと皆が合理的に動く必要があります。
それは最終的に人命第一ということになります。

日本もそろそろ体裁ではなく、人命を第一に考えるような国になって欲しいと願います。


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり