我傍的、ここだけの話


Category我傍的な話(裏話・実話を絡めた歴史空想話) 1/9

私の関係者には迷惑をかける。「軍師」の卦が出た意味

  •  -
  •  -

「前世確定」宣言をしておきます。昔と反転した事情があるために

見直しをしていて、こちらの記事が分かりづらかったので修正しておきました。 →経緯3.付属的考察・当該人物と自分との共通項 上の記事は追記を繰り返して無駄に長いわりに、肝心の結論で何も「断定」していませんでした。これでは覗きに来た方も肩透かしだったのではないでしょうか? 怒りを抱かれた人もいるかもしれない。私としては本当に断定できなかったので断定しなかっただけなのですが、皆様は「結局どっちなんだよ」と...

  •  -
  •  -

「君が王となれ!」、繰り返された記憶。どうして私が遺言を真実だと確信しているか?

  •  -
  •  -

若君の記憶が蘇った件。上奏文や贈り物のことなど (前記事の補足です)

  •  -
  •  -

私は周恩来と似ている? 真の「滅私奉公」とは何か(再UP)

撤去した記事の再掲です。RSSで通知を受けている方には申し訳ありません。撤去した理由は、検索ペナルティ対象(政治思想)用語を含んでいて危険なわりに、あまりにも読む人がいないから損しかないなと思いまして。しかし昨今、諸葛亮に関する歪んだ捏造話がばらまかれ、人間の信愛が踏みにじられていることへ危機感を覚えこの記事をもう一度掲げようと考えました。この記事は諸葛亮についての話ではありませんが、私の心の奥底の...

  •  -
  •  -

東洋の軍事でも、現実的なら大丈夫だったという発見

マニアック過ぎてあまり読まれないと見込まれる(笑)前記事、『諸葛亮の軍事能力ってどうなの? 知恵袋民たちの意見ログ』。※5/20追記あります上で引用したkan********さんの回答などを読み、生まれて初めて東洋軍事の話題で少し面白く感じた自分に驚いている。(「軍事が面白かった」と言うと戦争好き・残酷な人と誤解されるかもしれないが、そういうことではなくて純粋に理論についての話)意外?実は私は、一般の歴史マニアが喜...

  •  -
  •  -

自信とは何か? 「相続」は他者が決めること、でも私には自己信頼がある

PCは届いたのだけど明日も仕事で早いので、短い雑談(独白)に留めます。前記事の返信にて、>今再び「至誠」で生きることの大切さを伝えるためになら、私は負の遺産もろとも、彼の人生を相続するつもりでいます。などと書いてしまったが、考えてみれば私が過去の遺産を「相続」できるかどうかは、完全に他人が決めること。いくら私がその気になっても多くの方が認めてくださらない限り、現実では相続したことにはならない。そして...

  •  -
  •  -

アクセスに感謝。かつてこんな日本人もいたことを支えにする

23:30 アクセス状況を見るため立ち寄った。皆さん、たくさんページを見ていただいてありがとうね。特に「三国志」タグを見ていただいて、感謝。なかには敵対者のアクセスもあるだろう。でも見ていただけるだけで感謝する。皆さんのアクセス跡を眺めながら過去記事を見直していて、「吉川英治『諸葛菜』、引用と感想 」で再び吉川氏の文に触れて涙していた。この箇所は、やはり何度読んでも涙が出てくる。彼は清廉であるとともに...

  •  -
  •  -

私は何故、「天才」と呼ばれたのか (記憶語り)

  •  -
  •  -

魂のDNA鑑定 (以前の記事は削除、要約で再掲)

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり