我傍的、ここだけの話


Category三国時代の話・その他、歴史|隆中譚 1/9

志って、何だろう? 裴松之の怒りが理解できなかった件

(一般の方々にも関係ありそうな話なので、トップに上げておきます。若干、占星術にも関係あります)一昨日、翻訳して『諸葛亮伝2 少年期~青年期 』を上げました。ざっと解説を書き、後でまた修正・追記しています。ここは「テキストを適当に読み流すだけ」などという諸葛亮の性格タイプが正しく表れたエピソードが書かれていて、自分でよく知っていると思い込んでいた箇所。しかし裴松之(はいしょうし。三国志の注を書いた人...

  •  -
  •  -

子供に「孔明」と付ける人たちが多いらしい(日本人)

12/19の記事名付けで「コウメイ」を使う人たち先日「孔明という名前(字)の意味」という記事を上げて知ったのだけど、この名前について、お子様の名付けの参考で検索されている方が多いらしい。何か他の意味があって付けるのではなく、三国志好きの方が諸葛亮をイメージして「孔明」と付けるのだとか。昔から意外と多いそうだ。このことについて、私は「不謹慎」とか「図々しい」などとは思わない。まさかそんなことを思うわけが...

  •  -
  •  -

孔明という名前(字)の意味

諸葛亮の字、「孔明」という熟語の意味を解説致します。※この記事は一人の実在人物の名について語ったものであり、名付けについての解説ページではありません。 →名付けで調べている方はこちらの記事へ字(あざな)とは何かまず古代中国の名前について、基礎知識から。古代中国の成人は、「姓(氏)+名」とは別に「字」という呼び名を付けます。「字」は日本語で“アザナ”と読みます。日本で言う「通称」という意味のアザナ・あだ...

  •  -
  •  -

拡散に感謝。と、これから三国志翻訳を提供する決意

思いがけず、「三国志ジャンルの捏造記事について +蜀ファンへメッセージ【拡散希望】 」を拡散してくださった方が多いようです。本当に有難うございます。賛同いただいた方だけではなくアンチもいるかもしれませんが、アンチであっても広げていただけるのは有難いです。若干、ヘイトと誤解されかねない文もあり申し訳なく思います。(あれから少し控えめにしてみました。無駄かもしれませんが)少なくとも私にC国国民への民族ヘイ...

  •  -
  •  -

「はじめての三国志」の過去、調査。+剽窃(パクり)や捏造など、犯罪行為の保存方法

2018/12/5 削除しました。この日付に削除したことの証明  ここへ来られた方はクリックしてご確認ください。⇒https://web.archive.org/web/20181205153743/https://ksnovel-labo.com/blog-entry-1279.html...

  •  -
  •  -

フィクション三国志の道徳観念(劉備の価値観)は諸葛亮が創ったのかもしれないという発見

毎度お邪魔様です。記事上げ。<<こちらの非公開記事「道徳教師か、自分? 再びのインテリ差別で激しく反応」より公開すべきところを抜粋しました。非公開記事より一部転載(『諸葛亮は曹操を目指していた!?』という女史の記事を読み)またしても「インテリ差別」され犯罪者扱いされた悲しきトラウマ――筆者自身の話です――を刺激され、反発してしまった。“バカの壁”を持つ人たち、二時間ドラマ的なチープな偏見フィルターを持つ...

  •  -
  •  -

三国志ジャンルの捏造記事について +蜀ファンへメッセージ【拡散希望】

毎回、このジャンルの話ばかりで本当にすみません。私もこのジャンルに関わっていると精神的負担が酷いので、早く一般記事に戻りたいと思っているのですが、目に余る犯罪行為を黙っておれず記事を上げます。これはもう歴史趣味を装った精神侵略の戦争。このジャンルはもう現代現実の代理戦争状態となりつつあります。※この記事の前半は2018/12/4修正しました。 →この日付で修正した証拠のアーカイブ  前半に関わる記事  ・「...

  •  -
  •  -

曹操を評価し、諸葛孔明の虚像を暴く? ドヤ顔でマニアが語る逆説の、嘘と真実

三国時代の話をトップに上げないと書いたのに再び上げて、すみません。このジャンルの人が来ているうちに伝えておかねばと思ったので。(このジャンルに関心のない方へは、つくづく申し訳ないことです。いつもの通り無視してください)※マニアに合わせて諸葛亮を「孔明」と呼んでいた箇所、「諸葛亮」または「諸葛孔明」と書き直します(中国語への翻訳に支障が出るため)...

  •  -
  •  -

劉備とは仲が悪かった? 操っていた? 人間同士の信愛を否定することが許せないという話

<<前記事『人間同士の信愛が現実だったこと』からの続きです。昨今、蜀に対する下劣な悪口を書いている人々が、なんと「劉備と諸葛亮は、実はそんなに信頼し合っていなかった。仲が悪かった」と主張し始めています。悪口が言いたいからと言って、人の信愛まで否定しますか。人間として悲しいですね。『はじ三』の無知な歴史ライターに至っては、「諸葛亮は劉備を操ったのよ! サイテーな悪人だわ!」などと言っています。劉備が...

  •  -
  •  -

これは内集団バイアスと言うより、楽観DNAか? 鳥羽伏見の戦い

https://kokodakenobekkan-2018.tumblr.com/post/180345857021/歴史秘話ヒストリア-nhk ヒストリアで「鳥羽伏見の戦い」 の詳細を見て唖然とした。・幕府方は敵が恐れをなして逃げると100%思い込んでいた・そのため戦闘する可能性をわずかも考えず、銃に弾を込めずに戦闘に臨んだ(最新の銃を持っていたのに宝の持ち腐れだった)・敵方に「上に戦闘して良いか確認するから待っていてくれ」と言われて素直に待つ(……マジか……)・...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com