我傍的、ここだけの話


Archive2018年09月 1/4

サイコパスは知能が低いという研究結果

資料として記事を上げるために、「犯罪者の知能指数」について調べていたらこんな話を見つけた。 ⇒実はIQが低い!サイコパスの衝動性はここが原因だっただよねえ……。私は常々、「サイコパスは知能が低いに違いない」と思っていたのだけど、学者の先生方が「サイコパスは高知能」と言っていたので疑問を抱いていた。きちんと統計を取ったらこういう結果になるのだね。そんなサイコパスに何故、普通の人々が支配されてしまうのかと...

  •  -
  •  -

第7ハウスは「パートナー」、それとも「敵」なのか?

このあいだ古典占星術の本を読んでいて、「第7ハウスは、現代占星術では“結婚相手”などパートナーを表すが、古代では“敵”を表していた」という記述にはっとさせられた。占星術をご存知ない方への解説:西洋占星術は概念上、天を12個の「ハウス(室)」と呼ばれる枠に分けて星を読みます。「第7ハウスに太陽がある」とは、下の図のように、その年月日時に7番目の枠内に太陽があったことを意味します。※これは解説用の図で、今...

  •  -
  •  -

独裁者萌えな人たちが、悪行を完全無視できることの不思議

不快な話題が続いて申し訳ない。もう一つだけ、ジェノサイドの件で追加の話。■自分だけは優遇されると思って独裁者を崇拝する人々先日の番組でスターリンの大虐殺(ジェノサイド)について初めて知ってショックを受けた家族が、さらに「今のロシアではスターリンを崇拝している若者たちが増えている」と知って驚き、思わず呟いた言葉が的を得ていた。その時の会話をここへメモしておく。家族 「え、ねえねえ、今のロシアの若者っ...

  •  -
  •  -

ネイタルホロスコープで読めないものの一つは、「善悪」性質

昨晩の記事、『ファシズムは階級闘争が前提なので水瓶座で象徴できない』の続き。■サイコパスを星座で決めつけてはならないことスターリンを思い出したついでに彼のネイタルホロスコープを読もうと思い、ネットで資料を探していたのだけど、やはり誰にも分からないようだ。彼の場合は出生時間が分からないのではなくて出生日さえ分かっていない。独裁者が自分の出自を隠すために誕生日をごまかす、ということはよくある。しかしど...

  •  -
  •  -

ファシズムは階級闘争が前提なので水瓶座で象徴できない

先ほどUPした現代某国の人道への罪(100万人拘束)についての話なのだけど、「危険だ」とのメッセージが来たので引っ込めておいた。翻訳ツールを置いたばかりなのにこういうことを書くのは本当にまずいよね。分かっているのだが許せないと思い、書いてしまった。批判もやり方を考えねばならない。またエグい話で熱くなって、申し訳ない。前回のポルポトに引き続き、池上氏の番組でスターリンの殺戮歴史を観て刺激されてしまった...

  •  -
  •  -

炎上する・しないの差と、「生理的に無理」な境界の範囲

※何度もすみません。整理中に誤って削除したため再投稿家族が見ていた『今夜、くらべてみました』という番組で古市憲寿氏が出ていたのでつい気になって見てしまった。この番組のロケタレント登場シーンで、古市氏に「炎上コメンテーター」という肩書がついていて笑った。彼と似たような率直発言をするタイプの自分だが、私は炎上したことは一度もないし実生活でトラブルになったこともあまりない。まあ私が炎上しないのは「有名で...

  •  -
  •  -

占星術サイン、エレメントの特徴 新ページUP

占星術サイトから来られている方へご報告。長らくサイトを放置してすみません。サインの本質特徴をつかむ基礎としての、エレメント(元素)解釈を新URLで上げました。 ●火のエレメント  ●地のエレメント  ●風のエレメント  ●水のエレメント ざっと書いただけなので文章はブラッシュアップが必要と思います。誤字などあったらご指摘ください。*「サイトを移転する予定」と告げてから少し時間が経ってしまいました。ようやく新し...

  •  -
  •  -

道徳教師か、自分? 再びのインテリ差別で激しく反応

  •  -
  •  -

これを「バカの壁」と呼ぶのか……フィクションのフィルターに脳を侵された人々

前記事で「間もなく憲法改正もあるというのに、こんなレベルではいけない」と書いたのだけど、この国の教育レベルの低さは今更どうしようもないと思っている。フィクションを一度鵜呑みにしてしまうと、たとえ史書に触れてもフィクションのフィルターでしか見ないから、全てを「こうだろう」という憶測・決めつけだけで読む。前記事の例だと、諸葛亮について「リーダーを操り人形にして策を吹き込む参謀」という、二時間ドラマ的な...

  •  -
  •  -

「諸葛亮は曹操を目指していた?似ている二人を解説」byよかミカン にコメント

迷ったけど、あえて「歴史ネタ」としてこのカテゴリにし全公開でコメントを書こう。疲れるから嫌だ、と言いつつ『はじ三』で気になるタイトルの記事を読んでしまった。『そんな! 諸葛亮は曹操を目指していた? 似てる二人を解説』よかミカン……脱力。客観的に見て、目指していないと推測されます。笑むしろ反面教師で、最もなりたくないタイプでしょう。皆さんこういう設定好きだよね?「正直に見える人が、実は腹黒で簒奪(欲望...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com