我傍的、ここだけの話

私が人種・民族差別をするわけがない、絶対的理由(Twitterアカの件など補足)

-
前記事の件をもう少し具体的な話にて書いておきます。目次公園パーティへの批判についてTwitterは休止中です脊髄反射とは言い得て妙私が人種・民族するわけがない絶対的理由公園パーティへの批判について最近の私の発言で「正論を振りかざして人を弾圧している」ように見えるのは、たとえばこういう記事『ストップ公園パーティ! 傲慢パリピをトリアージ下位にしたい』(※調査のため非公開中)のせいもあるのではないでしょうか?...

「道徳」という免疫側に立ち続けることが私の役割でありテーマのようです

-
以前に当ブログの記事を引用して漫画を描いてくださった方より、いただいたメールが筆者の以前からのテーマにヒットしたので記事を書かせていただきます。※5/31 相手方が攻撃されたら困るためリンク・名前カットしますまたむやみに長いので必要なら目次をお使いください。目次メール引用と感謝「正論」を言いがちなのは私の個性なので、直せないという話「道徳教師」を受け入れる。免疫キャラであり続けるということ地上の真理と...

なぜ、パーティをやめなければならないのか? 民主主義を見直して自由を守ろう

-
別館で記事を書きました。現代世俗話。“このまま皆が我がまま放題の生活を続けたら、民主主義が敗北して世界が反転するけどいいの?”というお話。ストレスを感じやすい方は読まないようにしてください。※大陸から閲覧している人はクリック注意『民主主義が敗北する日~“SARS-CoV2”という共産兵器の最終目的』以下はこのブログ用に書く本心です。民主を愛するが故に「民主主義が敗北する日が来るかもしれない」とは、実はかなり以前...

生き残っていることに感謝、という話

-
(別館更新報告だったのですが、ここへ移動しました)これはいつも書いていることの繰り返しかな。 『今生きている人は皆がサバイバー。生きる意味を探すより生を肯定して歩こう』スピリチュアルも占星術も抜いた現実限定の話だからこそ、説ける話もあります。(もちろん裏付けとしての体験があるから言えるのだけど)この種の話は賛同も批判も両方あるはず。でもとにかく平和だから単純に幸福とは言えない、ということは確か。平...

人物紹介で、「不器用」と書いた件。三次元をフィクション化することの罪と危険

-
蜀同盟へ、三国志カテゴリの記事を少しずつ移動中です。一気にではなく毎日コツコツ移動。文章推敲しつつゆっくりコピーしています。「不器用」と書いた件『「ってどんな人」に史実で回答(初心者向け)』など、リンクを多くいただいている一部の記事はここへ残します。『どんな~』はそもそも作品の裏話と当ブログ補足として、「三国志って何?」というかつての私レベルの知識の方向けに、分かりやすく史実を紹介した記事です。三...

辺見庸が語る『月』。犯罪に文学を感じる人が多い不思議

-
このあいだテレ東『ハイパーハードボイルドグルメ リポート』を観て、ちょうど『もの食う人々』を思い出していたところ。今日は偶然にも目を留めたEテレで、辺見庸氏が小説『月』について独り語るのを聴いている。関心の向けどころが違うのかもしれないが、さすがに言葉のプロだなあと尊敬の念を抱いた。インタビューも無いのに独り淡々と静かに、しかし淀みなく流れるような語り口が心地よい。楽器の独奏にも似ている。内容は重苦...

悪魔が世界を統治? 悪癖を持つ者たちの本質を見据えること

-
去年末からいっこうに穏やかな話ができなくて、申し訳なく思っています。おそらく世界も日本も今、危機的状況にあるため私の神経も逆立っているのだと思いますが……。しかしこんな世界の片隅で叫んでいても効果がなさそう。ここへ来られる奇特な数人の方々へ届いた種が、いずれ芽を出す僅かな望みに期待をかけるのみです。もはや炎上もウェルカム。ご批判を含めて拡散いただけるとありがたい。前記事を書いたとたんさっそくグーグル...

「三国志展」、ふなっしーの本音

-
この記事は⇒移動しました。...

管理用 anriy3@gmail.com