我傍的、ここだけの話


Tagスピリチュアル 1/30

現代の幻想に言及「世界じゅうでくすぶる国民の不満とエゴイズム」

正直言って最近、このブログに何を書けばいいのか分からなくなりつつある。ここに来る人たちが求めているのは占星術とスピリチュアルだと知っているが、最近はそちらの分野の話をしている時間もなくなってきたと感じる。息抜きの趣味、エンターテイメント?として今後も書くとは思うが。本当に書きたいのは世界情勢や社会の話。でもGからペナルティを受けたり、対立する人々からの攻撃も増えて、ブログが潰される可能性が高くなる...

  •  -
  •  -

333について、追加情報。令和春分は「グランドマスターナンバー」、夢の叶う日

相変わらず世の中では悲しい事件が相次いでいる。こんなことだけが人間の真実だと思わないで欲しい。地上は今、残虐な暴力愛好家ばかりで満ちているが、卒業した先輩方は澄んだ世界にいる。悲しみから少し意識を逸らして、先輩方のいるふわりとした高みへ想いを馳せよう。今年の3月21日に私は『永遠に固定されるなら、オーディン(軍神)よりもラブバードで終わりたい 』ということを考えていて、その直後に「333」というゾ...

  •  -
  •  -

スキゾイドパーソナリティとは何か? 隠遁するタイプの脳はこうなっている

片頭痛の原因について調べていて、「スキゾイド(シゾイド)パーソナリティ」なるものを知った。筆者の人格特性、HSP(超高感度人間)との関連性が高いとのことで目に留まったのだけど、読んでいたら「おお……これは自分のことではないか」と思うふしが多々あり。たぶんここへ来られている方は興味を覚えるはずのパーソナリティだと思うのでご紹介しておきます。※ちなみに「パーソナリティ」とは人格個性のことです。「パーソナリテ...

  •  -
  •  -

私は何故、「天才」と呼ばれたのか (記憶語り)

  •  -
  •  -

魂のDNA鑑定 (以前の記事は削除、要約で再掲)

  •  -
  •  -

現世か来世に傾き過ぎる危険と、見かけだけの平等へ走る者の末路

検索していて秀逸な記事を見つけたのでご紹介。『てんきゅうぶのはてダ(仮題)』さんより ⇒現世と来世の危ういバランスもし、人生というものが「たかだか一世紀弱生きて、死んだらそれでパー」というだけのものでしか無いとしたら、人間は現世における目先の快楽のみを追求し、将来へ向けた活動、例えば勉強なり社会貢献なりを行う基盤が全く失われてしまうことになる。そのいきつくところは利己主義と拝金主義でしかなく、だから...

  •  -
  •  -

矛盾は成長の証? 考えが変わったということ

前記事、『賛辞を無視してきた私も、人間の言葉は無視できない』に関連して。過去、こちらの記事で見事に矛盾したことを書いていたことに気付き、自分で驚いている。他人の評価と自分は関係ないものと考えるしかなく、と言うことは結局、有名になろうがなるまいが現世に遺る評価は「自分とは関係ない」ことになる。これは現在生存する有名人でも同じ話だと思いますよ。現代の芸能人はネットでエゴサーチをするようだが、どうしてそ...

  •  -
  •  -

DLにお礼と、返信。私も「宿題」を頑張らねばと思います

読者の皆様へ。『永遠1』の無料ダウンロードは昨日終了しました。ダウンロードにご協力いただいた方々へ、深く感謝致します。以下はいただいたメールへの返信です。3/31にメールをくださったY様、ありがとうございます。昨夜「永遠の雨、雲間の光1」をダウンロードさせていただきました。無事に問題なく読むことができます。ありがとうございました。(今まで紙派で、今回初Kindle体験中です)ご報告ありがとうございます。「問題...

  •  -
  •  -

“「平和を生きる」幸せを再確認出来る小説” 永遠1レビューに感謝

今回の件でアマゾンページを見て、『永遠1』にレビューが入っていることに気付きました。レビュアーあっさむさん、ありがとうございます。先にも書いた通りアカウント削除や本の販売停止を受ける危険は常にあるので、こちらに転載させていただきます。あっさむ5つ星のうち4.0静謐な描写で、「平和を生きる」幸せを再確認出来る小説です。2019年1月14日形式: Kindle版Amazonで購入回想中の主人公の姿は、全編を通して不遇そのもの...

  •  -
  •  -

私がここで、標本となって伝えたいことは何か?

最近アクセスの高い、『経緯2.記録と向き合う。「現実調査」の過程 』を読み返していて、今さらながら「時代は変わった……」と思い知った。皆様はあの記事を読んで、表の左側を「後から創作した話」と思っているだろう?でも私は17歳当時、本当に何も知らないで左側に書かれた内容を思い出したのだよね。たとえば“忠臣の鑑”というワードも、周囲の人々から言われた言葉として(意訳で)思い出した。そう呼ばれた人は何万人もい...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり