我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

記事移動。「YOD」について大幅加筆、占星術館にてUP

トールハンマーの記事を上げたついでに、当ブログで中途半端に書いていたYODの記事を改め、占星術館で書き直しました。YODは「神の手」による宿命か天賦の才か? 運命ハードトレーニング最近「ブーメランYOD」という複合アスペクトもお馴染みになっているそうで。知りませんでした。勉強不足ですみません。最近の占星術の先生たちはいろいろ考えるなあ。年寄りにはもうついていけませんよ。笑さて今回も「YOD持ちは天才」という一...
-

「確信犯」として最強武器を前向きに生かしていきましょう【返信】

ご質問の返信です。10月半ばにいただいていたのですが、メールに気付かず大変遅くなってしまいました。申し訳ありません。Q.初めまして。占星術のアスペクトについて質問です。吉野様はトールハンマーという複合アスペクトをご存知でしょうか。私はネイタルに海王星が頂点のトールハンマーを1つ持っているのですが、解釈がよくわからず戸惑っています。このアスペクトに関して、吉野様の見解を教えていただけたら嬉しいです。...
-

あの国の始原図(国のホロスコープ)を読んでみました

昨夜は関東で大きな地震がありましたが、皆さんお怪我はないでしょうか。私は無事です。スマホの警告音と、激しい縦揺れにちょっとドキドキしましたね。「小動物の心臓」と家族に笑われております。ドキドキしてしまったのは、ちょうど例の国について記事を書いているときだったからでもあります。悪霊たちが抵抗して私のいる場所だけ揺らしているのかな?などと一瞬焦りました。さすがにそれはない。(まあ、スピ的には絶対ないと...
-

自分の運勢に興味無かったが、去年冬至の二重チャートで気付いたこと

前記事でご報告した通り、水瓶座時代の解釈を歪めて「我々の時代が来た!」という嘘をばらまいている勢力について注意喚起の記事を書いています。ぜひ拡散にご協力ください。更新記事、もう一度リンクしておきます。ここでは伏字。K's Fortune Labo 宿曜占星術×西洋占星術: “水瓶座の時代”に××主義が実現する!? 真相を星座の解釈から読んでみた【2020年末の占星術復習3】地と水の人にとっての「風時代」は少々生きづらいのでし...
-

土星が前世の命日だったケース(土星ログアウト)他、今前ホロスコープ比較

ご無沙汰しております。(2/13夜、大きな地震がありましたが皆様お怪我はないでしょうか…?)気付けば前回の更新からもう一週間経っていましたね。世の中が変化するスピードが速くて時間の感覚を失っています。現代世界についての話は別館でするとして、ここは通常運営に戻りましょう。本日は久しぶりに輪廻転生の話です。占星術で、今世のホロスコープに前世がどのように表れてくるか? 他の方のケースをもとにお話しします。前...
-

記事修正。オバマ氏ネイタルに注意書きと、アインシュタイン脳の誤り

現在まともな記事の更新は控えていますが、修正だけ行っています。オバマ氏のネイタルホロスコープに注意書き設置先日触れた「オバマ氏の出生証明書が偽造だったかもしれない」という件。トランプ氏が2016年の選挙活動中に叫んでい頃は「ただの誹謗中傷だろう…」と思っていたのですが、今般あのウィキリークスから画像が出回りました。ウィキリークスからの情報流出ではさすがに無視できなくなりまして、彼のネイタル・ホロスコー...
-

蠍座さんの解釈文を変えました(蠍座に共通するのは優しさです)

前記事でご案内した通り、昨日ジョー・バイデン氏の出生(ネイタル)ホロスコープを詳しく読みました。それでホロスコープから読み取れた印象として彼のことを「魔王」と表現しましたが、もしかしたら「蠍座=魔王」のイメージを持ってしまう方もいるかもしれません。だとすれば申し訳ないです。確かにバイデン氏は蠍座の強さで「魔王」的なイメージを高めています。しかし私は、もちろん星座だけを理由としてそう呼んだのではあり...
-

バイデンのホロスコープ読んでみました。と、「風よ吹け」の補足など雑談

メディアによればジョー・バイデンは次期大統領で確定(笑)とのことなので、禁忌を解いてネイタルホロスコープを読んでみました。公開の場で、他人のホロスコープをこんなに詳しく読んだことはなかったのでは?私は著名人でも故人でも遠慮してしまうのです。他人の性格や人生をああだこうだと勝手に分析するのは。(だからいつも自己分析しか書かない。遠慮しなくて良いから。別に自分が好きだから自己分析ばかりしているわけでは...
-

【公開版】性格分析比較リスト、アセンダント・サインとの照らし合わせ

『リロケーション』の記事にて書いた、魂の人格は場所を移動したくらいでは変わらないのだという実例として、筆者の性格分析リストとASCサインとの照らし合わせを置いておきます。性格分析はもちろん今世の結果しか公開できませんので悪しからず。前世との比較は客観的な分析が可能なものだけですが、パスワード付き。筆者の書籍を読み、経緯を把握してからパスを入れてお読みください。【前提】(前世と今世のアセンダントは同じ...
-

〔ホロスコープ分析法〕実際の個性と、見た目とのギャップは諦めるのが肝要です

しばらくPCの調子が悪いのと、先日の痛手を被って執筆の気力が失せたせいで更新が滞っていました。やっと気力が戻ってきたので幾つか記事を書いています。今日はものすごく久しぶりに占星術サイトで新記事を書きました。と言ってもここでメモしてきた話のまとめではありますが。サインの古典解釈と、“見た目印象”の占い方について。アセンダントで容貌を占っても当たらないよ、というお話。『アセンダントは容貌を表さない! 古典...
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > タグ「ホロスコープ解釈」

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】