Tag三国志 1/16

長期の恩義をどう返せばいいのかと考え苦しんでいる

  •  -
  •  -

現代に某国が存在したらしい…。現実が空想を浸食していく(国際情勢メモ)

  •  -
  •  -

懐かしの「血天井」、怖いものではなく素晴らしい絆の証だった

昨夜、『何だコレ!? ミステリー』という番組で、歴史マニア・あばれる君のリポートにより伏見城「血天井」が紹介されていた。忘れもしない、私が修学旅行で見たあの「血天井」だ。あの日から自分の運命が変わった。通常の意味を越えた懐かしさを抱く。番組は宝泉院(大原三千院の参道奥にある寺院)だったのだろうか? 途中から見たので分からないのだけど、 同じ伏見城のものであることは確か。鳥居元忠氏の人生が紹介されてい...

  •  -
  •  -

蜀同盟、まとめて更新報告。余談で「アテン」など歴史話

『蜀同盟』更新中。興味をお持ちの方は少ないと思いますが、一応ご報告しておきます。ウザいだろうからまとめて。中国大陸から閲覧されている方はクリックしないでください。最新の投稿。拡散希望です。 ⇒諸葛亮は偉大なK産リーダー? 柿沼陽平『劉備と諸葛亮 カネ勘定の三国志』絶賛レビューあと、文句を言いつつ結局あれから『三国志展』へ行ったのです。レポートはこちら。 ⇒「三国志展」に三国時代の息吹は無いが、人形劇...

  •  -
  •  -

『我傍に立つ』を現実名で書くべきか問題。最近、現実イメージがはっきりしてきた

(この記事は小説読者の方々への質問なので敬体で書きます)ここのところ現実の知識が増してきた結果、自分自身の記憶イメージもかなり現実らしくなってきた気がします。「ダウンロード」した記憶場面の数は増えないのだけど――つまり以前より思い出せる範囲が広がった・記憶が増えたというわけではない、以前から持つ記憶イメージが場面ごと濃厚になりはっきりしてきました。例えば「執務室で仕事をしているシーン」は始めの記憶で...

  •  -
  •  -

オーディエンスによる今この状況についてと、3のシンボル再び

今もまだ、ここへ三国志の話題に興味をお持ちの方はいらしてる?そんなあなた限定の更新通知です。8/29更新、タイトルは「ヒストリア『徹底解明!三国志英雄たちの秘密』レビュー NHKの非道な行い【拡散希望】」。※危険なため「蜀同盟」TOPから行かれてください。中国大陸から閲覧している方はクリックしないように。「三国志の記事はここで更新通知しない」と言ったのに、また前言を翻してごめんなさい。ここのところ重要な話が...

  •  -
  •  -

ファッショに利用されてメンタルダメージ。今さら使命に気付いたという話

  •  -
  •  -

木牛流馬はトロイの木馬では? と書いた裏の理由。「空城の計」など

  •  -
  •  -

8/18最終訂正です

RSSで通知を受けている方のためにお知らせで再投稿。前記事、『成都から北伐への道、現実景色を鳥瞰してみての雑感』の修正あります。墓の形ですが、映像を確認していたところ違っていました。すみません。8/18 再び訂正・加筆しています。現実的なレビューも書きました。(結局、三国志ジャンルなのに報告することになってしまった……笑)...

  •  -
  •  -

成都から北伐への道、現実景色を鳥瞰してみての雑感 ※8/18最終訂正

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり