Tag中国史 1/9

孔・明という字の意味

諸葛亮の字、「孔 明」という熟語の意味を解説致します。(正史・三国志翻訳に先立ち豆知識のご提供。そう言えば、ここのブログできちんと書いたことがなかったと気付いてこの記事を上げます)字(あざな)とは何かまず古代中国の名前について、基礎知識から。古代中国の成人は、「姓(氏)+名」とは別に「字」という呼び名を付けます。「字」は日本語で“アザナ”と読みます。日本で言う「通称」という意味のアザナ・あだ名とは違...

  •  -
  •  -

「蜀ファンへメッセージ」に対するお言葉に泣かされています(返信)

またこのジャンルへ戻り恐縮です。先日上げた『三国志ジャンルの捏造記事について +蜀ファンへメッセージ【拡散希望】』に関して、温かいお言葉や情報をいただいております。ありがとうございます。他にもご心配されている方がいるかもしれないので、差し支えのない範囲で、公開にて返信させていただきます。■中国事情について教えていただきましたまず、中国における諸葛亮評価についてたくさんの書き込みを教えていただきました...

  •  -
  •  -

八陣図の元型? 「ホロスコープは陣形から生まれた」説を考えてみる

歴史からSFスピリチュアル、果ては現代法律まで、我ながら色々書き過ぎているなと思います。多ジャンルが渋滞しているブログで、まことに申し訳ないです。占星術界隈の方々は最近かなり減った気がするな。言い訳しておくと、前も書いた通り「壬」気質なので興味が色々と分散してしまうのです。(あるいは、水瓶座気質と言ってもほぼ同じですが)SEO的にはたぶん最も不利な性格なのだろうと思います。笑やっと通常運営へ戻り、久し...

  •  -
  •  -

正史『先主伝(劉備伝)』 2 少年期~青年期

蜀志 目次へ本文訳 先主は幼くして父を失ってから、母と草履を売り、蓆(むしろ)を織って生活の糧としていた。 (劉備が少年期を過ごした)家の東南角の垣根の上に(覆い被さるように)桑の大木があった。高さは五丈余りもあり、遠くから見ると葉が生い茂って位の高い人が乗る車の傘のように見えた。往来の人は皆この大木の非凡さを不思議がった。 ある人は言った、「この家からは位の高い人が出るぞ」。 先主も幼い頃、親戚...

  •  -
  •  -

正史『先主伝(劉備伝)』 1 生まれ、先祖について

蜀志 目次へ本文訳 先主は姓を劉、諱(いみな。下の名)を備、字(あざな)を玄徳といった。 涿郡涿県(現在の河北省保定市)の人で、漢の景帝の子、中山靖王劉勝の後裔(子孫)である。 劉勝の子の貞が、元狩六年(紀元前117)に涿県の陸城亭候の爵位を受けたが、納めるべき酎金を納めなかったので位を失い、そのままこの地に住んだ。 先主の祖父は雄、父は弘といい、代々州郡に仕えた。雄は孝廉に推挙され、官位は東郡の...

  •  -
  •  -

正史・三国志 陳寿著~2000年代の日本語訳 目次

三国時代の正統な史書とされる陳寿著『三国志(三国書)』を、現代日本語でわかりやすく訳し、ネット上に公開していく試みです。どこまで翻訳できるか分かりませんが、とりあえず『蜀志』から始めます。インターネット上での閲覧は自由、永久無料。(引用については下記参照)長期保存できるようインターネットアーカイブにも残していきます。小説やマンガのフィクション設定を「100%史実」と思い込んでいる三国志ファンばかりの現...

  •  -
  •  -

拡散に感謝。と、これから三国志翻訳を提供する決意

思いがけず、「三国志ジャンルの捏造記事について +蜀ファンへメッセージ【拡散希望】 」を拡散してくださった方が多いようです。本当に有難うございます。賛同いただいた方だけではなくアンチもいるかもしれませんが、アンチであっても広げていただけるのは有難いです。若干、ヘイトと誤解されかねない文もあり申し訳なく思います。(あれから少し控えめにしてみました。無駄かもしれませんが)少なくとも私にC国国民への民族ヘイ...

  •  -
  •  -

「はじめての三国志」の過去、調査。+剽窃(パクり)や捏造など、犯罪行為の保存方法

2018/12/5 削除しました。この日付に削除したことの証明 https://web.archive.org/web/20181205153743/https://ksnovel-labo.com/blog-entry-1279.html...

  •  -
  •  -

墨子を崇める左翼の勘違いと、私自身の思想について

疲れる話を続けます、すみません。またグー神さまのペナルティの対象となってしまいそうですが。過去記事を見直していて、『はじめての三国志』kawauso氏を褒めていた誤りの記事があったため修正しました。偏った思想団体のサイトを奨めてしまい、まことに申し訳ない。私は疲れるから三国志系のサイトを深読みできないのです。誤りに気付いた時はご指摘ください。特に反省しているのはこの記事。彼が墨子を引用しているのを、ただ...

  •  -
  •  -

三国志ジャンルの捏造記事について +蜀ファンへメッセージ【拡散希望】

毎回、このジャンルの話ばかりで本当にすみません。私もこのジャンルに関わっていると精神的負担が酷いので、早く一般記事に戻りたいと思っているのですが、目に余る犯罪行為を黙っておれず記事を上げます。これはもう歴史趣味を装った精神侵略の戦争。このジャンルはもう現代現実の代理戦争状態となりつつあります。※この記事の前半は2018/12/4修正しました。 →この日付で修正した証拠のアーカイブ  前半に関わる記事  ・「...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com