Tag価値観 1/14

「伝書鳩」は自分自身に生まれ変わるシンボル (すたくろさん解釈に唸った)

久しぶりにサビアンシンボルの解釈サイト「すたくろ」さんへ伺い、伝書鳩のシンボルを読んで唸っていた。 ⇒Code.no 142 獅子座22度  伝書鳩 ※「サビアンシンボルで、お奨めのサイト」とはこちら↑です。以前に紹介した記事は整理のときに削除してしまったため行方不明になっていました。リンク切れでご迷惑おかけしました「獅子座22度 伝書鳩」は、筆者の太陽シンボル。と書くと、ほぼ誕生日ばれてしまうけど。(お願い: ...

  •  -
  •  -

「三国志展」、ふなっしー「曹操展」とつい本音を漏らしてしまう

2019/7/7 ふなっしーの動画をテキストに起こしておきましたお知らせいただいた『三国志展』、行くかどうか。どうしようかなあと悩み、とりあえず公式サイトを見てみた。...

  •  -
  •  -

『帰ってきたヒトラー』で体感した、現代民主主義の恐怖

いよいよ大阪G20が始まった。日本社会は相変わらずお子様ばかりで世界への関心など皆無だが。テロなどなく、無事に終わることを祈る。そんな世紀のイベント直前の昨日、たまたま録画していた映画『帰ってきたヒトラー』(2015年ドイツ)を観た。軽いコメディだと思って観たのだが、意外にもシリアスで核心を突く映画だった。これは名作かもしれない。...

  •  -
  •  -

人道に反してはいけない、というシンプルな基準を蘇らせるべき

前記事、ロンブー亮が嘘をついていたことに怒った件、あまり興味を持たれないかなと思ったら意外とアクセスが高い。あの後何点か追記したからご確認のほどお願い致します。志らく氏の『謹慎処分の芸人ら謝罪文をバッサリ「被害者に対して誰もわびていない」』を読み、そう言えば私も記事で被害者に触れた箇所はカットしてしまったと思い出し改めて書き足しておいた。詐欺で稼いだ金を受け取ったことは罪。被害者に謝罪すべき。そん...

  •  -
  •  -

樹木葬はどうなのか? 死者にとって最も良い埋葬スタイルとは

ここのところ義父の墓を探してあちこち見学へ行っていた。義父が亡くなったのは今年始めなのだが、しばらく墓地を探す時間がなくて骨壺のまま自宅に安置していた。せめて夏までには埋葬したいと思い、急いで探し始めたもの。色々見て回った結果、高台にある眺めの良い霊園でほぼ決定。うちは後継ぎもないし、義父も古風な墓に納まることは嫌がるはずの現代的な人だったから、最近流行りの「樹木葬にしよう」と家族会議で決まった。...

  •  -
  •  -

「救急車のモーゼ海割り映像」に観る、民度はDNAではないという証

タンブラーではたくさんメモしたのだけど、こちらでも公開で危険な話を少しだけ引用。あまりにも感動的な映像だったので残しておきたい。C国から閲覧されている方は安全対策をしていると信じる。救急車に道を譲る香港デモ隊Hong Kong protesters giving way to an ambulanceCredit: EYEPRESS NEWS#香港加油 pic.twitter.com/oCuu84KjXX— yamada_ryoko (@ryoko90321) 2019年6月16日まるでモーゼが海を割るかのように鮮やかに...

  •  -
  •  -

東洋のシンデレラは、白馬に乗ったオジサンに迎えられた(三顧礼の真相2)

今日も三国志話で恐縮ですが、軽めの話で遊んでみます。不謹慎だったらすみません。笑っていただければ幸い。実写版『シンデレラ』感想昨夜、ディズニー映画『シンデレラ』を家族と見ていた。相方はこういうファンタジー映画が好きらしく、私が「この声って高畑充希だよね? シンデレラが充希ちゃんにしか見えなくなってきた」などと話しながら見ていたら、「映画の世界に入り込んでるのに邪魔しないで!」と叱られた。ごめん。(...

  •  -
  •  -

現代の幻想に言及「世界じゅうでくすぶる国民の不満とエゴイズム」

正直言って最近、このブログに何を書けばいいのか分からなくなりつつある。ここに来る人たちが求めているのは占星術とスピリチュアルだと知っているが、最近はそちらの分野の話をしている時間もなくなってきたと感じる。息抜きの趣味、エンターテイメント?として今後も書くとは思うが。本当に書きたいのは世界情勢や社会の話。でもGからペナルティを受けたり、対立する人々からの攻撃も増えて、ブログが潰される可能性が高くなる...

  •  -
  •  -

たまには気楽な三国志の雑談でも。「孔明の罠」意味と用法など(返信)

B様へ。ここのところ歴史捏造と戦うための記事に集中していて、返信遅くなりました。まずは構ってくださることに感謝です。気楽に何の話でも触れていただけると、こちらも気張らず話すことができてありがたいです。何より気軽な三国志話に感謝。三国時代の話は、私の特殊な立場だと(笑)とても話しづらいので実はすごく神経を遣ってしまいます。読者の皆さんも「頭のおかしい危険人物」と警戒し、遠巻きに眺めていることが分かるし...

  •  -
  •  -

劉備と諸葛亮の信頼は嘘だった? 「君可自取(君が政権を取れ)」遺言の真相

ずっと遠慮していて書けなかったのだが、明日死んだら後悔するから書くことにした。嘘をばらまく者たちの犯罪があまりにも目に余るので。この通り公開で書くのは捨て身であることの証だと分かってください。誠心誠意、本当のこと(私が思う真相)を書きます。拡散していただけると嬉しいです。【6/5追記、ご注意】 この記事には私の個人的イメージが含まれます。一般歴史ファンの客観意見もぜひ参考にしてください>>知恵民の客...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり