Tag前世 1/25

当ブログ記事(ヘッド・テイルの話)が漫画にて紹介されました

読者様へご報告。pixivで漫画を描かれている方が、当ブログの記事を引用してくださいました。引用していただいた記事(当ブログ)『前世、月とドラゴンヘッドへの表れ方』『ドラゴンヘッドとハウスの関係』pixiv漫画作品のページ(作者:ななしのあいき さん)『ぷちいばしょさがし15「前世からの道・星から見える物」』15話の前提となるエピソード『ぷちいばしょさがし13「前世から繋がる道・シンクロ編」』『ぷちいばしょさが...

  •  -
  •  -

『恵美論』に激しく共鳴した話(『世にも奇妙な物語2019年秋』感想)

本日は軽めな話。息抜きで眺めていた『世にも奇妙な物語』は今回、どれも面白かった。斉藤由紀主演『恋の記憶止まらないで』などは『リング』を思わせる日本的ホラーで、短編であることがもったいなく思う。あれで元の歌手に関する謎解きを細かく描けば、二時間の映画にもなったはず。最近ハリウッド製作のホラーに失笑していたので、やはり恐怖物に関して日本人は一流だなと感心した。『ソロキャンプ』の不可解な恐怖も凄いなと思...

  •  -
  •  -

因果応報の見本、要パス記事一つオープン

ご報告。要パスワードだった記事を一つ公開しました。因果応報はこのように細かいことでも返って来るんだよ、という話。「悪いことはできない、すべきではない」というところが最も大事です。 『前世の息子の記憶と、因果応報』上は輪廻転生に興味のある方のために公開する記事ですが、実はもう一つ理由がありまして。そろそろ残したいものを公開しネット上に残しておかねばと考えています。何故なら今、C国工作員の暴虐が酷く、...

  •  -
  •  -

民族の特性は、DNAに宿るのか文化に宿るのか?

最近の私は悪化の一途を辿る香港情勢を見つめています。ツイッターなどでは投稿できない、ここでしか語ることのできない話をメモしておきます。(以下常体)香港人はまるで古代中華人のようだ...

  •  -
  •  -

ツイート埋め込み撤去。方針変更、申し訳ない

今さらながらツイッターで次元の低い人たちと絡んでしまって参っています。今、あえてスルーしないようにしているため、この低次元な人たちと付き合うことになり疲れるわけです。昨晩だったか、ツイートで「クソ頭が悪い」という文を表示してしまったがこれはコメントしてきた者の文を引用した箇所です。汚い言葉のリプを飛ばして来る者がいたため、見せるためにわざと引用したもの。私は普段こういう言葉を使うタイプではありませ...

  •  -
  •  -

懐かしの「血天井」、怖いものではなく素晴らしい絆の証だった

昨夜、『何だコレ!? ミステリー』という番組で、歴史マニア・あばれる君のリポートにより伏見城「血天井」が紹介されていた。忘れもしない、私が修学旅行で見たあの「血天井」だ。あの日から自分の運命が変わった。通常の意味を越えた懐かしさを抱く。番組は宝泉院(大原三千院の参道奥にある寺院)だったのだろうか? 途中から見たので分からないのだけど、 同じ伏見城のものであることは確か。鳥居元忠氏の人生が紹介されてい...

  •  -
  •  -

要パスだった記事、一つ公開しました。ドラゴンヘッド・テイルは性格ではないということ

お知らせ。最近、前世の話についてほとんど隠していないも同然となってきたため、以下の記事を公開します。「仮」と書いていますし大丈夫かなと。 ⇒前世(仮)、ドラゴンテイルへ歩いた見本人生 どうやら需要のある記事らしく頻繁にクリックされます。この記事だけを目的に書籍を購入された方、もしいらっしゃったら申し訳ありません。上記事で書いている「二つ前は傭兵として生きた」「長いこと孤児だった」という話については、...

  •  -
  •  -

自分に老後などあるのだろうか?

別館のほうで雑談を更新しています。ここではいつも書いている内容のような気がしますが……。「本で圧死したい」については変態の妄言(笑)なので気にしないでください。 ⇒本に囲まれ、崩れた本で圧死したい(理想の老後と死に方)こちらではプライベートな捕捉。「理想の老後」として具体的にイメージしていたのは、神奈川県・鎌倉の小山です。丘ではなくて小山ですよ。老後なので少しグレードアップしてみたり。笑 (今の自分が...

  •  -
  •  -

【占星術で見る善悪】悪事をする者は未熟とは限らない。ゼロ地点と双極の話

占星術に関する回答です。少し前にメールでいただいたテーマですが、ダークな話なので躊躇して書くのが遅くなりました。すみません。ある殺人犯のネイタルホロスコープテーマ引用。青地箇所は筆者による加筆。ちなみに「先生」は筆者のことで、一般的な敬称としての「さん」の意味:不意にネットで見てしまったそちらのニュースのせいで、先週久しぶりに精神的にズドーーンと落ちました。あまり詳しくは書きたくありませんが、北九...

  •  -
  •  -

ご意見ありがとうございました。『我傍』実名化について

S様、ご意見ありがとうございました。とてもはっきりとした力強いお言葉に感動し震えています……。この先の自分の目標を曖昧にしてはいけないので、一部を伏せたうえで公開させていただきます。(送信時に公開のご了解をいただいていますが、もし公開がご不快だったり、「やっぱり非公開へ変更して欲しい」と思われましたらご連絡ください)『我傍に立つ』を現実名で書くべきか、について。小説の一ファンとしての正直な気持ちは、...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり