Tag前世 1/22

賛辞を無視してきた私も、人間の言葉は無視できない(一から向き合う)

  •  -
  •  -

何故、炎上しないのでしょうか? 自分でも長年の謎です。(T様へ、返信)

3/26にメールをくださったT様へ、遅くなりましたが返信です。原則としてうちは公開返信なので、個人情報に関わりそうな話や、検索会社のペナルティを受けそうなところは伏せさせていただきますね。こんにちは。吉野さんのブログをちょくちょく広めている人間です。もしかしたら、今、そちら様の閲覧数が上がっているかもしれません。もしそうなら、見ているのは…(略)…と思われます。私も(略)炎上したのか興味を持ったからか知...

  •  -
  •  -

好きを手放しで表すこと

3/24 23:20改稿 3/25タイトル変更最近色々探っている一見さん向けに、下の要パス記事から公開できるところを転載していましたが、さすがにショックを与えそうなのでカットします。(アンチではない方も来られているだろうから配慮)なるべく『我傍に立つ』を最後までお読みいただいてからログインください。 『私は粛清したのか? 記憶を探ってみる 』以下はこれに関して新たに追記した卑近な話で、「現在の私について雑感」...

  •  -
  •  -

私がここで、標本となって伝えたいことは何か?

最近アクセスの高い、『経緯2.記録と向き合う。「現実調査」の過程 』を読み返していて、今さらながら「時代は変わった……」と思い知った。皆様はあの記事を読んで、表の左側を「後から創作した話」と思っているだろう?でも私は17歳当時、本当に何も知らないで左側に書かれた内容を思い出したのだよね。たとえば“忠臣の鑑”というワードも、周囲の人々から言われた言葉として(意訳で)思い出した。そう呼ばれた人は何万人もい...

  •  -
  •  -

333のメッセージとは? 沸き立つオーディエンスたち

  •  -
  •  -

永遠に固定されるなら、オーディン(軍神)よりもラブバードで終わりたい

(独白風の常体に戻ります)これからは公開でも少し、具体的な前世話をしていこうと思う。私はただ「ネタバレ」や「釣り/不当なアクセス稼ぎ」をしたくないから要パスで書いてきただけなので、批判や嘲笑を避ける者ではない。拡散は自由に。戦争シーンは直視できない書き忘れたけど、前々記事で紹介した『三国志 Three Kingdoms』のYouTube動画でもやはり、戦争の場面はなるべく見ないようにした。最近の中国ドラマは技術が上がっ...

  •  -
  •  -

「忠臣の鑑」という噂の真相 (3/19 20:08改稿)

  •  -
  •  -

特殊な運命は、過去の傷が多い証

ちょっと独白風メモ。10:29追記日ごろ私は「バランス、バランス」とうるさく言っているけど、自分自身の人生は極端だな。前世は極端に活動的だし、今世もその正反対で極端に静穏(底辺とも言う)。激しく揺れる振り子のような二つの人生だった。ただネイタルのホロスコープを見ると、前(仮)と今、どちらも左右上下ばらけていて「バランス」が取れている。これだけのバランスで特殊な形状を成しているのはわりと少数で、だからこ...

  •  -
  •  -

前世雑談。泣き上戸の程度など、何もかも想像(イメージ)を越えていたこと

  •  -
  •  -

人が世を去ることのダメージ。と、取り残される私の宿命について

ここのところ近しい人が世を去ることが多くて参っている。※「近しい人」:親や家族、親友など近親者のこと。私は普通に使いますが、最近あまり使わないので若者言葉の略語と思っている人たちがいるらしい。どちらかと言うと古風な文学用語かもしれない。2/9の記事に書いた通り、先日は義父が世を去った。その四十九日も来ないうちに、偉大な伯父も。私の養父になる可能性のあった人だ。父親二人を失ったに等しい……。もういい大人...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com