新しい日の夜明けが、全てが変わっていることを明らかにする(サビアンシンボル天秤座3度)

-
インスピレーションを受けた話。先ほどブログ整理のため過去記事を見返していて、よく閲覧されるダ・ヴィンチのホロスコープなど眺めていました。何気に海王星・天秤座1度に目が留まり、そう言えば自分もこの近く(3度)に冥王星があったな……と何故か気になり。サビアンシンボルについて改めて考えていました。前世の死と驚くべき一致天秤座3度のシンボルは「新しい日の夜明け、すべてが変わっている」です。このシンボルは希望...

「道徳」という免疫側に立ち続けることが私の役割でありテーマのようです

-
以前に当ブログの記事を引用して漫画を描いてくださった ななしのあいき さんより、いただいたメールが筆者の以前からのテーマにヒットしたので記事を書かせていただきます。(メッセージへの返信と言うより私の考えの説明なので、カテゴリは「~について(基本的な考え方)」としておきます)またむやみに長いので必要なら目次をお使いください。目次メール引用と感謝「正論」を言いがちなのは私の個性なので、直せないという話「...

生まれ変わりはあると主張するアメリカ科学者(ネット記事感想)

-
〔3/20 文章改稿、加筆あり〕そろそろ皆さんコロナ疲れでは?私もコロナ報道に疲れきっている。と言うより正確には、嘘を叫ぶ非合理主義の「日本人疲れ」しているのだが。 【別館】「日本人疲れ」事情はこの辺りに書いています(政治系の話。ストレスに弱い方はクリックしないでください)うんざりしたので、当ブログの原点に帰りスピリチュアルのネタを眺めることにした。少年心を掻き立てる※不思議情報ブログ、『カラパイア』...

心優しきワニくんの100日を読む。ダラダラ過ごす日常の幸福〔追記あり〕

-
きくちゆうき氏ツイートより引用昨日また、前世の死の光景などを思い出して振り返りをしていたのだが。そんな「死」について考えていた昨夜、奇遇にも有名な『「100日後に死ぬワニ」』が最終回を迎えていたらしい。 ⇒「100日後に死ぬワニ」(ねとらぼまとめ) 一気読みできます ※いきものがかりコラボ動画は削除しました。理由は下に追記。感想この作品のことを噂では知っていたのだけど、私は流行を追うのが苦手なので、ツイッ...

前世で最期に見た朝の景色を思い出す(Andre Gagnonを聴いて)

-
「いつもどんな音楽を聴いていますか?」の質問に答えるシリーズ。(この記事は常体で書きます) 他に音楽の話 →音楽タグめぐり遭いYouTubeでAndre Gagnonの曲と遭遇して、懐かしく聴いていた。彼の曲のなかでこの邦題『めぐり遭い』が一番好きだ。これもかなり昔の曲。たいてい執筆のBGMや、寝る前にリラックスするためにかけていただけで当時は夢中になったというほどではなかったのだが、今久しぶりに聴くと心に沁みる。Andre...

夢や日常の伝言。高次霊・オーディエンスたちは生者を見守っている

-
以前、当ブログの記事を引用して漫画を描いてくださった方からメッセージいただきました。ありがとうございます。夢に関する話。たぶんこのブログへ来られている方には参考になるはずの内容なので、作品へリンクさせていただきます。絶妙なタイミングでもらう夢やインスピレーションとは?作品紹介。作者さんが体調を崩して入院されていたとき、夢に出てきたキャラクターから励ましの言葉をもらったそうです。この体験をもとに「絶...

今さら「中華」にはまっている自分が滑稽(中華BGM紹介)

-
※ストレスの溜まる世間から少しだけ目を逸らして。息抜きのBGMでもいかがでしょう。※画像:https://www.youtube.com/watch?v=N5KhSkwr3vg&feature=youtu.beより引用中華BGMで癒し去年から始まった私の「中華BGM」熱が止まりません。たとえば今宵はこちらを聴いていました。いや、「中華」と言いながらイラストは神社! 和!!(笑)UPされた方は台湾人か大陸人か分かりませんが、向こうは日本のアニメ好きが多いため、文化交錯し過...

「教養と心の優しさは連動する」 インテリは全員が悪人なのかどうか

-
自賛エピソードこのあいだ「人の目を見れば人格が分かる」と豪語する上司と日常会話をしていたとき、不意に彼が笑い出して言いました。「お前……!目の奥がホント綺麗で笑えるな。キラッキラしちゃって。悪いこと全然考えてない、って目。幼稚園の子みたい。いや今どき、子供でもそんな綺麗な目をしてない」どうも馬鹿にして笑っていたらしいのですが、馬鹿にされているからこそ本心なのだなと感じ嬉しくはありました。自分で自分を...

三国志好きの方(なおかつ変わったネタを探している方)へお奨め記事

-
最近、このブログにも三国志好きの方が来られるようになったようです。おそらく興味本位で閲覧されているのでしょうがそれでも構いません。知識ある方に興味を持っていただけるだけでありがたく思います。もし筆者の「妄想」にも興味を持っていただけるなら、以下の記事がお奨めです。これらの記事は今まで三国志カテゴリではなく、筆者小説の裏話として『我傍的な話』カテゴリに入れていたので分かりづらかったはず。あくまでも個...

管理用 anriy3@gmail.com