我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。小説裏話、前世+占星術
 メニュー・新着

-

この人生が終わったら… 「本当の願い」を再考してみる

前記事の続き、願望実現についてです。いつも書いている通り、昨今大はやりの「引き寄せ」法則は良くない起源を持つから注意してください。ここにも改めて書きますが、あれはもともと唯物の「反哲学」なのです。物理次元に限定された、物を他者から盗み取るための思想なのですから、厳密にはスピリチュアルとは言えないと思います。デマデマ唱えれば犯罪も無かったことになる、過去の歴史から書き換えられると信じている信者たちだ...
-

「さん付け禁止」と反ルッキズム… 愛あるイジりを禁じて孤独の大量生産

現代通常モードに戻り世間話です。tumblr投稿からの転載、少し書き足しあり。(当記事は現代の話ですが、自分の事情を書くために少しだけ歴史に触れるかもしれません)キャンセルカルチャー推進者のツイートまず、流れてきたのはこんなツイート。容姿や体型にまつわること性差によるステレオタイプなジャッジ相手を「いじる」こと それらができなくなると「何も言えなくなる」と思うなら、それは「社会が窮屈になった」のではなく...
-

諸葛亮の死因を医学的に考えた記事〔後半〕※過去記事ピックアップ

あと最後にこれだけ。要パス記事公開です。次々公開してすみません。これに関しては医師による歴史捏造の犯罪が行き過ぎているので、公開するものです。放置していると労災認定を蹴られる犠牲者が増える重大犯罪です。〔2021年7月11に書いた記事。2022年6月22日トップ上げ〕前段の話。医師による歴史捏造と、客観的な反論はこちら。【別館】諸葛亮の死因を医学的に考えた記事へ、反論(ここでも少し解説しておきます)何故、彼らが...
-

要パスもう一つ公開。「平成の孔明」さん、茶化してすみません

軽めの話だからもう一つだけ、要パス記事を公開しておきます。危険な政治外交ワードがあるのですが、これこそ知って欲しい事実ですからあえての公開。【雑談】使命を果たすために、そろそろ中華街で羽扇でも買ってくるかあ…(冗談と愚痴)面白がっていただければ幸いです。ぜひネタとして晒してください。この記事のなかで、「平成の諸葛亮孔明」を名乗ってらっしゃる鈴木星翔さんへ茶化すようなことを書いていたのは、すみません...
-

『我傍に立つ』執筆から25年… (ゆずデビュー25年を眺め思ったこと)

昨晩は「CDTVライブ!3時間スペシャル」、家族が観ているのを横目で眺めていました。ゆず フェスだけ、ちょっと真剣に観たかなあ。〔以下敬称略〕もうかなりの年なのだろうに、北川悠仁のテンションの高さには慄きましたね(笑)。一人でライブを盛り上げ、さんざんワーワー騒いだ後に『栄光の架橋』を歌い上げたのは凄いと思います。さすがに声が枯れていたけど。そして岩沢厚治の安定の美声には感動しました。騒ぐ悠仁を横目に...
-

三国志の際どい記事、公開のお知らせ(晩年についての話)

カミングアウト記念(?)で、要パスだった記事を一つだけ公開しました。本を買ってくださった読者様には申し訳ありません。【公開】 諸葛亮は粛清したのか? 今、私が思うことまあまあ暴挙ですね。きっとあの“地獄虫”たち(別館、閲覧注意)はこれを材料に揚げ足をとり誹謗中傷してくると想像されます。あるいは、「前世など信じる奴は頭おかしい!」と批判する声が殺到するのも想像される。むしろ私はこちらのほうが健全な意見...
-

劉備と孔明はリアルタイムで人気だった件(史実)と、カミングアウト

昨夜「別館で引用する」と言った『パリピ孔明10』の冒頭、記事にしました。【史実】劉備たちはリアルタイムで超絶人気だった『パリピ孔明』アニメ第10話からたぶん今回は閲覧注意の箇所はありません。積極的に大勢の方に読んでいただきたい内容です。どうか拡散をお願いします。この話では私の「記憶語り」を裏付ける史料を引用しています。裏付ける、と言っても、あれだけではとうていあの声援を表すに足らないのですが。史家た...
-

悪口メール(孔明+筆者に対する)への応答と、この人生を振り返って最近気付いたこと

ここのところ何件か、ややこしい方の相手をしていたもので記事も書けませんでした。「ややこしい方」とは。一件だけ公開できるのはこちら。諸葛亮に対する悪口と、筆者へ嫌がらせするためのメールです。とても不快な内容ですので、大丈夫な方だけお読みください。長文です。【別館】他者の言うなりが「人道主義」?? 赤**氏の悪口メールに反応してみた魏延のことなど聞いて来ましたよね。当然、ものすごく非人道な意識での嫌がら...
-

「運命の人は待っていても現れない」転職で年収一千万の人曰く

もう一つネットメディアを眺めての雑談ですが。この文章に打たれました。 運命の人は、いくら待っても僕らのところには来ません。でも、自分から探しに行くほうが、ずっと楽しい。僕は心からそう思っています。自分の意志さえあれば、人生は新しく始められるのです。『転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れなかったあの会社に入社する方法』よりまったくその通りだと思います。「望んだ人生」があるなら自分から動いていけば、必...
-

『我傍』実名化にGOサインが出ました

ここのところ再び『我傍に立つ』実名版の話に触れているのは、オーディエンスからGOサインが出たからです。“オーディエンス”と言っても、ここで述べるのは現世で生きている人々のことではありません。私を遠くから支援してくださっているらしい、(おそらく)大勢の死者集団~マスターたちのことです。もちろん今この地上で、このブログを見て支持してくださる読者様の意見も参考にしています。ありがとうございます。しかしきっと...
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

小説ご感想(総合)

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

2015年~カウント

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > タグ「前世」

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】