このタグの記事は見つかりませんでした。

v画像

続きを読む

『プルーフ・オブ・ヘブン』感想 2 自我を失う臨死体験はレアケース

更新が遅くなりました。前回の続きです。『プルーフ・オブ・ヘブン』の基本情報、筆者感想は前記事へ。この記事ではアレグザンダー氏の体験について、書籍から引用しながら私自身の体験と比較したいと思います。アレグザンダー氏の体験「私自身の体験と比較したい」と書きましたが、私は前回死んだときの記憶を持つ者に過ぎません。しかも前回は死後世界(スピリット界。死後に魂が過ごす次元)へ行かずに直接ここへ飛ばされたよう...

v画像

続きを読む

転生モノ大流行の時代 …願いが叶い過ぎたかもしれない

mastodonで先日メモした話の詳細です。11/28日テレ『仰天ニュース』にて、“輪廻転生”特集がありました。テレビ局が流す番組としてはめずらしい話題です。(この番組、偏向や殺人話が多くて私は苦手なのですが時々変わったジャンルがあり、その時だけ眺めています)内容は真面目に生まれ変わりの話でした。第二次世界大戦中に空軍兵士だった頃の前世記憶を持つ男の子など、実際の体験談が再現ドラマで紹介されていて面白かったです...

v画像

続きを読む

私の“わが君”はまだ迎えに来ません。転生には「現在ココ」の生存権がある

ドラマ感想に続きもう一つ、『パリピ孔明』のドラマを観ながら考えていた件。これは政治背景とは関係ない件で(たぶん)、このドラマで私個人的に気になっているシーンと台詞についての話です。死者が迎えに来る!? 本物の死者はやすやすと姿を現さないドラマ後半となった最近、孔明がたびたび“三顧の礼”を夢に見て劉備と会う直前に目が覚めるというシーンが繰り返されています。そして向井孔明に「わが君が迎えに来ている?」「...

v画像

続きを読む

みんな主人公になりたい? モブキャラとは何か(『フェルマーの料理』感想)

久々の雑談です。10/20から始まったドラマ『フェルマーの料理』、第1話から面白くて魅了されています。ドラマ感想数学者になる夢を絶たれて退学を言い渡され、人生を諦めていた高校生の岳。彼は自分を「モブキャラ」と呼んでいた。しかし有名なシェフに料理の才能を見出されて告げられる。「お前はモブキャラじゃない。主人公だ」素晴らしくスピード感があって意表を突く展開。しかも夢がある。マンガって凄いな。前期の『トリリ...

v画像

続きを読む

『トリリオンゲーム』面白いです。現代版だからハッタリ設定も無責任に楽しめた

最近は三国時代を眺め過ぎて疲れているため、せめて現代ドラマなどを観て気を紛らせるようにしています。息抜きでドラマ感想の雑談を書いておきます。『トリリオンゲーム』の爽快感に脱帽今季では『トリリオンゲーム』が一番面白いかな。またしてもどこかフィクションの『三国志』を思わせる設定だったので苦笑しましたが。避けるつもりだったのに『三国志』の影響を発見してしまうとは、難儀な環境だな…と思いました。“ハッタリか...

v画像

続きを読む

「美男美女は魂が劣っている」の嘘。魂は容姿をどのように選ぶか(私の体験談あり)

少し世間話とスピリチュアル雑談です。〔8/17 回りくどく読みづらかった箇所を修正〕反ルッキズムが吹き荒れる昨今。お笑い芸人たちが容姿を武器に笑いを取ることを禁じられ、お愛想で美形を褒めても怒られる。窮屈な時代となりました。私自身は人の“美醜”というものに無関心なほうですが、今の言論統制は気味が悪いなと思います。多くの人たちは美醜に関心があるはずなのに、その気持ちを強制的に押さえつけられている。美醜を口...

v画像

続きを読む

振り返れば「ほのぼの」でまとまる人生でした。人生の結末は心向きが決める

このたびの電子書籍化不具合のおかげで、『僕前』という自分の私小説を何度も読み直すことになってしまいました。修正作業のためじっくり読み直すこと三回。書籍化した後のチェックも含めれば計五回くらい……。本当に疲れてしまいましたが、何度も読み直すことであの当時へ心が戻ったのは良かったと思います。こんな作業の機会でもなければ自分の書いた小説を読み返すことはないので、貴重な体験だったと言えます。(と、前向きに考...

v画像

続きを読む

転生後、同時代でシンクロする相手の存在は何を表しているのか?【ご質問回答】

では地上の世俗脳からチャンネルを切り替えて(前記事で話したこと)、久しぶりにスピリチュアルの話を書きます。7/28にD様からいただいたメールへの回答です。小説ご感想先にメール冒頭、筆者の小説へのご感想から。吉野様の著書、『我傍に立つ』拝読させていただきました。今の時代で言えば、活躍した政治家が引退して落ち着いてから現役時代の回顧録を書いたみたいな印象を受けました。これはブログ記事を読んでいたからそう感...

v画像

続きを読む

「前世記憶はどのあたりが願望なのか」要パス記事公開のお知らせ

先日公開した小説『里の生活2』、解説追加と文章少し改稿しました。たいした改稿ではありませんがご報告。それと実名版の小説公開に合わせて、当ブログも色々とマイナーチェンジしていきます。まずこちらの限定記事を少し改稿して公開しました。【公開】自分の「前世記憶」は、どのあたりが願望なのか? 分類 おそらく前世に興味がある人たちは知りたい情報だったでしょう。頻繁にクリックされているのですが、要パスで読めない...

v画像

続きを読む

ORIGINAL LOVE『プライマル』で時代の空気が蘇り、妙に懐かしかったこと

短い雑談です。tumblrで上げた最近気に入りの音楽集、「夕方〜夜に聴きたいチルい曲プレイリスト」のなかに、ORIGINAL LOVE『プライマル』という曲のカバーが入っています。私はこれを聴くと、思い出したくても思い出せない謎の記憶に触れられたかのような、もどかしい気分になります。まるで前世で見たらしい景色を思い返しているときのようです。実際、感覚としてそっくりです。…またこういうことを書くから精神疾患と言われて...