Tag占星術 1/19

当ブログ記事(ヘッド・テイルの話)が漫画にて紹介されました

読者様へご報告。pixivで漫画を描かれている方が、当ブログの記事を引用してくださいました。引用していただいた記事(当ブログ)『前世、月とドラゴンヘッドへの表れ方』『ドラゴンヘッドとハウスの関係』pixiv漫画作品のページ(作者:ななしのあいき さん)『ぷちいばしょさがし15「前世からの道・星から見える物」』15話の前提となるエピソード『ぷちいばしょさがし13「前世から繋がる道・シンクロ編」』『ぷちいばしょさが...

  •  -
  •  -

台湾人?の水瓶座解釈が褒め過ぎな件。他、改稿のお知らせ

過去記事、少し改稿しています。要パスワードの前記事では次の文章を追記しました。検索対象にしたくないため用語を伏せます。【追記】勘違いする人が多いので書いておく。「恩義を返す」と言っても*国の日本侵略を手引きするという意味ではない。私は現在の*国に恩義は一切無い、むしろ怨みしか無い。残虐な方法でたくさんの民を殺し続けてきた悪魔の国は滅ぶべきだ。******国は必ず滅ぶ。でも問題は崩壊後、世界中の憎しみを集め...

  •  -
  •  -

2020年は世界的「洪水」がキーワードとなる(メモ)

本日午後10時にトランプ大統領が重大発表をするとのことなので、急ぎこのメモを書いている。IS幹部殺害に関する話か、それともイランか中国か。ただ、そろそろ大事が起きてもおかしくない世界情勢であり星回りだと思う。ここのところ数ヶ月間、2020年という大変化年の神秘ジャンル的な予測を書いてみようとした。が、躊躇して今日まで過ごしてしまった。躊躇したのは恐ろしいのと気を遣うのとで。おそらく「洪水」がキーワードにな...

  •  -
  •  -

宿曜占星術おさらい2 この文章はちょっと喧嘩ごしですか?

先日の、宿曜占星術おさらい記事へ返信をいただいたので再回答です。昔の記事の焼き直しに過ぎませんが、世の中に誤解が浸透しているらしいので改めて書いてみました。 ⇒「出生時間が必要な宿曜占星術の占い方」は、あまりお奨めできないと思います批判から入っているので嫌味っぽかったり、喧嘩腰に捉えられてしまう文かもしれません。別に喧嘩するつもりではないのでご容赦を。私の場合、間違ったことを糺そうと思うと「きちん...

  •  -
  •  -

宿曜占星術のおさらい。古代から個人を占う占星術が存在したことの証

ここのところ人が血を流す場面ばかり眺め、悲しみと怒り・焦燥で神経が逆立っていました。現場の人たちの恐怖は我々傍観者の比ではないので、こんなことを想うのは申し訳ないですが。疲れました……。そんな折、占星術に関するメールが届きありがたく思いました。一度神経をオフにして熟考するため、久しぶりに趣味のジャンルの話をします。ご質問と回答は別館にて宿曜占星術に関するご質問と回答。長いこと放置してしまったブログを...

  •  -
  •  -

要パスだった記事、一つ公開しました。ドラゴンヘッド・テイルは性格ではないということ

お知らせ。最近、前世の話についてほとんど隠していないも同然となってきたため、以下の記事を公開します。「仮」と書いていますし大丈夫かなと。 ⇒前世(仮)、ドラゴンテイルへ歩いた見本人生 どうやら需要のある記事らしく頻繁にクリックされます。この記事だけを目的に書籍を購入された方、もしいらっしゃったら申し訳ありません。上記事で書いている「二つ前は傭兵として生きた」「長いこと孤児だった」という話については、...

  •  -
  •  -

【占星術で見る善悪】悪事をする者は未熟とは限らない。ゼロ地点と双極の話

占星術に関する回答です。少し前にメールでいただいたテーマですが、ダークな話なので躊躇して書くのが遅くなりました。すみません。ある殺人犯のネイタルホロスコープテーマ引用。青地箇所は筆者による加筆。ちなみに「先生」は筆者のことで、一般的な敬称としての「さん」の意味:不意にネットで見てしまったそちらのニュースのせいで、先週久しぶりに精神的にズドーーンと落ちました。あまり詳しくは書きたくありませんが、北九...

  •  -
  •  -

オーディエンスによる今この状況についてと、3のシンボル再び

今もまだ、ここへ三国志の話題に興味をお持ちの方はいらしてる?そんなあなた限定の更新通知です。8/29更新、タイトルは「ヒストリア『徹底解明!三国志英雄たちの秘密』レビュー NHKの非道な行い【拡散希望】」。※危険なため「蜀同盟」TOPから行かれてください。中国大陸から閲覧している方はクリックしないように。「三国志の記事はここで更新通知しない」と言ったのに、また前言を翻してごめんなさい。ここのところ重要な話が...

  •  -
  •  -

気付けば、「鳥」が自分のシンボルになっている

最近すっかり占星術とスピジャンルの読者様が離れていった気がします。世俗的な戦いに関わると険悪となってしまうから、愛想をつかされて当然だろうなと思います。かつての読者様にはかなり軽蔑されてしまっただろうな。さて。世俗的な話を「蜀同盟」のほうで書くことにしたので、こちらでは数年前のように世間で「痛い」と言われるスピリチュアル的な話を書いていこうと思っています。昔のように、気楽で怪しげで、世俗から浮いた...

  •  -
  •  -

どの星座が個性を表すか、おさらい。筆者が「獅子座ってことにピンと来なかった」とのご意見

そう言えば8月に突入です。筆者の誕生月です!(あ、「誕生日おめでとう」と言われることを狙った発言ではありません。気を遣わないでください)険悪な世俗話に疲れてしまったので、いい機会だから太陽星座のおさらいをしましょう。獅子座にピンと来ていなかった、とのご意見いただいたメールより、興味深かったご意見を引用します。(S様、いつもありがとうございます。温かいお言葉を今、味わっているところです。お忙しそうな...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり