我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

「12星座別セクシー度マップ」当たっていて面白かったです

肩の力を抜いた雑談を書きましょう。占星術の記事を書かないことの罪滅ぼしではないのですが、こちら面白かったので拡散です。(ほぼリブログみたいなものです。純粋な紹介でアフィリエイトではありません)これ。この「12星座のセクシー度」マップ。けっこう凄いと思いませんか?男性の色気に思わずキュンとしてしまう瞬間ってありますよね。女性を夢見心地にさせる魅力は12星座別でも特徴があるんです。今回は、縦軸「セクシー...
-

2021年レッドスーパームーンは射手座5度「木の高いところにいる老いたフクロウ」

ここのところ星を見ることを忘れていました。2020年末のグレコン、グレート・リセットで力尽きた感があります。と言うより、実際の世界が大変なことになってきたので星を眺める余裕がなくなってしまったのですが。本来、実世界が大変になればなるほど星を観察せねばならないもの。古代の“星読み”もそういうイメージでしょうか? 先日、いろいろ区別もつかない歴史捏造家でさえ「星占い」の話に触れていることを知って失笑しました...
-

提言として書いてみた別館記事と、レオのチャート記事移動

歴史・政治館を更新しましたのでお知らせしておきます。タイトルをここに書いてしまうと危険なためURLのみでご容赦を。これからの時代を生きていかれる東洋人の皆様へ、ささやかながら「提言」を行っています。どうか受け取っていただきたいと願います。https://shoku1800.tokyo/2021/04/post-2869/※ショッキングな話を含みます。精神に問題を抱えている方はクリックしないようご注意くださいまたまた大げさな……と呆れられるでしょ...
-

孔明のホロスコープ解読、別館移動で改めて書きました〔ノード追記〕

このブログに掲載していた「諸葛亮の出生ホロスコープ推測」記事、別館へ移動しました。(前の記事、跡地はショートカット回答用に残します)文章は最初から書き直し、今の考えで鑑定し直しています。とは言え今まで書いてきた話の〔総まとめ〕ですから、ここへ来られている方には新しい話などないと思います。若干ASC-DSCへの見方が変わっている程度かな。こいつの話は飽きた! という方はスルーしてください。タイトルの訳文が...
-

マルクスのホロスコープを読んでみました。最大級ネガティブケース

お休みすると言いつつ書いてしまうのはいつものパターンですが。これだけは早めに書いておきたかった。カール・マルクスという著名な思想家の出生ホロスコープを読んでみました。最近の話の流れで必要だったからです。ご興味ある方は占星術館へどうぞ。彼はASC水瓶座であるようですが、1室が抑え込まれていてパーソナリティが発揮できていないことと、2室の強さのせいで財産や所有に関心が高いというところがポイントです。同情...
-

水瓶座の欠点… マイペース、理詰めで性急?〔追記あり〕

なんだか去年から似たような話ばかりで申し訳ないですが。以前「水瓶座時代の悪い側面・ネガティブな未来予測も書く」とお約束したと思いますので、今回はネガティブ解釈に焦点を当てて書きました。占星術館にて。あくまでも人類という種がまだ続いていくという希望的観測のもとでの一般解釈。末期はなんとなく寂しい予測です。水瓶座など風エレメントが強いときは自由な雰囲気となり、学問や文化が栄えるはず。精神はとても豊かに...
-

占星術で相性を読む基礎と、LGBTQ+のこと

本日は更新のお知らせです。ようやく!占星術記事を書きました。占星術の学習に関する話ですので、別館で書いています。(広告が煩わしいと思われる方は閉じるボタンを押してください)西洋占星術での相性診断について、基礎的なお話。もう一つ、上の記事の補足としてLGBTQ+に関する筆者の考えを書いています。また若干の世俗風味があるかもしれませんが、今のご時世だと触れざるを得ない話ですね。〔以下、個人情報については安全...
-

民主主義への想いと、土星“Saturn”悪魔“Satan”の件を修正したこと【返信】

先日の別館記事、『“水瓶座の時代”に共産社会主義が実現する!? 真相を星座の解釈から読んでみた【2020年末の占星術復習3】』へ大変丁寧なご感想をいただきました。A様、ありがとうございます。他の皆様にとっても大切なお話ですので、個人情報の箇所は伏せて引用させていただきます。吉野様いつもブログ、Twitter等興味深く拝見しております。この度は、【2020年末の占星術復習3】の感想をお送りするため、ご連絡差し上げました...
-

自分の運勢に興味無かったが、去年冬至の二重チャートで気付いたこと

前記事でご報告した通り、水瓶座時代の解釈を歪めて「我々の時代が来た!」という嘘をばらまいている勢力について注意喚起の記事を書いています。ぜひ拡散にご協力ください。更新記事、もう一度リンクしておきます。ここでは伏字。K's Fortune Labo 宿曜占星術×西洋占星術: “水瓶座の時代”に××主義が実現する!? 真相を星座の解釈から読んでみた【2020年末の占星術復習3】地と水の人にとっての「風時代」は少々生きづらいのでし...
-

お約束の記事、更新。社会主義へ誘導する占星術家を斬る(とお知らせ)

まずはお約束の記事更新お知らせから。前記事で「必ず書きます」と述べた件、書きました。 “水瓶座の時代”に共産社会主義が実現する!? 星座の解釈から考えてみた【2020年末の占星術復習3】 小難しい話ですが、極力簡単に書いてみたので読んでみてください。でも山羊座の方にはごめんなさい、という内容となってしまいました。もう少しフォローが必要かもしれない。繰り返しますが、星座そのもので善悪は判断できません。どんな...
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > タグ「占星術」

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】