Tag占星術 1/16

八陣図の元型? 「ホロスコープは陣形から生まれた」説を考えてみる

歴史からSFスピリチュアル、果ては現代法律まで、我ながら色々書き過ぎているなと思います。多ジャンルが渋滞しているブログで、まことに申し訳ないです。占星術界隈の方々は最近かなり減った気がするな。言い訳しておくと、前も書いた通り「壬」気質なので興味が色々と分散してしまうのです。(あるいは、水瓶座気質と言ってもほぼ同じですが)SEO的にはたぶん最も不利な性格なのだろうと思います。笑やっと通常運営へ戻り、久し...

  •  -
  •  -

人格一致で気付いた。ネイタルには、他者の評価が篭められている

  •  -
  •  -

筆者ネイタルホロスコープ、前世が反映された箇所まとめ(公開版)

ゆるやかに占星術ジャンルへ頭を戻すためのリハビリです。以前、占星術サイトで解説ページに置いていた「筆者ネイタル 公開版」。新解釈とともに、改めてプライベートブログにて書き直しておきます。今回は他記事へのリンク多めとなっております。目次のような記事になってしまいましたが、各記事のほうが詳しいのでクリックして読んでみてください。「筆者ホロスコープ全図」以外は公開記事です。しかし今の状況でこれを公開する...

  •  -
  •  -

読者様より補足情報。冥王星を「再生」とした例

先日も少し触れた、「トランジット冥王星がネイタル太陽ヒットで死亡した例」について読者様より補足情報をいただきました。詳細で具体的な情報のご提供ありがとうございます。とても重要かつ役立つ例と思いましたので、個人情報を除いて引用させていただきます。今回メールを差し上げたのは、「トランジット冥王星」の件で、補足的な情報を提供したいと思ったためです。著名人のホロスコープの感受点(太陽、ascなど)とトランジッ...

  •  -
  •  -

トランジット冥王星がASC上を通過するときは、何に注意すべきか?

いただいたメールにアイディアをいただきまして、ようやく占星術の話です。「ネイタルASC上をトランジット冥王星が通過し、心境の変化が起きた」というお話について。トランジット冥王星がもたらすもの以前、「ネイタル太陽上をトランジット冥王星が通過する時は体調に注意」と書きました。根拠としては、ご存知の通り冥王星が「死と再生」を象徴する星であるからです。この現在最大のマレフィック(凶)とされる星が、たとえば太...

  •  -
  •  -

(返信)自己主張と多様性の共存世界を目指したいものです

先日の『アメリカの混乱極まる。獅子座VS水瓶座がいよいよ本格化 』に関しましてメッセージをいただきました。多くの方々にも伝えたい貴重なメッセージだと思いますので公開返信させていただきます。I様より:先日は私の質問にご返答して頂きありがとうございました。上昇星に関する吉野さんの貴重な意見を伺うことができ、ありがとうございました。いえこちらこそ、まだ書いたことのない話を書く機会を与えてくださってありがとう...

  •  -
  •  -

折り畳みホロスコープと、五行イメージ。陣形について、等々(返信)

メールでいただいたお話です。こちらのインスピレーションは見事に核心を突いていて、感動してしまい、さてどう返そうかと考えあぐねているうちに遅くなってしまいました。書籍の情報を集めて考察の上、お話ししようと考えていたのですが時間が取れず。それで、とにかく埋もれさせておくには勿体ないお話と思いましたので、恐縮ですがそのまま引用させていだだきます。2018/10/16 16:56 B様メールより今、すごいことを発見してし...

  •  -
  •  -

双子座と水瓶座の違いとは? (亮の星座、よかミカンの誤り)

先日から返信が滞っていますが、いただいたメールには目を通しています。ありがとうございます。深いお話に瞠目するばかりです。軽い気持ちでは返せないと感じるため、休暇が取れるまで置いております。少々お待ちを。先に緊急で、読者様よりご報告いただいた件から。いつも似たような話ばかりで申し訳ないですが、歴史の話。でも占星術の話を含みます。(月とアセンダントの見え方の違い)もしお暇だったらどうぞ。長いので畳みま...

  •  -
  •  -

「独裁者とは自らが頂点にいるために信奉者の奴隷になっているひと」に打たれる

ここのところ検索数が下がった件で色々と模索しており、じっくりメールを読むこともなく過ごしてしまいました。遅ればせながら返信です。――と、言うよりは深い洞察に打たれて感動し、引用させていただくものです。B様のメールより、独裁者について独裁者に関する記事も興味深く読ませていただきました。独裁者とは自らが頂点にいるために信奉者の奴隷になっているひとだと思います。信奉者たちの耳目を常に集め続けなければ地位は...

  •  -
  •  -

結局、神秘主義的な解釈を残したこと

もう一つ、お知らせ。新しい占星術サイトで、「12星座の解釈を書き換える」と言っていましたが、読み直したところ必要と感じたので元の解釈も残しました。ただしエレメントの解釈から先に読んでいただくよう、誘導しています。それから、トロピカルの概念として、解釈に投影されている季節も書き込みました。※季節の名は解釈に投影された一般的な感覚で示しています。東洋的な24節とはズレていますので間違わないように 例)...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com