Tag占星術 1/18

「蝶」「ラブバード」など、すたくろさん解釈比較2

先日「伝書鳩」で感銘を受けたので、せっかくだから自分の出生図の他惑星についても少し引用させていただきます。公開版ホロスコープの補足としましょう。私という現実サンプルを参考に松村解釈・直居解釈との比較を行ってみると面白いと思います。右の羽が完全な蝶まずは月から。月は前世を表すとされており、実際に自分でも前世晩年がよく表れていると感じられる。サビアンシンボルは「右の羽がより完全に形成されている蝶」。す...

  •  -
  •  -

「伝書鳩」は自分自身に生まれ変わるシンボル (すたくろさん解釈に唸った)

久しぶりにサビアンシンボルの解釈サイト「すたくろ」さんへ伺い、伝書鳩のシンボルを読んで唸っていた。 ⇒Code.no 142 獅子座22度  伝書鳩 ※「サビアンシンボルで、お奨めのサイト」とはこちら↑です。以前に紹介した記事は整理のときに削除してしまったため行方不明になっていました。リンク切れでご迷惑おかけしました「獅子座22度 伝書鳩」は、筆者の太陽シンボル。と書くと、ほぼ誕生日ばれてしまうけど。(お願い: ...

  •  -
  •  -

木星と海王星の稀なスクエアで、今世界に起きていること

世相を眺めつつ、少し占星術のジャンルに戻ります。約167年に一度のスクエアマンデーン占星術の界隈で今話題なのは、2019年という年が「射手座・木星と魚座・海王星のスクエア」に翻弄されるだろうこと。しかも両者ともが支配する星座に入ったうえでのスクエアであるため象意が強まる。約166~167年ごとのめずらしいポジションだから何かの意味を持つはず、と欧米の占星術師たちは考え注目しているらしい。インド占星術な...

  •  -
  •  -

対等なメールがありがたいこと、ルディアの詩文や歴史捏造について(返信)

B様、いつもメールありがとうございます。先日は返信をありがとうございました。いつも、そのうち怒られるよ〜とおもいながらメールを送っているのですが、なんらかのお役にたっているのでしたらさいわいです。「泣き虫」などのお話ですか? 怒りません、怒りません。笑温かく人間的な視点でのお話は、ありがたいだけですよ。B様のメールで、薄っすらとでも怒りを覚えたことは今のところ一度もありませんのでご安心ください。それ...

  •  -
  •  -

たまには気楽な三国志の雑談でも。「孔明の罠」意味と用法など(返信)

B様へ。ここのところ歴史捏造と戦うための記事に集中していて、返信遅くなりました。まずは構ってくださることに感謝です。気楽に何の話でも触れていただけると、こちらも気張らず話すことができてありがたいです。何より気軽な三国志話に感謝。三国時代の話は、私の特殊な立場だと(笑)とても話しづらいので実はすごく神経を遣ってしまいます。読者の皆さんも「頭のおかしい危険人物」と警戒し、遠巻きに眺めていることが分かるし...

  •  -
  •  -

風水から五行が消えた……! 日本に浸透する歴史改造の恐怖

昨日、占いの話だったので『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます』(TBS)に目が留まり眺めていた。島田秀平氏が「テレビ初! 手相の流年法を紹介します!」などと鼻息荒く語る様子は面白かったが、内容はさほどインパクトのある話ではなく。まあそんなこともあるかもしれないね程度で流して見ていた。気になったのは風水の話。風水師が、「風水」を知らない?番組では風水師を名乗る先生方が三人くらいで対談してい...

  •  -
  •  -

東洋の軍事でも、現実的なら大丈夫だったという発見

マニアック過ぎてあまり読まれないと見込まれる(笑)前記事、『諸葛亮の軍事能力ってどうなの? 知恵袋民たちの意見ログ』。※5/20追記あります上で引用したkan********さんの回答などを読み、生まれて初めて東洋軍事の話題で少し面白く感じた自分に驚いている。(「軍事が面白かった」と言うと戦争好き・残酷な人と誤解されるかもしれないが、そういうことではなくて純粋に理論についての話)意外?実は私は、一般の歴史マニアが喜...

  •  -
  •  -

リーダー文の必須要素は「開放性」か? テキスト診断と、ビッグファイブ性格診断の違い

ネガティブに疲れたから少しだけ気分を変えて。このブログで需要がありそうな、性格診断の話など書いてみます。(この記事は多くの人向けに敬体で書きます)...

  •  -
  •  -

2019年春分図、上げておきます。解説は個人的な話のみ

参考までに2019年の春分図を上げておきます。図のみで、マンデーンの解説は控えます。マンデーンはプロの方の意見を参考にしてください。(C)Stargazer他でうまくアスペクトが表示されなかったのでStagazerの図をお借りしました。営利利用ではないためご容赦ください。アスペクトは私の方針によってオーブ緩めで、ここではソフトの出生用にセットしています。マンデーン解説はしませんがポイントだけ。山羊座が目立つチャートです...

  •  -
  •  -

2019年の春分図と「令和」のイメージについて(返信)

B様へ返信です。先に占星術の話に触れてくださったことへ、感謝。最近は占星術の記事を全く書かず、占星術館から来られる方に申し訳なかったです。私自身、ここのところ自分個人の変化に忙しかったためです。2019年の春分図すら見ていなかったことを反省します。新しい元号が発表されましたね。「令和」ときいたとき、そのときの星まわりが浮かんでどきりといたしました。「令」ということばは土星をイメージさせ、その土星がサビ...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり