我傍的、ここだけの話

「純粋」とはバカのことなのか?問題、再考 (『琅琊榜』12話までを観て)

-
あれから『琅琊榜』は12話まで観ました。正直言って8話あたりまであまり展開が無いのでやめようかなと思ったのですが(笑)、ブログで紹介した手前、やめづらくて見続けていました。(『三国志TK』はごめんなさい、3話でギブ。内容はともかく時間が無くて降参)琅琊榜12話までの感想『琅琊榜』は11話・12話から急に面白くなってきます。次第に主人公の「義」に篤い性格が明らかとなってくるのが良い。また、過去に触れる話...

誤字はどうして無くならないのか? 特定用語をスルーしてしまう脳の機能(AIとの比較)

-
いつもブログ更新するのは夜中が多く、「半分寝ながら書いている」などと言っていますが、5/14記事執筆時は疲れていたのか八割寝ていました。しまいにパソコンに頭をぶつけそうになったので観念し、下書き保存して就寝。朝起きてから下書きを開いたらまるで宇宙語のように意味不明な文となっていて驚きました。……いや、それを言ったら私の話はいつも宇宙語かもしれませんが(笑)。いつも以上に文章そのものが日本語として意味を成さ...

お奨めドラマ『琅琊榜』第6話まで視聴。そろそろ「策士」礼賛、やめません?

-
今、公園やパチンコ店のほかにレンタルDVD(BD)店へ客が殺到していることが問題となっているそうです。自粛で家に篭もるため映画を大量レンタルする人が多いのだとか。レンタル品はウイルスが付いている確率が高いのだが、あまりの混雑ぶりに店員の消毒作業が追い付かずにそのまま貸し出すしかないそう。たぶんレンタル用の袋も危険。感染拡大必至です。あの、皆さん。今はネットで映画・ドラマを観る時代ですよ?いまどきのテレ...

「勉強で人格は磨けない」対「教養が人格を高める」 矛盾について再考

-
私の記事を読んでいると矛盾に感じる話が多いと思いますが、特にこれは多くの人が「矛盾じゃないか!」と怒る話ではないでしょうか。1.先日の記事 『「教養と心の優しさは連動する」 インテリは全員が悪人なのかどうか』2.少し前に書いた記事『勉強が好きか、嫌いかで人間の価値は決まらない(勉強嫌いだった劉備について)』何故ここまで正反対に見えることを言ってしまうのかというと、「1」は主に他人の表現を借りて同意...

「教養と心の優しさは連動する」 インテリは全員が悪人なのかどうか

-
自賛エピソードこのあいだ「人の目を見れば人格が分かる」と豪語する上司と日常会話をしていたとき、不意に彼が笑い出して言いました。「お前……!目の奥がホント綺麗で笑えるな。キラッキラしちゃって。悪いこと全然考えてない、って目。幼稚園の子みたい。いや今どき、子供でもそんな綺麗な目をしてない」どうも馬鹿にして笑っていたらしいのですが、馬鹿にされているからこそ本心なのだなと感じ嬉しくはありました。自分で自分を...

古典で精神のルーツを辿る。共鳴した思想は来世へ持ち越されるらしい

-
歴史館でもお知らせした通り、最近あちこちで間違った使われ方をしている「易姓革命」という言葉について初心者向けの記事を書きました。『孟子』という古代中国の思想家に触れています。 ⇒易姓革命とは何か? 早過ぎた民主リコール制度 ※政治的な話を含む。大陸から閲覧している人はクリック厳禁です自分の小説に書いたことを思想書に発見した体験上記事を読まれた方は、拙著『我傍に立つ』と共通の思想が含まれていることにお...

「合理的かつ独創的」な子、周りは大変? ギフテッドの子育てに学ぶ

-
以前に「はてなブログ」で書いた『ギフテッド』の話。(今は他のブログ)はてな民が興味を持ちそうな話だと思って向こうに書いたもの。しかしプライベートな話だから本来こちらに書くべきだったな。追加で「ギフテッド」について言及したいのだけど、さてこのテーマはどこに書くべきか? 色々とブログを作り過ぎて何処で書くべきか悩んでしまう……。(完全に自分が悪い、笑)とりあえず要パス記事にも関連する話なのでここで書くこ...

小学生革命家ゆたぽんくんの「勉強しなくていい」主張は、典型的なお子様の勘違い

-
前記事『勉強できるタイプには二種いるらしい』にて、「テキストはあまり読み込まない。一度読み」「家で教科書を開いたことがあまりないタイプだった」という自分の学生時代の勉強スタイルを披歴。さらに「要は情報を仕入れて判断するという、検索力と理解力が重要で、予め自分で全ての知識を持っている必要などない」と書いた。そのうえで、「若い子たち、どうか筆者の勉強法を真似しないでね。たぶん私は勉強に関しては、ある種...

勉強できるタイプには二種いるらしい。バトルが目的で長時間勉強するか、マイペースか

-
録画で見た7/22放送『しくじり先生』、山口真由さんの回について、恋愛以外で思うことを書いておきます。山口さんの著書は前にも紹介して、その時は勉強法を認めて褒めたのだが今回印象が変わった。※という前半の話は『蜀同盟』で上げました ⇒「恋愛偏差値が低い女」は、実は人間偏差値が低いあの人たちと自分は、違う人種だと気付いた今回、彼女の話を聞いていて分かったことがある。 やはりテキストを七回も読み込む人は自分と...

勉強が好きか、嫌いかで人間の価値は決まらない(勉強嫌いだった劉備について)

-
〔2020/1/3推敲〕プライベート要素が強いため別館へ移動できなかった三国志雑談です。「勉強嫌いだった」というネガティブ情報は不利なのか昨夜、『先主伝(劉備伝)』の2を上げたのだけどさっそく不安を覚えている。何故なら「あまり読書を好まず、狩りや乗馬、音楽を好んだ。また、流行の美しいファッションに身を包んでいた」という記述があるので。つまり勉強嫌いの都会的な遊び人タイプだったということ。フィクション劉備フ...

管理用 anriy3@gmail.com