大陸について思うことを呟いてみた【関連記事追加】

-
いつも別館更新のお知らせばかりで申し訳ないです。しかも、まとまりのない呟きメモばかりで。ツイッターで思いがけず本音を呟くことができたので、歴史館へ転載しておきました。※ツイートを埋め込みましたが、あれは政治垢で危険なためなるべくフォローされませんように ⇒中華圏は天下統一だけが正しいのか、それとも分国すべきか? 私が思うこと(本音) ここプライベートブログでは時々触れてきた話ですね。たとえば要パスワ...

三国志好きの方(なおかつ変わったネタを探している方)へお奨め記事

-
最近、このブログにも三国志好きの方が来られるようになったようです。おそらく興味本位で閲覧されているのでしょうがそれでも構いません。知識ある方に興味を持っていただけるだけでありがたく思います。もし筆者の「妄想」にも興味を持っていただけるなら、以下の記事がお奨めです。これらの記事は今まで三国志カテゴリではなく、筆者小説の裏話として『我傍的な話』カテゴリに入れていたので分かりづらかったはず。あくまでも個...

神は死にません。「神」とは何か、このブログにおける用語定義

-
いよいよ大晦日。令和元年もあっという間に過ぎて行きます。この日に相応しいかどうか微妙なのですが、本年の総まとめとして「神様」についてお話ししておきます。と言っても宗教へのお誘いなどではありませんのでご安心ください。あくまでも当ブログ内で使う用語定義の解説です。いい加減な筆者の性格を反映して全体に適当なこのブログ。最もセンシティブと言える「神」「神様」という用語の定義が曖昧なまま書いてきました。その...

『歴史と人』 有名な名を利用される不幸と、利用する人々の罪について

-
前回、当ブログを引用して漫画を描いてくださった方が、再び漫画を描いてくださいました。当ブログと別館に“触発された”とのことです。最近キナ臭くなっている私のブログからリンクして良いのかどうか迷いましたが、多くの方に読んでいただきたいのでご紹介致します。鋭い視点で本質を正確に表現してくださった漫画だと思います。作者:ななしのあいき さん #ぷちいばしょさがし『歴史と人・改変されるもの』『歴史と人・神格化の...

レオナルド・ダ・ヴィンチはアカデメイアの卒業メンバー?

-
(自分用メモ代わり、常体です)今は没後500年とのことでレオナルド・ダ・ヴィンチブームが起きているらしい。先日台湾の方々が「諸葛亮はダ・ヴィンチのごとし!」と言っていたので気になった……わけではないが、NHKの『ダビンチは何者だったのか?』という番組を観た。特に第2集「 “万能の天才”の謎〜最新AIが明かす実像〜」が興味深かった。レオナルド、「知の爆発」に学術サロンの影この番組ではAIがテキスト分析を行った。...

民族の特性は、DNAに宿るのか文化に宿るのか?

-
最近の私は悪化の一途を辿るHK情勢を見つめています。ツイッターなどでは投稿できない、ここでしか語ることのできない話をメモしておきます。(以下常体)HK人はまるで古代中華人のようだ...

懐かしの「血天井」、怖いものではなく素晴らしい絆の証だった

-
昨夜、『何だコレ!? ミステリー』という番組で、歴史マニア・あばれる君のリポートにより伏見城「血天井」が紹介されていた。忘れもしない、私が修学旅行で見たあの「血天井」だ。あの日から自分の運命が変わった。通常の意味を越えた懐かしさを抱く。番組は宝泉院(大原三千院の参道奥にある寺院)だったのだろうか? 途中から見たので分からないのだけど、 同じ伏見城のものであることは確か。鳥居元忠氏の人生が紹介されてい...

管理用 anriy3@gmail.com